#08 私が“レイラ・ドリス・マクレーン” になる![3]

エピソード文字数 2,051文字

“南軍勝利! ダイヤモンド鉱山は南部のもの!”


……装備、人員の多さでは北部と東部が優勢に立っていたが、戦争が長期化にするにつれて、兵士の未熟さ、兵士不足に悩まされていた。一方、南部は練度の高い兵士と、西部の装備投資により兵士の士気(しき)が上がり、北部の首都を陥落(かんらく)へと導く。よって、北部の将軍が降伏(こうふく)したことで5年に及ぶ南北戦争は終結を迎えた。
『……財産没収だと!? ダイヤモンド鉱山だけでは足りぬというのか! 我々から、どれだけ奪い取れば南部の連中も気が済むというのだっ!』
『お兄さま、少しは落ち着いて。全財産、持っていかれるわけじゃないんだから……』
『9割だぞ、9割っ! 戦費(せんぴ)で膨れあがった南部の借金を、北部と東部の人間から巻き上げた金で帳消しにするだと! そのうち、“財産調査令”が施行(しこう)され、保有する預金残高を提出しなければ全財産没収するとのことだ』
『財を築き上げてきたミュルヴィル家もこれまでね。所有する土地はすべて引き渡すことになりそうだけど、私はこの屋敷さえ残ってくれればいいわ。家族がともに過ごせる家があればね』
『マリー……』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『……まったく。いつまで、そうやって待ってるつもりなんだ』
『彼が迎えに来てくれるまで。ルーファスは生きてるわ!』
『そう言って、もう3ヶ月が経つじゃないか! いい加減、諦めろ。おまえの恋人はもう…………っ!』
『あなたも同じこと言うのね。今朝、お父さまにも言われたばかりよ。フェリクス、お願いだから、私のことはもうほっといて』
『レイラ……!』
あなたのことは嫌いじゃないわ。でも……、ルーファスは生きて帰ってくるって、私を迎えに行くって、そう約束したのよっ!』
『…………』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『北部へ行くですって!?』
『ダメだ、まだ北部(あそこ)は混乱状態だ。女子供(おんなこども)ひとりで歩けるようなところじゃないんだぞ』
『わかってるわ! でも、北部へ行けば、ルーファスに繋がる何かが見つかるかもしれない!』
『レイラ、おまえは何もわかっていない。北部(あそこ)はもう、おまえの知っているところじゃないんだぞ。それに……、ルーファスは戦死したって。覚えているだろう、ウォーズリーとサラがここへ来た日のことを』


『はははっ、ブランシャール。どうやら、私は神に見放されたようだ! 屋敷も牧場も失った上に、息子二人と妻まで戦争で奪われてしまった! 私が一体なにをしたというのだ。この先、なにを生きがいに生きて行けっていうんだ!』
『ええ、でも私は…………!』


『僕を信じてまっててくれ。必ず、生きて君のもとへ帰ってくるから』
『ルーファスを信じてる』
『旦那様、お取込み中のところ、すみません。マリー様にフェリクス様がお見えになっていたのですが、御三方(おさんかた)の話が外まで()れていまして、フェリクス様がどうしてもと言うもので……』
『いいわ、お通しして』
『じゃ~ん、ベルンハルトさん特製の白ワインです。ぜひ、マリーおばさんに試飲をお願いしたいとのことです』
『まあ、よろこんで! それでどう、ベルンハルトさんと共同経営になってから』
『はじめは、南部のいけ()かないジジィだと思ってたんだけど、ワイン職人に悪い奴はいないな。不思議なんだ、同じ品種のぶどうを使っているのに、ベルンハルトさんが作ったものは少し渋みのあるワインに仕上がるんだ。作り手によって、仕込み方や熟成方法が違うから、同じ品種のぶどうを使っていても違う味のワインができるんだって教えてくれてさ』
『そう、うまくいってるようでよかったわ。それで、用はそれだけじゃないんでしょ』
『ええ、まあ……。レイラ!』
『?』
『俺がいっしょに行ってやるよ、北部に』
『え?』
『な、なにを言ってるの、あなた!? 心の傷がまだ()えてないのに、そんなところに行ったら…………!』
『マリー、フェリクスに(たく)そう。フェリクス、本当に娘を任せていいんだね?』
『はい、大丈夫です。最近じゃ、二日(ふつか)にいっぺん、三日(みっか)にいっぺんと、飲む回数が減ってきましたから』
『フェリクス……』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『野宿は覚悟しとけよ』
『え……、も、もちろんよ!
金目(かねめ)のもんは持っていくなよ』
『もち……、どうしてなの?』
『だいぶ荒れてるらしい。おまえがこれから行こうとしているところは、金目(かねめ)のもんを身に着けていると襲うような奴らが()()()()()()といる危険地帯なんだよ』
『え……』
『大丈夫だ、俺がそばにいるから。なっ?』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

エスター・ジェナ・マクレーン(Esther Jenna MacLaine)


レイラの孫。レイラのふりをして、昔の恋人“ルーファス”と文通をしている。

ライナス・グレッグ・スタンフォード(Linus Greg Stanford)


ルーファスの甥。

シェリー・ヴィオラ・ホワイトリー(Cherie Viola Whiteley)


エスターのルームメイトで、再従姉妹。レベッカの孫。

レイラ・ドリス・マクレーン(Laila Doris MacLaine)


自分のふりをして手紙を書いてほしいと、エスターにお願いをする。

ルーファス・クライヴ・ウォーズリー(Rufus Clive Worsley)


エスターの文通相手。実は彼にも秘密が。

アビー(Abbie)


モデル

本名はアビゲイル・ジェマ・ルイーズ(Abigail Gemma Ruiz)

アレックス(Alex)


古城の管理人

コンラッド(Conrad)


カメラマン

ハンナ(Hanna)


マネージャー

若かりし頃のレイラ

若かりし頃のルーファス

フェリクス・ミシェル・マクレーン(Félix Michel MacLaine)


エスターの祖父

レベッカ(Rébecca)


フェリクスの妹

ブランシャール家当主(Blanchard)


レイラの父

ウォーズリー家当主(Worsley)


ルーファスの父

マリー・ミュルヴィル(Marie Murville)


レイラの叔母

サラ(Sara)


レイラの家のお手伝いさん。もともとは、ウォーズリー家に仕えていた。

子供のころのアレックス

レスター(Lester)


ライナスの弟

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色