作品数41
総合評価数1,163
総合PV数87,780

作者ブックマーク

西乃狐さんのプロフィール

西乃狐[にしのきつね]と申します。
よろしくお願いします。

*********************************************
・2021/09/20 J-WAVE SPARK×NOVELDAYS ほっこりショートコンテスト 第2弾「24時50分、どこかの誰かのモノローグ」
2021年9月20日(月)24:00~25:00 ON AIR 回にて、拙作「星には願わない」を採用していただきました。

・2021/01/05 NOVEL DAYS × tree 2000字文学賞「転生小説」にて拙作「死神の厚意」を「佳作」に選んでいただきました。

・2020/10/30 NOVEL DAYS × tree 2000字文学賞「恋愛小説」にて以下の拙作3篇を「佳作」に選んで頂きました。
「時間を戻したい」
「どんまい」
「餃子と写真週刊誌」(改題後「結婚記念日」)」

・2020/09/30 NOVEL DAYS × tree 2000字文学賞「ホラー小説」にて拙作「母」(改題後「西瓜」)を「優秀作品」として選んでいただきました。

西乃狐さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    満月の橋

    ファンタジー

    • 11

    • 101

    • 0

  • 一般小説

    Snow of Summer 祖母

    現代ドラマ・社会派

    • 10

    • 151

    • 0

  • 一般小説

    Snow of Summer

    ミステリー

    • 10

    • 162

    • 0

  • 一般小説

    出会いの順序

    恋愛・ラブコメ

    • 10

    • 168

    • 0

  • 一般小説

    錯覚

    ホラー

    • 29

    • 1,046

    • 1

  • 一般小説

    十年目の夏

    恋愛・ラブコメ

    • 33

    • 1,004

    • 1

  • 一般小説

    1週間の休みの過ごし方

    ミステリー

    • 20

    • 783

    • 1

  • 一般小説

    塔のてっぺんのお姫さま

    ミステリー

    • 25

    • 857

    • 0

  • 一般小説

    ごめんね

    ミステリー

    • 24

    • 1,444

    • 2

  • 一般小説

    隣の佐藤くん

    恋愛・ラブコメ

    • 24

    • 611

    • 1

西乃狐さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2021年 09月21日|コメント(0)

2020年 09月14日|コメント(0)

2020年 09月05日|コメント(0)

2020年 09月05日|コメント(0)

2020年 08月25日|コメント(0)

ファンレター

  • 人称の使い方が秀逸!

    西乃狐さま、こちらの作品を拝読しました。 ビックリするような展開もドキッとしましたが、それ以上に三人称の使い方(あまり書くとネタバレになりますが)がすごいです! 最初から三人称に違和感があったんです。 『汐里はそこで言い淀み、俯いた。そんな仕草も愛らしい。』 この部分は……三人称でのこの表現は、ここまでの流れからしても西乃狐さんらしくないミスなのかな? とも思ったのですけど、いやいやいや、語り手が分かると……もう見事にやられました! お話自体も、常に何か起きそうな雰囲気が漂いつつ、二 ... 続きを見る

  • シリーズですね。

    西乃狐さん、こんにちは。この三人のお話好きです。 酷い話題が笑いと共に描かれている西乃狐さんのお話も好きです。 また楽しませていただきました。ありがとうございます。 ところで、今回も「ごめんね」の最後のセリフが実行されませんでしたね。次回かな?

  • 途中は笑えたのに……

    西乃狐さん、こんばんは。 今回は新作をお出しにならないのかと思っていました。なので見つけるなり読ませて頂きました。 まず「隣の佐藤くん」で、笑わせていただきました。これでもかというくらいでしたね。 ラストもいい感じで楽しめました。そしてこの「最後の記憶」へと渡って来ました。 何と言えばよいか……。(何言ってもネタバレになりそうです) 五千文字の中で読み味がウェーブしていると言えば良いでしょうか。 緩急なのか強弱なのか、見事に読まされてしまったって感じ? 結末はありがちとも思えますが ... 続きを見る

  • やめられない止まらない(違う商品ですね)

    西乃狐さん、こんばんは。「夜の記憶」と合わせ、拝読しました。 「満月前症候群」の連作と考えてよいと思うのですが、こちらの「隣の佐藤くん」のコミカルタッチに、特に魅了されました! スクロールの指が止まらない面白さとつながりの良さとが素晴らしいですね。 そして症候群も含め、メッセージ性もなかなかのものとお見受けしました。 いいものを読ませていただき、有り難うございました!

  • 沙也加がんばれ!

    はじめまして。 ミサさんが大絶賛だったので読ませていただきに来ました。 面白かったです。ミサさん曰く「高橋○○子の漫画を思い出した」でした。私も同感です。 とても五千字で収まっているとは思えない内容にも感心しました。 沙也加ちゃんはもちろんですが、名前の出てこない彼君も愛着が持てるキャラですね。好きです。 はじめましてで偉そうな物言いになってしまいました、ごめんなさい。 これから他のお話でも、推しキャラ探しさせていただきますね。

  • 青春時代を思い出しました

    はじめまして、レター失礼します 古典的な恋のきっかけに、青春時代に読んでいた漫画を思い出し微笑みました でもその後はしっかり今風 ヒロインの思考も古い私の頭では出て来ないもの ありがとうございます、楽しく読ませていただきました

  • いいお話なのに

    西乃狐さん、こんにちは。 このような青春の素晴らしいお話を、涙目で読まなければいけないのが悲しいです。 妻にその頃を振り返られて恥ずかしくなるのは、こちらの立場としても大変なリアリティーがありますね。 有り難うございました。

  • 圧巻です!

    レターを失礼しますm(_ _)m 告白しますと、実は西乃狐さまは、私がノベルデイズに登録して一番最初に作者お気に入りに登録させて頂いた作家さまでして、普段からひっそりと愛読させて頂いております(^◇^;) そんな方にレターを出すなんて烏滸がましいのですが、この作品はすごいです! ずっと息を飲みながら読ませて頂きました。 現実なのか幻想なのか、夢現の世界を語り口を変えながら行ったり来たりして、何処に真相があるのか分からないまま、張り詰めた緊張感の中で最後まで読まされてしまいました。 ... 続きを見る

  • 遅まきながら拝読しました

     ああ、青春。甘酸っぱくて、素敵。文章が軽やかで、そして二人の様子がそのまま頭に絵として蘇る。読者の役得、2人の心情が、2方向からステレオみたいにビンビン伝わって来ます。冬は来てすぐ去りましたね、早春だからまだ彼はまだ気がついていないのかな。今後春一番も吹きそうな気がしますけど、とっても幸せな読後感でした。

  • 融資渉外担当者の心

    ファンレター失礼します。 銀行のこと(すなわち自身の評価!)を考えると、一気に回収したり、関連ノンバンク借り換え作戦かなあ、と思います。 (すでにここはサービサーですが) が、やはり人間としての触れ合いといいますか、お互いの尊重、信頼というものが大事だなあと思いました。 担当者としての心と頭の動きがリアルだと思いました。 有り難うございました。