第4話

文字数 1,306文字

ヨウコが先に立って玄関を覆うベニアを脇に寄せて隙間を作った。そして先にビルの玄関内に入り込んで、その隙間をヨウコが維持している間にレイカもくぐり抜けた。

当然廃墟なので電気は止まっている。外からまばらに光が差し込んでいるが室内は暗く辺りがよく見えない。おまけに湿気がこもっていて、空気は悪かった。

何処かに雨水がたまっているのか水滴が落ちて床を叩く音が反響して聞こえてくる。

ヨウコはスマホのライトを付けて辺りを照らした。


玄関の先にある廊下にもブラウン管のディスプレイや、店で使うような接客用の金属製椅子や電子レンジなどの電化製品に乱暴に置かれていた。その他多くのオリジナルのフォルムを失った瓦礫たちが漫然と床に散らばっていて、それらはところどころ湿っているのか黒光りしていた。天井に貼り付けられた石膏ボードは剥がれ落ちていて、その奥にある電気配線や水道管がむき出しになっていた。
「ガチ廃墟やん」
「たぶん転がってるガラクタは誰かが持ち込んだ廃棄物だよ。誰かひとりやるとその他大勢がゴミ置き場とだと思い始めるだよね」
「自然の摂理?痛たっ・・・・角にぶつけたぁ(泣)」
「あんたもスマホのライトつけなって」
「うん・・・そうする」
そういうと二人は瓦礫郡をくぐり抜けて先へと進んだ。その先に大きな空間が広がっていた。
「ここがテナント用スペースかな?三十畳くらいある」
「そうそう、このビル昔はかなり繁盛してたっていうか一階は花屋でね、廃墟になる前はうちの母も使ってたらしいよ」
「そっかぁここ花屋さんだったんだ。いまじゃもう面影なしだね。他の階にも会社とかも入ってたのかな?」
「うん、確かにいろいろ入ってたみたいだよ。託児所とか企画会社とかPC関係とかって感じで聞いたけど」
「レイカすごいじゃん、ちゃんと事前リサーチしてんじゃん」
「うんうんだってさぁ、村山台駅から電車待ってる時に、このビルってめちゃくちゃ目立つじゃん。だからずっと気になってたんだよね。それで母から昔の話とか聞いたんよ」
「まあ確かに廃墟って悪目立ちするよね」
「そうそういつも真っ暗だからねぇにしても、ヨウコは怖くないの?」
「まぁ暗いしジメジメしてちょっと怖いっちゃ怖いけど、案外ここそこまで危なくなさそうだよ。建物自体はコンクリはまだ大丈夫みたいだしね」
「いやいや私が言ってるのはそういう意味の怖さじゃなくてー! ヨウコも見たでしょ?キー&ウッシーの動画の中のあの老人がガチで気狂ってて、本当に五階で篭っているかもしれないじゃん?」
「まあねえ、ワンチャンありえなくはないけど私たちはただ確かめるだけだから。万が一何かあったらすぐに逃げるよ。そして警察呼べばいいし」

「まあそうだね。たしかに相手は老人だしダッシュすればOKっか」
「そうそう、あっこの右に曲がると階段だよ。ちゃんと上に行けるみたい」
「反対側の左の方にはエレベーターの扉があるよ。ああでも電気通ってないからもう動くはずないか」
「電気通ったとしてももうたぶん壊れてるよ。階段で行こう」
「うん足元注意で」
そう言う少女たちは互いのスマートフォンのライトで足元を照らしながらゆっくりと階段を二階へと上って行った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

芹沢ヨウコ。都立雛城高校二年生。実質なにも活動していない茶道部所属。紙の本が好きで勉強も得意だが興味のある事しかやる気が起きないニッチな性格のため成績はそこそこ。根はやさしいくリーダー気質だが何事もたししても基本さばさばしているため性格がきついと周りには思われがち。両親の影響のせいか懐疑派だが実はオカルトに詳しい。

水原レイカ。都立雛城高校二年生。芹沢ヨウコとは同級生で友人同士。弓道部所属して結構マジメにやっている。母子家庭で妹が一人いる。性格は温和で素直。そのせいか都市伝説はなんでも信じてしまう。ホラーは好きでも恐怖耐性はあまりない。

コタロー。村山台の地域猫でナレーションができる猫である。

君島キリト。怪異SEEKER-Keye(キー)&UCCy(ウッシッシー)というYouTuberのコンビで愛称はキー坊。ディレクションかつカメラ担当。映像クリエイーターを目指しエンタメ系の専門学校にかよっているなか、高校時代の友人だった牛山シオンと組んで動画配信を始めた。YouTube登録者数17万人のチャンネルを運営していて、視聴者の投稿を頼りに全国の有名廃墟や、未発掘のいわく付き物件を探しては遠征している。

牛山シオン。怪異SEEKER-Keye(キー)&UCCy(ウシッシー)というYouTuberのコンビで愛称はウッシー。MC担当。テンションの高さとフィジカルの強さが自慢。ピザ屋の配達と引っ越し業で鍛えた体で各地の危険な場所にも前のめりに潜入する肉体派。YouTuberとして有名になった後でも、引越センターに頼りにされおり、筋トレ代わりに引っ越し業でこなしている。

廃墟ビルディングの五階の部屋に突然現れた杖を突く老人。オーナーと自称しているが詳細不明な謎の老紳士。

囚われている謎の少女

正体不明の声

ユカと呼ばれる謎のメイド少女。

この辺りのボス猫で結構な年齢のオス猫。名前は助蔵。コタローの後見人的な存在でもある。

謎の種族。

逃げるネズミA

逃げるネズミB

黒い球体

耳と目の球

スーパーコタロー。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色