第14話

文字数 9,729文字

「黒猫君は残念だったかもしれんが、私は厄介なネズミどもが消えていやいや清々した気分だよ」
老人は満足そうにつぶやくと僕の方を見ながらニヤリと笑った。
「猫のお前さんにとってしても、ここは理想的な楽園になるだろうて。かなり昔の話だが、1960年代の米国で楽園実験と称される、ネズミを使った社会実験があったはずだ。結果は何度も繰り返しても、最後はネズミは一匹残らす死に絶えた。失敗したのはおそらくネズミしか存在しない環境だったからだろう。それを教訓にここでは多様性を重んじることにしよう。まずは人間の大切な友でもある種の猫にここに居てもらうのは実に有意義なことだ。ところで君はオスなのかな?」
僕はピアノの下に身を隠しながら老人をじっと見ていた。
「どうやらオスのようだねぇ。ということはせっかくだ。メス猫も用意せねばねぇ!それでは飼い主のヨウコ君によいメス猫を見つけてもらって来てもらおうではないか?・・・・あれヨウコくん?なんだ泣いているのかい?」
「私の飼い猫じゃないよ・・・」
ヨウコは頬の涙を拭いながら答えた。
「なんだい!君の猫じゃないのか・・・?ということはきゃつらと時同じくして野良猫がドサクサに紛れて入り込んでおったということか・・・。にしてもなぜヨウコくんが泣いておるのだね?」
「てかあんたってなんでそうなの?そうやって何でも自分の思いどおりにしようとして・・・・それが楽しいわけ?」
「どうか泣かないでくれくれたまえ。綺麗な顔が台無しだ。私が望むのは、君に笑っていてほしい、それだけだよ」
老人はそう言いながら、左の掌でヨウコの頬に触れようとしたが、彼女はそれを思い切り跳ねつけた。
「私に触らないでよ!」
「ほぅ・・・そういう剣幕も出来るのだねぇ。君の凛々さが一層映える。その表情もまた素敵だフフフッ」
「そんな甘いこと言っても無駄!だってあんたは人のとか言ってるけど、やってることは結局自分が気にくわない人を追い出して自分の楽園を作ってるだけじゃない?」
「君がそう思うのも無理がないと思うよ。かたち状、君の友人を私が追い出したにしたことになるからねぇ。優しい君はおそらくこう思ったのだろう? ネズミにされた人間の気持ちや追放された人間の気持ちを考えないのか?と」
「別に、ネズミにされた気持ちなんて私にもわからない。ただ私はあんたがやってることが異常だって思う。特に理解できないのはあんたがその杖の力を使うための理屈!その力をさあ、自分以外のもっと良いことのために使おうとか思わないの?」

「うーむ。君は私のことを勘違いしているようだね。どうやらその誤解を解いて、君の合意を得えるためにはどうやら長い説明が必要そうだねぇ・・・。ではこう考えてみてはどうだろう。仮に誰かが世の為人の為を願い、志し高く無私利他の精神を胸に崇高な計画を画策としよう。その内容は?と問われ多くの人々が想起されるものの母集団から公約数的に要約すれば、おろらくそれはこんな感じに成るだろう。「生命あるすべての人間が平和と共に互いに認め合い生きる歓びを享受することだ」というような感じに至ると思う。その時仮にヨウコくんがリーダーで、この杖の力を持っていたとしよう。君はその目的を達成できると思うかい?」

「いやわたしは別に・・・全員を助けるなんてとても出来ないだろうけど、そのための努力は必要だと思う」
「君の言ってることは正論だ。しかしこの場合正誤とか善悪の問題ではないのだよ。つまり努力や善処ではなく、必要なのは現象に対する冷徹な対処なのだよ。なぜかといえば、君は今ある日本のインターネット空間に溢れているコメントに見られる人々の感情や考えがどんな感じか知っているかい?」
「それってXwitterとか、Xahooとかに書かれてるようなこと?」
「ああそうだ。その中の有象無象の匿名の人々の言動を君も知っているだろう。どう思う?」
「炎上して誹謗中傷とかそういうことについてどう思うかってこと?」
「ああそうだ。だか別にそれ以外についてもなんでも語ってくれて構わない。ただ匿名の仮面を付けた人々の言動を見た君の印象を聞きたいのだよ」
「誹謗中傷って、誰かを悪ものにされてエスカレートして集中砲火みたいになる。なぜかよく分からないけど、多分ネットだと顔がわからないって思って、みんな極端にめちゃくちゃな言い方するんだろうって思うけどさ。でもその人たちがどんな実際にどんなで生活をして、どんな顔で普段いるのかって想像すると怖くなるけど、でもめちゃくちゃな言動とか、人が傷つくことをなんとか止めたいって思う人たちもいるし。みんなが皆がやってるわけじゃないよ。良い人もいれば悪い人も居るって感じで」
「うむ、君はやはり明晰な目の持ち主だ。インターネットの誹謗中傷がエスカレートするプロセスやダイナミクスを説明するための良い概念がある。心理学的に群衆心理、または集団極性化と呼ばれる現象だ。目立つ誰かの言葉が集団全体に影響を及ぼし極端な方向を向いて一体化する現象を言う。その傾向は昨今インターネットの中でより酷く激しくなるようだ。君の言うとおり人々は、匿名という名のペルソナ、仮面をつけることで普段隠しているシャドー、己の内面の抑圧された暗部が呼び起こされ全体の自己が変貌をする。しかし仮面を付けたとて必ずしも全員が浅ましく攻撃的に成るわけではない。それでは誹謗中傷をする側とそれを諌(いさ)めようとする側の人々の比率はどれくらいだと思う?」
「暴言を吐いてる方が目立つけど半分も居なくて多くて三割くらいと思う。ほとんどの人は何も言わなくてもそれを見ておかしいと感じてると思うよ」
「君の言うとおり匿名のペルソナをつけたとしても、あまり変化しない者もいる。黙って無関心を装う者たちが半分を締めるだろう。しかしインターネットは騒いだもの勝ちの世界だ。過剰な言動が束になり少数でも多数に見えるところが怖しい。あまつさえそれによって傍観している中庸のものたちも、時に影響を受けてしまうのだ」
「だけどさ、傍観してるおかしいって思う人の中にだって、それを止めようと動く人だっているでしょ?」
「確かにそうだね。だがその誹謗中傷する側が完全に事実を誤認していて間違ったことを言ってるとしても、彼らは自分の信じるものに固着して頑なになるものだ。そんな時にもし君が、その彼らと話し合う立場になったとしよう。君は彼らの態度を変えることが出来るかい?」
「それは・・・たぶん無理だと思う」
「ああそのとおり。君が理不尽に罵詈雑言を浴びている誰かを守ろうとして必死にコメントで反論して、完全に勘違いに過ぎない思い込みを抱いている相手を気付かせようとしても無駄だ。実はそれは誤った思い込みというのは正確ではなく、二進数を司る悪魔によって侵食され脳神経が変質したことで自省心や自制心を去勢された状態なのんだ。つまりあれはねぇ・・・病気なんだ。インターネットが産んだまぎれもない精神疾患なんだよ」
「病気?」
「ああそのとおりだ。インターネット社会の光の影の狭間に生まれた精神病理症状なのだよ。サイバー空間乖離症もしくは、インターネット性人格障害と呼ばれる症状だ。主に境界性人格性の亜種だが反社会性人格障害と自己愛性人格障害を兼ね備えた異様で複雑な症状を呈する。しかもインターネットの利用率と影響力を思うと、今まで在り得なかった規模の母集団を持つ人格障害シンドロームを生成するおろそしい病気なのだよ」
「それって病気って言えるの?」
「それでは実例として挙げてみよう。SNSの誹謗中傷で死に追いやられた人々のことを君も知っているだろう?実際に死を選ぶほどに追い込まれたネット炎上と言われる事件は世界中で数多起きている。その原因である、人を殺すほどのヘイトを帯びた集団が悪辣かつ執拗な人格攻撃を行う精神状況を、君は正気だと考えるかい?」
「そ、それはそうだけど・・・」
「君たちの時代ではまだ定義付けられてはいないが、この現象は立派な社会病理なのだよ。人々がインターネットによってそれまで考えられないほどの莫大で目が眩む白熱光線のような情報を浴びた結果、多くの人々がその代償として人格障害という異常を来たしたのだよ。光あるとこと影あり。光無い影に意義なし。光と闇どちらか一方だけを存在させることなど出来ないのだ」
「それってつまり陰と陽みたいな話?」

「そうだ。君の言う陰と陽とはつまり東洋思想の太極のことだと思うが、量子物理学の分野でもその原理が証明されているのだよ。上を向くものあれば下向くもの生まれる。右回転は左回転を対に持つ。人格障害に陥る人々が束になれば、太極的真逆の者達が束になる。その二極化は甚だしく、その傾向は二次関数的に加速し行って、正気を保つ者達が自分たちと逆回りするのを止めようと努力しても無駄だ。なぜなら自分たちはその逆スピンがある前提で存在しているからだ。それが神の摂理であり、物理学で言うところのパウリの排他原理だよ」
「量子物理学はわからないって。高校じゃまだ範囲外だよ。しかも私文系だし」
「おお・・・そうだったね。とにかくリアルな社会ではインターネットはもはや社会インフラとして外せるものではなかろう。ゆえにIT進化は進む一方でブレーキがない。一方で個人の興味はより細分化して、指向性はよりニッチに分散してベクトルを異にして細かく先鋭化していった結果、その先にあるのは極端な非人間化の孤立した小集団もしくは分断された個人化だ。そんな社会に適応して生きていくために人は、自分の人間性を乖離させながら、その孤独を紛らすことになるのだ」
「なんかすっごい悲観的なかんじだけど・・・・」
「知らぬがホトケという言葉があるが、実際近い将来、今以上にその代償行為としてゲームやアニメや異世界モノのフィクションに感情を発露させるしかない哀れな世界が待っている。未来の結婚はよりリスクのあるものとなり、少子化は当然ながら進行し、子どもたちはうるさいと大人たち言われ人の目が怖くて外で遊べず、より幼い頃からネットに没入するようになり、大人たちは互いに交す挨拶をやめ、男女がそれぞれラブドールと言われるAI搭載の人工の異世界転生キャラクターの愛玩人形を所持し、それに向かって毎日おはようと声をかける、そんなおぞましい社会だ。正確に近い将来すでに異世界物はもはや廃れており、次の未来では時空を超え転生するのではなく、自分が神になり世界を構築し観測する神視点の物語が流行っている。しかしそれも名前を変えた似たような慰めの為の感動ポルノにすぎん。ただ断言できるのは、未来は間違いなく今よりもよりDoomerで虚しく惨めな世界だとは断言できる」
「もう聞きたくなくなってきた・・・でも半分はなんとなく想像できるかも」
「理解できなくても当然だ。君の時代では認知されていない情報なのだから無理もないさ。しかし私は今言った通り、絶望の未来のその先にある潜在的未来像すらもすでに垣間見てしまったのだ。その未来はというのは名状しがたいというか……それはまるで絶対零度に限りなく接近した寛容や希望という価値が働かなくなった氷の世界だ。私の目には、まるでそんな絶望に向かって人々が走り続けているようにさえ思える。寓話のハーメルンの笛吹きと同じさ。インターネットのトップインフルエンサーや大物芸人や著名人とか言われる笛吹きの音色に先導されひたすら追い掛けるだけの知恵のない子どもたちのようだ」
「だからあなたは未来を嘆いて、ここに人間らしい他の未来を作ろうってこと?」

「さすがヨウコくん!察しがいい。ここではインターネットや携帯電話のない太古からつづく穏やかな人間の営みを守りながら、人々が互いに敬意を尊重できる社会を作ることが目的でもあるのだよ」
「それだからってなぜレイカやキー&ウッシーを排除する必要があるの?」
「君にとってレイカくんは大事な存在だったのかもしれない。それはわかる。では私が彼らを追放した訳を率直に言おう。それはねぇ、彼らの目を見てすぐに気づいたのだよ。残念ながら彼はそのインターネットの人格障害に罹っていた。残念ながら彼らは、魂にすでにその病理を根が植え付けられてしまっていたのだよ」
「どういう意味?」
「さっきも言ったとおり、サイバー空間での気が狂ったような人々が繰り出す浅ましい言動と、彼らが生み出す悪意を凝縮した言葉の羅列を君も見てきただろう?彼らはインターネットによって偏向された夥しい混沌情報によって侵されたいわば病的ヒステリー集団だ。まるで多次元の深淵の悪魔がインターネットに憑依し、そこに生きがいを見出した人々の建前の裏に忍ばせた本音の領域に悪魔たちが巧妙に忍び足で侵入し、自分との悪魔的契約の印を背中に刻むかのように。残念ながらレイカくんたちは、すでにそれに汚染されてしまったその集団の一員なのだ。だから仕方なく私は彼らを追放したのさ。しかしヨウコ君、きみは汚染されていない。またここに居る他の娘たちも同じく陰性の者たちだ。私は君がここに居ることを認めるのはそのためさ。そして君が居てくれて私は喜ばしく思っているのだよ」
「そんなバカな話っていうか…。あんたの話こそが一番極端だって思う。だってレイカがいったい何をしたっていうの!?だって病気病気って言うけど、あんたがその病気の専門家ってわけ?勝手に決めつけてるんじゃなの?」
「君はレイカ君の裏の姿を知らない。彼女がXwtterの裏垢でどんな浅ましいことをポストしているか知ったら君もぞっとすると思うよ。それにインターネット性人格障害という精神疾患は、君のある時代でまだ常識として認知されていないとさっき言ったはずだ。しかし現行世界でも、すでに気付き始めている精神科医もいるのだよ。そして30年後の世界では現実的にそれは認知されることになる。DSMにも症例として追加されたれっきとした病気なのだよ」
「DSMって何?」
「Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disordersの略だ。国際的精神障害の正式な診断基準だよ。未来の世界で完全に社会問題視されている社会病理なのだよ。インターネットによる精神疾患は、地球沸騰化と言われる異常気象と同じように未来には世界で上位に入る懸念すべき事象としての捉えられている社会問題なのだよ」

「それがつまり世界にどう影響するってわけ?」
「別に個人が気が狂い暴れると言った話しではない。しかしながら本音と建前が乖離し整合性を失った狂気に陥る社会集団の悪影響を想像したまえ。インターネット性人格障害は各国の首長選択選挙にも悪影響を及ぼす事になるのだよ。フェイクニュースを生み出す者達も、それに先導される者もその病気の罹患者だ。そんな中で特にアメリカの大統領選挙に著しい影響を及ぼし、その乱れた選択によって政策は機能不全に陥り、社会システムは歪んで混乱の極みを呈し、特に米国政府はダブルバインドに窮し予算が採決されず、自治サービスが機能不全に陥り困窮した人民たちの怒りが沸点に陥り銃器のトリガーが引かれた。それはセカンドシビルウォーと云われる大きな内戦となった。インターネットが原因で死ぬ必要のない人々が大量に犠牲となる歴史的大惨事が起こってしまったのだよ」
「なにそれ、聞いたこと無いけど・・・」
「そりゃそうさ。君が大人になったもっとずっと後の話だからねぇ」
「でもインターネットの影響で戦争ってどういう意味?」
「それでは順を追って説明しよう。そもそもインターネットは核戦争が起きたとしても通信網をクモの巣状にして分断されずに通信回線を維持する目的で作られた技術だった。しかし米国にとっての真の脅威はロシアでも中国でもなく、自国にいたというわけさ。防衛技術だったインターネットが原因で戦が起こるなど本末先頭な話だがねぇ。しかも自国内の内戦に核兵器など使うわけにいかん。なんとも皮肉な話だ。そのセカンド・シビル・ウォーにおける死者は推定推定500万人と言われている。しかしながらその犠牲によって、インターネットの精神への悪影響を本気で考えなおそうという流れになったわけだ。そしてWHOの専門家たちによる本格的な調査が行われ、アメリカ内戦に向かう以前の人々のネット言動についての記録をつぶさに調べ細かな精査分析がなされた。その結果人間の脳にとって、インターネットが最も有害な毒だというショッキングな内容が提示された。例えば青酸カリやサリンで500万人殺すなど現実的には無理な話だが、インターネットの毒性により起こってしまったというわけさ」
「インターネットが現実に人間の頭をおかしくするって言っても、どうやってそうなるの?ぜんぜんわかんないけど」
「たしかに一見して荒唐無稽な話しに思うかもしれない。しかしダイナミクスついては、インターネットが人の心を混乱させ人格障害まで至らしめるかについて幾つか要因が指摘されている。ひとつは、インターネットのコメントがその場の衝動で言ったとしても永久的に残り続けることに由来していると言われている」
「え?それが問題なの?」
「人間は忘れることで前に進む。天気が悪くてもいつか晴れるだろう?何かネガティブなことがあっても、他の刺激を受ければ、大抵の過去の悪い記憶は薄らいで、次の日には忘れて気持ちを新たにするだろう?」
「まぁたしかにそうかな・・・」
「また逆も真なり。いいことがあっても次に悪いことが起きて良いことも忘れる。それが自然な摂理だ。しかしインターネットでは、記録が残り続けることで、憎悪が強化されたり、または逆に良いことばかりシェアして、バエル虚栄に囚われたりす。どちらにせよ、それが過激で無遠慮なものほどより注目を向けられてしまうものだ。それを見た大多数の人が影響を受け、見たいものだけ見るようなり、人は己を省みなくなる。インターネットとは、ネガティブフィードバックを抑制するシステムなのだよ。ブレーキのないアクセルだけの自動車を想したまえ、その怖さを理解できるだろう。またヨウコくんが先ほど指摘してくれたとおり、インターネットによる匿名性を帯びることで、罵詈雑言集団は意図も簡単にタガの外れた人間に成り果てる。これはインターネット上では、まるで自分が異世界の住人かのように勘違いし、現実感を失い離人症のような症状を呈する。分かりやすく言えば、サイバー空間はフィクションなのだから、自分の言動に対して無責任で構わないと勘違いする、とも言い代えられる」
「つまり人にとって悪影響って言いたいってわけ?」
「まさしくその通り。端的に言うとインターネットは人間の心理を一つのことにこだわるように仕向けるのだ。記録が劣化せず残り続けるというのは人間の生き方に合わないんだ。コンピューターが人間の変わりに記録してくれることが良いことだと皆思い込んでいるが、それは反面忘れることを難しくさせ、一つの思いや念に囚われやすくすることを意味する。インターネットでは誰かに対する敵意や憎悪に駆られた人間たちのコメントがあふれているだろう?その現象を心理学的視点からみると、固着する傾向が強められている、とも言える。固着はコミュニケーションの際の心理的齟齬の原因になるし、他人への寛容さや自分自身の精神の柔軟性をも損なわせる。その意味することはつまり、自分にも他人にとっても現実の人間関係において悪い影響しかないと言っておこう」
「それがそうだったとしても、インターネットが世界から無くなるなんて無理でしょ?」
「ああそのとおり。その後もインターネットはなくなるどころか進化を続けることになる。つまりインターネットはちょうど麻薬とような存在なのだよ。インターネットに依存し自我を変質させた人格障害者たちは、ちょうど薬物依存者がその薬理の力で人格を変えるように、路上で蜷局(とぐろ)をまいたまま動かぬ蛇のように社会の風通し阻害する悪質な存在だ。しかしながら普通にインターネットを使える者もいる。つまりちょうどアルコールに例えることが出来る。しかしながらアルコール中毒者よりも質がわるいことに、インターネット中毒者らは千鳥足にもならないし呂律(ろれつ)もちゃんと回る。そしてなりより極性を持ってお互いが砂鉄のように引き付け合い大きな集団となり、サイバー空間においてシンドロームを形成する。非常に性(たち)が悪い存在なのだよ。なんだか調子にのって説明が長くなってしまった気がするが、高校生にはちょっと難しい内容だったかも知れないねぇ」
「いや…言ってる意味は理解できるよ。確かネットの言動っておかしいところあると思うし、先生が選挙権の説明で、すでに票に影響が出てるかもって、言ってたし。それに生徒の中にも、コミュ症コミュ症ってすぐ言うけど、実際そんな感じの子もけっこういるけど、もしかしてそれもインターネットの影響?なのかな…」
「どうやら少しは理解してくれたみたいだねぇ。察しのよい君の言うとおり、インターネットの社会への影響は計り知れない問題なのだ。しかしながらもはやこの世にインターネットの無い世界を求めたとて在り得ないだろうねぇ。すべての人および社会システム全体としてもインターネットに依存しながらそれを主幹として世の中が回っている。やめようにも出来やしないだよ。要するに人類は悪魔の技術に完全にとりこまれていて、そこから抜け出すことは不可能だ。彼らが一様に常識として軽蔑する対象である、慢性アルコール中毒者や薬物中毒者と本質的に変わりないのさ」

「それはちょっと言い過ぎじゃないの?」
「いや同じことさ。アルコールや薬物依存は否認の病と言われるが、そんな中毒者の彼らとそんなに違いはないのだよ。彼らは毒性に侵されているにも関わらず認めることはなく使い続けるわけだ。そしてあらゆるアディクションと同じく、いま中毒症状が見られないとしても、潜在的に誰しもその可能性を抱えている。それが発症し進行したその先の終点には確実に悲劇が待っている。そのわかりやすい大きなイベントがアメリカでの500万人が犠牲になった内戦というわけだ」
「そんな・・・」
「君の気持ちはよく分かるよ。認めたくは無いだろう。私も当初、そんな灰色の未来を見て気が滅入ったものだ。しかしだからこそ、この新世界を築きあげようと決心したのだよ。そのためには感染者とそうでないものを厳密に隔離する必要があるのだ」
「レイカは感染してるってわけ?」
「ああ残念ながらそうだ。しかしながらいま彼女は、インターネットの無い別の意味の絶望の世界だが、ある意味隔離されているような状態だ。もしかするとインターネット抜きを経て居る中で、正気戻る可能性もある。しばらく様子を見ようじゃないか」
「レイカの命を保証してくれる?」
「ああもちろん。君がどう思っているか知らないが、私は本質的には温情ある紳士的な人間なのだよ。レイカくんの命を見守ろるとしよう。とりあえず経過を見てみようじゃないか」
「わかった。約束だからね」
「約束するよ。だからもう君も安心したまえ。・・・・ところでこの奥に、さっきいた二人の他にも君と同じ年頃の娘たちがいる。肝を彼女たちに紹介されてくれたまえ。そして君の為に部屋を用意しよう。案内するよ」
そう言うと老人は、ヨウコの背中に優しく手を置いて、奥の部屋へ続く廊下へと促した。

ヨウコは力なく少し肩を落とした様子でそっちに向かってトボトボ歩いて行った。


老人はおもむろに後ろを振り返り、もう一度、入り口のあった壁を見やった。しかしそこにはもうあの廃墟ビルへつながる入り口もネズミがくぐるほどの穴もなく、小さな日々一つ無い綺麗な白い壁だった。それを見て安堵したのか老人はニヤリとわずかに口角を釣り上げると、踵を返しヨウコの後に付いて奥へ歩いてゆくのだった。


To be continued.

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

芹沢ヨウコ。都立雛城高校二年生。実質なにも活動していない茶道部所属。紙の本が好きで勉強も得意だが興味のある事しかやる気が起きないニッチな性格のため成績はそこそこ。根はやさしいくリーダー気質だが何事もたししても基本さばさばしているため性格がきついと周りには思われがち。両親の影響のせいか懐疑派だが実はオカルトに詳しい。

水原レイカ。都立雛城高校二年生。芹沢ヨウコとは同級生で友人同士。弓道部所属して結構マジメにやっている。母子家庭で妹が一人いる。性格は温和で素直。そのせいか都市伝説はなんでも信じてしまう。ホラーは好きでも恐怖耐性はあまりない。

コタロー。村山台の地域猫でナレーションができる猫である。

君島キリト。怪異SEEKER-Keye(キー)&UCCy(ウッシッシー)というYouTuberのコンビで愛称はキー坊。ディレクションかつカメラ担当。映像クリエイーターを目指しエンタメ系の専門学校にかよっているなか、高校時代の友人だった牛山シオンと組んで動画配信を始めた。YouTube登録者数17万人のチャンネルを運営していて、視聴者の投稿を頼りに全国の有名廃墟や、未発掘のいわく付き物件を探しては遠征している。

牛山シオン。怪異SEEKER-Keye(キー)&UCCy(ウシッシー)というYouTuberのコンビで愛称はウッシー。MC担当。テンションの高さとフィジカルの強さが自慢。ピザ屋の配達と引っ越し業で鍛えた体で各地の危険な場所にも前のめりに潜入する肉体派。YouTuberとして有名になった後でも、引越センターに頼りにされおり、筋トレ代わりに引っ越し業でこなしている。

廃墟ビルディングの五階の部屋に突然現れた杖を突く老人。オーナーと自称しているが詳細不明な謎の老紳士。

囚われている謎の少女

正体不明の声

ユカと呼ばれる謎のメイド少女。

この辺りのボス猫で結構な年齢のオス猫。名前は助蔵。コタローの後見人的な存在でもある。

謎の種族。

逃げるネズミA

逃げるネズミB

黒い球体

耳と目の球

スーパーコタロー。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色