7/18 由美子はおもむろに目を覚ます

エピソード文字数 2,835文字

 由美子はおもむろに目を覚ます。月の明かりが妙に明るい。今見たばかりの夢が頭の中に余韻として残っている。

「おまえは立派によくやったよ」夢の中で数馬はそう言った。夢の中の数馬は成長していて、十八歳になっていた。
「わたし、数馬ちゃんのこと好きだったの。でも、数馬ちゃんが川に落ちたとき、わたし、何もできなかった」由美子はつぶやくように言ったが、数馬は何も答えずに由美子の顔を見つめていた。

 しばらくの後、数馬はどこからともなく分厚いレンズをしたメガネをかけ、おもちゃみたいな拳銃を構えて、あたりを警戒するように低い姿勢で去っていった。

「何だったんだろう?」由美子は声に出して、そうつぶやく。
 どうも最近、変な夢ばかり見る…何でだろ?
 由美子はベッドから立ち上がり、窓に近寄って、カーテンを開く。月の明かりが由美子の顔を白く浮かび上がらせる。今日は満月だ。


 光陰矢のごとし。覆水盆に返らず。担任の教師が故事を引用して説教している。由美子は頬杖をついて、その話を聞いているが、慢性的な寝不足のため、次第にウツラウツラとしてくる。

 校舎のあいだを冷たい風が吹きぬけていく。重たくなったまぶた越しに、ものすごいスピードで流れていく灰色の雲が見える。担任の教師が、かつて学生だった頃、弓道部に在籍していたという話をしているあたりで、由美子は本格的に眠ってしまう。

 由美子はまた夢を見ている。由美子は、手足を十分にのばせる程のゆったりとした広さの湯船に身を浸しながら、ファッション雑誌をパラパラとめくっている。雑誌の中ではモデルたちが流行ファッションに身を包み、ポーズをとっている。しかし、奇妙なことに、すべてのモデルの乳房がバスケットボールぐらいの大きさもある。

「やだねえ、どうせシリコンか何か埋め込んでいるんだろうけど、そこまでして男の気を引きたいのかねえ」由美子は年寄りじみた口調でぼやく。

 そして、ふと自分のものを見てみると、それらもまたバスケットボール大に膨れ上がっている。先程までモデルのものをバカにしていたが、自分の身に起こってみるとまんざらでもないようで、「わ! すごいな! 最近の雑誌は読むだけでムネが大きくなるんだ! 便利な世の中になったもんだねえ!」と、歓喜まじりの声を上げる。が、その直後、由美子は教室の異変に気付いて、目を覚ます。

 由美子が目覚めると、担任の教師と仲本という男子生徒が取っ組み合いを繰り広げている。となりの教室から別の教師が騒ぎを聞きつけ、やってくる。

「こらあ! 何やってんだ! やめんかあ!」その教師が必死になって仲本を取り押さえようとするが、めちゃくちゃに暴れるのでなかなかできない。
「あ、ナイフだ」誰かが言うので、見てみると、たしかに仲本の手にはナイフが握られていて、教師の背中に突き立てようと振り上げられている。
「キャアアアアアアア!」女子生徒の悲鳴があたりにひびきわたるが、間一髪のところで担任の教師がナイフ目掛けて飛びかかり、その手からもぎとることに成功する。

 ナイフを取られた仲本は急におとなしくなり、駆けつけた何人かの教師に取り押さえられ、職員室へと連れて行かれる。担任の教師は、顔にアザを作っているが、ほかに大きなケガはなく、無事のようである。
「すぐ戻って来るから、みんな落ち着いて自習しておくように」そう言って、ほかの教師を追って、職員室へと急ぐ。

 何が起こったのか、となりの女子生徒に聞いてみると、「分からないけど、とつぜん仲本のやつが先生に向かって椅子を投げつけたの」と興奮した様子で答える。
 由美子はさらに「何か先生がムカつくことでも言ったの?」と聞くが、別に何も言っていないらしい。


 本当に一体何が起こったのかと一日中気にかけていると、放課後になって、「仲本っていう二年生がシャブ中で、シャブが切れたから暴れ出した」というウワサ話を通り掛かりに聞く。ウワサ話をしていたのは下級生たちで、由美子に聞かれたことを知るや、彼らは真っ青になり、蜘蛛の子を散らすように逃げ出す。

 そのうちのひとりを捕まえて、問いただしてみると、「さっきの授業中に警察が来て、覚せい剤がどうのこうの…と言っていたのを聞いたやつがいる」とのことで、本当かなあ、と思っていると、「本当らしいですよ」と達郎が言うので、「ふーん…そうなんだ」と答えてから、すこし悪い予感がしてくる。


 翌日、悪い予感は的中して、達郎と下校している途中で、見覚えのある刑事に呼び止められる。たしか水野という名のその刑事は、「やあ、ひさしぶり」と妙になれなれしい口調で話し掛けてくる。

「君のクラスの仲本君ね…彼の部屋から覚せい剤が見つかってね。どうも君の友達の女の子が持ってたのと同じ成分みたいなんだよ。つまり両方とも同じところから入手したと考えるのが自然なんだよね」
「はあ」由美子の気の無い返事。
「ふたりとも君にとって身近な存在なわけだけど、何かふたりを結びつけるような情報、知らないかな?」
「知らないですね」由美子はきっぱりと答える。「それに、仲本君とは同じクラスですけど、まともに話したこともないので、『身近な存在』とは言えないですし」
「なるほど…」水野刑事はそう言って、こめかみのあたりをポリポリと掻く。
「また何か思い出したら連絡しますので、今日はこれで失礼します」由美子は一息にそう言うと、慇懃にひとつ頭を下げて、その場を立ち去る。

「さっきの人、前に由美子さんが言っていた刑事さんですよね?」
 達郎が前を向いたまま由美子に訊ねる。
「うん、そう。なんか嫌なヤツでしょ」由美子は苦笑する。

 それには答えずに達郎はペダルを踏み続ける。ふたり乗りの自転車はいつもの道をすり抜けていく。入り組んだ住宅街を抜け、橋を渡り、国道沿いをずっと走り、高架をくぐり抜け、商店街を横切ってから駅前に出る。歩道に駐輪したところで、ようやく達郎が口を開く。

「…でも、琴子さんに覚せい剤を売りつけた犯人がいるとするなら、はやく捕まえて欲しいですよね…」だから、手がかりになるようなことは、たとえ些細なことでも警察に話した方がいいんじゃないですか?
「うん、そりゃあ…」そうだ、と由美子は思う。


 由美子は達郎の考えには賛成だったが、琴子と仲本をつなぐような手がかりなど全く思いつかない。電車に揺られて窓外の風景をジッと見つめる。灰色の風景が後方に流れていく。

 そのとき、由美子はふと思い出して、思わず「メガネ!」と声を上げる。達郎だけでなく、他の乗客もその声に驚いて、由美子の方を見る。由美子は視線が集中されるのを感じて恥ずかしくなり、「降りてから話すね」と達郎に耳打ちして、ふたたび窓外に視線を向ける。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

星野 由美子(ほしの ゆみこ)

 高校2年生。タバコを嗜む。不良と呼ばれることには納得している。ただ、まわりに構ってほしくて悪ぶっているわけではない。できれば、そっとしておいて欲しいし、他人に迷惑もかけたくないと思っている。

 基本的にはドライな性格だが、一線を越えられたと感じた時にはしっかりと切れる。切れるとすぐに手が出る。

 映画研究部に在籍。同じ部の後輩である達郎と恋人関係になる。達郎との仲が深まるにつれて、過去の暗い出来事への自責の念が強くなっていく。

上座 達郎(かみざ たつろう)

 高校1年生。映画研究部に在籍。同じ部の先輩である由美子と恋人関係になる。由美子に対しては徹底的に従順である。

 基本的に温厚な性格。自分に対しては素を見せてくれる由美子のことが好き。由美子からぞんざいに扱われていると感じることもあるが、由美子には自由に振る舞っていて欲しいので、受け入れている。

 頭の回転が速く、状況判断にすぐれている。そのため、柔和な雰囲気がある反面、どこか芯の通った強さも周囲に感じさせる。

数馬(かずま)

 由美子の幼なじみ。幼少時に不幸な死を遂げる。その死が由美子に暗い影を落とすことになる。とは言え、長らくの間、由美子から存在すら忘れられていた。

 忘れられていた間は、由美子の無意識下に潜んでいたのだが、とあるきっかけで意識上に浮上することになる。

 それ以降は、由美子の夢の中にちょいちょい現れるようになる。ある種のストーカー。

琴子(ことこ)

 高校2年生。由美子の親友。映画研究部に在籍。

 裕福な家庭で育ったお嬢様。由美子と親しくなるまでは優等生タイプだったが、由美子の影響でタバコの味を覚えて、最終的に由美子以上のヘビースモーカーとなる。

 基本的に甘やかされて育てられたが、性格がねじ曲がることもなく、両親の愛情を一身に受けて素直に育った。

 それでも道を外れてしまったのは、好奇心旺盛な気質のためだったのだろう。

水野(みずの)刑事

 麻薬取締課の刑事。33歳独身。童顔のため10歳ほど若くみられることが多い。

 10代後半の頃、自分で自分のことをサイコパスだと考えるようになる。このままだと自分はいつの日か犯罪者になってしまうのではないかと恐れて、自分の行動を縛るためにも警察官になることを決心する。

 本当にサイコパスかどうかは不明だが、今のところ刑事としての職分をそつなくこなしている。

 実際のところは、自分のことをサイコパスだと妄想する妄想癖を持っているだけなのかもしれない。

桐生 和彦(きりゅう かずひこ)

 高校2年生。陸上部に在籍。走り高跳びの選手で県大会出場クラスの実力を持っている。陸上部のエース。

 運動神経が良くて、身長も高く、顔立ちも悪くない。口数が少ないところもクールな印象を与えるらしく、少なからず女子からモテてきた。

 これといった努力をしなくてもモテるので、どんなオンナでも自分が本気になれば絶対に落とせると勘違いしているところがある。

 そういったズレた感覚を胸に秘めているので、周りからは理解できない突拍子もない言動を時に取ることがある。

火堂 梨奈(ひどう りな)

 高校1年生。陸上部に在籍し、長距離走チームのマネージャーを務める。

 恋愛体質で惚れっぽい。恋人がいるか、もしくは想い人がいるか、つねにどちらかの恋愛モードに入っていないと情緒不安定になってしまい、日常生活に支障が出てしまう。

 片想いの時には、なりふり構わずに相手にアピールしまくるため、まわりの女子生徒からは、その「あざとさ」のため好印象を持たれていない。

 現在は陸上部のエースである桐生にターゲットを絞っている。桐生に惚れたというよりも、「陸上部のエース」という肩書きに惚れた面が強い。

北島 耕太(きたじま こうた)

 高校2年生。水泳部に在籍していたが、厳しい練習について行けずに、1年生のうちに退部した。

 その後はどの部にも入らず、帰宅部となる。帰宅部になってからは、空いた時間を使って駅前のうどん屋でアルバイトをしている。

 物静かな性格で、クラスでも目立たない存在。かと言って、仲間外れにされているわけではなく、友人もいないわけではない。学業成績も平均的である。

 口外はしないが、退廃的な思想を持っており、「遅かれ早かれ世界は滅ぶ」という座右の銘を胸に隠し持っている。

西条 陽子(さいじょう ようこ)

 高校1年生。陸上部に在籍。長距離走の選手。長距離走チームのマネージャーをしている火堂 梨奈と仲が良い。

 人一倍霊感が強いことを自覚しているが、奇異の目で見られることを嫌って、友人の火堂も含めて他人には秘密にしている。

 お節介焼きなところがある。火堂の精神的な弱さにつけこんで、取り憑こうとしてくる浮遊霊をひそかに祓ったりしている。

 長距離走の選手になったのは、長い距離を走るとトランス状態に入りやすくなって霊感が磨かれると感じるためである。

 

加藤(かとう)

 高校3年生。不良グループの一員。父親が有限会社を経営しており、高校卒業後はその会社に就職することが決まっている。将来的には父親の跡を継ぐ予定。

 190㎝近い長身を持ち、格闘技経験は無いものの、持ち前の格闘センスの高さから、タイマン勝負では無類の強さを誇る。

 愛想が良くて人たらしの面があり、仲間たちや後輩たちから慕われている。ただその反面、こうと決めたら絶対に折れない頑固な面もあり、どれだけ仲の良い相手とでも一触即発の状態になることがある。

川尻(かわじり)

 高校3年生。不良グループの一員。卒業後は先輩のツテで鳶職に就く予定である。

 小学生の時からクラブチームに所属してサッカーをしていたが、中学生の時に膝の靭帯を断裂する大ケガを負ってしまい、それを機にサッカーをやめた。その頃からしだいに素行が悪くなり、今に至る。

 現実的で現金な考え方を持っていて、物質的、金銭的なメリットをまず第一に優先して行動する。損得勘定ばかり気にしているので、まわりからは不信感を抱かれがちである。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み