雨男 ~嘆きの谷と、祝福の~

[現代ドラマ・社会派]

44

32,144

0件のファンレター

23年間、雨のなかで生きてきた彼。毎年真夏に謎の病にかかる彼女。2人は出会い、なぜか一緒に〝放浪生活〟をし始めて――。〝日々これハランバンジョー〟な虹子(にじこ)は横浜生まれの横浜育ち。都内へ通勤している現在も山手に部屋を借りて住んでいる。毎年7~8月は地獄のミイラ月間だ。謎の病気(?)で顔がすっかり変わってしまう。はじめてそうなったときはうろたえた。けれどもう〝受容〟して「2か月経てば元に戻るし、人は見かけじゃないのだし、これはこれで気楽だし!」と強がって生きている。しかし孤独はぬぐえない。真夏の都心・青山通りでその男、驟(しゅう)と出会い、虹子の心は揺れる。驟は究極の雨男。デイパックひとつで放浪し「23年間、雨のなかで生きてきた」と、いともあっさり言うけれど、どうしてそんなに軽やかに、すべてを許すことができるのだろう? 6歳も年下の驟と暮らし始めた虹子は癒されるも、顔が治って〝絶世の美女〟に戻ると衝突。驟はくたびれた聖書を置いて部屋を出て行った――。ひとりになった虹子は? 聖書引用は『第Ⅳ章 凍雨-3 嘆きの谷と、祝福の』にて、詩編84:6-7。

現代の日本のキリスト教文学+いまどきのキリスト者=いまどきのキリスト教文学=いまキリ=IMAKIRI
※参考文献:『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)
※真帆沁のnoteでも公開しています。https://note.mu/shinmaho2009

目次

完結 全21話

2019年06月04日 13:24 更新

  1. 第Ⅰ章 驟雨(しゅうう)

  2. 驟雨-1 日々これハランバンジョー2018年04月11日
  3. 驟雨-2 人は見かけじゃないのだし2018年01月09日
  4. 驟雨-3 にわか雨と湯葉の笑顔2018年01月09日
  5. 驟雨-4 信じた先は彼じゃなく2019年05月23日
  6. 第Ⅱ章 膏雨(こうう)

  7. 膏雨-1 なんで風呂から下着つけて2019年05月24日
  8. 膏雨-2 俺、プロなんだ2019年05月25日
  9. 膏雨-3 触れていても、途方もなく遠い2019年05月26日
  10. 膏雨-4 君は愛に飢えている2019年05月27日
  11. 第Ⅲ章 淫雨(いんう)

  12. 淫雨-1 曖昧な闇は、抱き合うのに都合がいい2018年01月11日
  13. 淫雨-2 溺れていたい、人肌の眠りに2019年05月29日
  14. 淫雨-3 本音と噓とほんとうのこと2018年01月15日
  15. 淫雨-4 病は癒え、熱に浮かされた夢もまた2018年01月18日
  16. 第Ⅳ章 凍雨(とうう)

  17. 凍雨-1 その傘には、いつも青空があった2018年01月22日
  18. 凍雨-2 傷んだ柿とスーパームーン2019年06月02日
  19. 凍雨-3 嘆きの谷と、祝福の2019年06月03日
  20. 凍雨-4 世界を呪うくらいに、彼女は望んだ2019年06月04日
  21. 第Ⅴ章 私雨(わたくしあめ)

  22. 私雨-1 過去と新手が、心の隙に2018年11月20日
  23. 私雨-2 信じられない、信じたい2018年11月20日
  24. 私雨-3 対決、または押しの強さに流される?2018年11月26日
  25. 私雨-4 あんたは雨の神様か!2019年01月19日
  26. エピローグ 祝福の雨、約束の虹

  27. エピローグ 祝福の雨、約束の虹2019年05月13日

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

雨男 ~嘆きの谷と、祝福の~

真帆沁 MAHOshin(文筆家)  msgt2009

執筆状況
完結
エピソード
21話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
オリジナル, 恋愛, 聖書, 日常, 切ない, シリアス, 現代, ほのぼの, キリスト教, クリスチャン
総文字数
43,162文字
公開日
2017年12月28日 23:10
最終更新日
2019年06月04日 13:24
ファンレター数
0