作品数24
総合評価数719
総合PV数18,899

作者ブックマーク

西乃狐さんのプロフィール

西乃狐/にしのきつねです。
よろしくお願いします。


*********************************************
・2020/10/30 NOVEL DAYS × tree 2000字文学賞「恋愛小説」にて以下の3篇を「佳作」に選んで頂きました。
「餃子と写真週刊誌」
「時間を戻したい」
「どんまい」

・2020/09/30 NOVEL DAYS × tree 2000字文学賞「ホラー小説」にて拙作「母」を「優秀作品」として選んでいただきました。

西乃狐さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    揺れた木の葉が風を呼ぶ

    恋愛・ラブコメ

    • 26

    • 353

    • 0

  • 一般小説

    死神の厚意

    ホラー

    • 27

    • 510

    • 0

  • 一般小説

    餃子と写真週刊誌

    恋愛・ラブコメ

    • 26

    • 453

    • 0

  • 一般小説

    どんまい

    恋愛・ラブコメ

    • 40

    • 868

    • 3

  • 一般小説

    時間を戻したい

    恋愛・ラブコメ

    • 26

    • 663

    • 2

  • 一般小説

    ホラー

    • 36

    • 868

    • 1

  • 一般小説

    充電中

    現代ドラマ・社会派

    • 25

    • 430

    • 0

  • 一般小説

    自戒

    現代ドラマ・社会派

    • 26

    • 636

    • 0

  • 一般小説

    十五光年先の《連作シリーズ・世界中の恋が全部叶えばいいのに》

    恋愛・ラブコメ

    • 65

    • 1,760

    • 0

  • 一般小説

    ハンカチを貸す理由《連作シリーズ・世界中の恋が全部叶えばいいのに》

    恋愛・ラブコメ

    • 46

    • 1,533

    • 3

西乃狐さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2020年 09月14日|コメント(0)

2020年 09月05日|コメント(0)

2020年 09月05日|コメント(0)

2020年 08月25日|コメント(0)

2020年 08月24日|コメント(0)

2020年 08月20日|コメント(0)

2020年 08月19日|コメント(0)

ファンレター

  • 松平眞之様(shingo0737様) へ御礼

    ありがとうございます。メッセージを頂いたという通知で佳作入りを知りました。これからもお互い、楽しんで書いていきましょう。

  • 西乃さんへ

    やっぱり優秀作品に選ばれましたね。おめでとうございます。自分の信じた作者の作品が多数優秀作品に選ばれて嬉しかったので、一先ずコメントを。これからも頑張って下さい。応援しています。

  • 泣きました。

    何か自分が自暴自棄になっているときで、小説なんかどうでもいい、とか、考えてて。でもやっぱり小説っていいですよね。西乃さんのこの小説のお蔭で元に戻りました。泣きました。そしてありがとうございます。

  • 血も涙もない二人。

    愛情に目がくらんだ二人には相応しい物語ですね。

  • 遅刻しそうです。

    仕方ありません。西乃さんの作品を読むと現実の世界に戻るのに時間がかかるからです。大丈夫です。大した用事じゃないんで、今日のは。でも、読んで良かった。遅刻する価値は充分にあります。

  • 最後の一行

    を読んでから、もう一度タイトルを見て、「うん」と納得です。

  • 素直な。

    素直な気持ちが綺麗に描かれた作品ですね。

  • なる程伏せ字凄くセクシーです。

    これは興奮していたとは言え、大変申し訳ありませんてした。初めから伏せ字にすれば良かったですね。以後は気を付けます。しかし思い出付きませんてした伏せ字とは。また新たなる発見です。西乃さんのお蔭で自分のコメントが数倍良くなった気がします。では、続きを読ませて戴きます。

  • 今、頭の中で餃子を捏ねています。

     押し寄せてくる寂しさを避ける為、何話か読み残して最終話の「予想外と予定通り」を読みました。読み終えた後に完の文字があったのは「予定通り」でしたが、餃子を捏ねた後●●●●●●●●ことは「予想外」でした。忘れていた何がを思い出させてくれると同時に、こんな男になりたい、と、常に想わせてくれるんです。貴女の小説の登場人物の男は。後残り何話か読み残しがあるので、寂しさを避けれたのは「予定通り」ですか、何れ避けれずに押し寄せてくる寂しさの大きさは「予想外」に大きかった。それ以外も読みますが、どうせ寂しくな ... 続きを見る

  • 何作か読みました。

    忘れていた何かを取り戻したような気持ち。その何かが何だったのかは漠然としているのですが、それでも読んだ後、自分が何かを取り戻していることだけは確かです。貴女の作品は一瞬でも自分がおっさんだと言うことを忘れさせてくれます。素敵な小説をありがとうございます。引き続き読ませて戴きます。