4/18 由美子は、停学が解けて

エピソード文字数 2,965文字

 由美子は、停学が解けて、一ヶ月ぶりに登校するのだが、あの事件に対する周りの関心は薄れていないようで、由美子は好奇の目にさらされることになる。見られるだけであれば支障はないのだが、ほとんど話したことの無い、顔を見ても名前すら思いつかないような男子生徒から、「大変だったな…何か困ったことがあったら、何でも言ってくれよ。できる限り力になるからさ」などと声を掛けられると、好意からそう言ってくれるとはいえ、返答に困ってしまうので、何かとストレスがたまってしまう。

 学校全体が、「さあ、みんなで由美子さんを励ましましょう」という雰囲気に包まれていて、由美子には何とも居心地が悪く、どこに行っても、自分の行動を監視されているような気がして、校舎の裏にいても、部室にいても、気持ちが落ち着かない。ひとりでいると、誰かに話し掛けられるような気がしたので、休み時間のあいだ、由美子は、できるだけ達郎と一緒にいるようにする。

 校庭のベンチで、ふたりが並んで、何と言うこともない他愛のない会話をしていても、まわりからは、傷心している先輩を、後輩が健気に励ましているように見えるらしく、妙に優しげな視線をこちらに向けてくるので、「何、見てんだよ!」と怒鳴りたくもなるのだが、あれこれ話し掛けてこないだけマシだと思うことで、気持ちを鎮める。

「結局、あいつら、ああやって、わたしをここから追い出そうとしているのよね」由美子が憤懣やる方ない様子で言う。
 達郎は、何も言わずに微笑みを浮かべて、由美子の話を聞いている。
「何だって、あんなに他人のことに首を突っ込みたがるのかしら…野次馬根性を隠そうともしないんだから、まったく…恥を知れって感じよね」

 まわりの生徒が由美子のことを励まそうとしていることが、何故、由美子を学校から「追い出そう」としていることになるのか、達郎には分からなかったし、それと「野次馬根性」がどう関係するのかも、さっぱり分からなかったが、「まあ、由美子さんがそう言うんだから、そうなんだろう」ぐらいに考えて、達郎はその話に何度か頷いた。


 放課後、達郎は当番で、トイレを掃除していたので、由美子は廊下で待っている。窓からは運動場が見える。いくつかの体育会系クラブが、部活の準備を進めている。陸上部の何人かが、体育倉庫からハイジャンプ用のマットを運び出している。由美子は、その様子をぼんやりと眺めて、もう一ヶ月以上、夜の学校に忍び込んでいないことを思い出す。

 体育倉庫の暗闇。窓から差し込む月の光。マットの砂まじりの冷たさ。いまとなっては、すべてが懐かしい…


 運動場では、このあいだの大会で記録をぬりかえた背の高い男、彼の名は桐生和彦なのだが、彼にひとりの陸上部員の女子、彼女の名は火堂梨奈、が声をかける。

「桐生センパイ。何か手伝うことないですか?」梨奈の声はウキウキとしている。
「ん? そうだな…」桐生はグルリと周りの状況を見回す。周りでは数人のハイジャンプチームが準備を進めていて、人手は足りている。
「これといってないな」
「そうですか」梨奈の顔がすこし曇る。
「長距離走チームの準備は済んだのか?」
「はい」梨奈の手にはストップウォッチと記録用紙。
「長距離走チームは準備が簡単でいいな」
「はい、そうなんです」とニコニコ。
 そのとき、「桐生さん、準備終わりました」という、チームメイトの声。
「よし。それじゃ(ウォーミング)アップ、始めるぞ」桐生はそう応えて、「じゃ、そういうことで」と梨奈に言い、ハイジャンプチームのもとへと去っていく。
 梨奈は、「頑張ってくださいね」とだけ言って、トボトボと長距離走チームの集合場所である通用門に向かって歩いていくが、そこにはまだ誰も来ていない。


「届かぬ片想い、か…」寂しげに去っていく梨奈のすがたを見送りながら、由美子はつぶやく。
「何がですか?」いつのまにか、達郎が来ていて、由美子の後ろから声を掛ける。
 由美子はすこし驚いて振り向き、「ううん、別に」と答える。


 由美子と達郎が、病室に入ると、琴子の母親が「あ、由美子ちゃん、達郎くん、こんにちは」と応える。琴子の母親は、一時に比べると大分落ち着きを取り戻していて、由美子に対しても、わだかまりなく接することができるようになり、感情的になって、由美子につらく当たったことに関しても、一週間ほど前になるが、きちんと由美子に謝ってくれたのである。

 琴子は、ベッドに寝そべり、窓の外に目を向けている。
「琴子、調子はどう?」由美子は琴子に話しかける。
 琴子はゆっくりと首を巡らして、由美子の方に視線を向けるが、その眼は由美子の後ろの空間を見ているようで、焦点が合わない。由美子は必死に、琴子の瞳を覗き込むが、そこに理性の光はない。

「大分、顔色が良くなったみたいですね」由美子は、琴子の母親を振りかえる。
「そうなのよ、食欲は出てきたみたいなの」と琴子の母親。

 琴子は、流動食であれば口にするし、呼びかければこちらを向くのだが、それは反射運動に過ぎず、意識があっての行動ではない。

 由美子は、琴子の右手を取り、自分の頬に当てる。
「はやく戻っておいでよ」由美子は口の中で小さくつぶやく。
 それが琴子の意識に通じているのかどうか、分からない…いや、多分、伝わってない…無駄なことだとは思うのだけど…


 帰りの電車に乗り込むころには、あたりは薄暗闇に包まれて、空気は肌寒く感じられる。由美子と達郎は、流れていく景色をただ眺めている。由美子は息をひとつ、ふうと吐き、達郎の肩に頭を乗せ、目を閉じる。

 達郎は、肩にかかる重みを快く思いながら、自分は後ろの窓に後頭部を預ける。ふと視線を上げると、吊り革の揺れている向こうに、吊り広告が微かに揺れる。広告のなかでは、有名なアイドルが商品のシャンプーを手に持って、こちらを見ている。達郎は、由美子の頭に鼻を近づけて、匂いを嗅いでみる。シャンプーの匂いに混じって、ほのかに汗の臭いがする。


 由美子は夢を見ていた。電車の座席に、達郎とふたりで並んで座っている。ふたりのほかに乗客はなく、車内はガランとしている。夜空には、すこし欠けた月が浮かび上がっているのだが、窓の外は真っ暗闇で、わずかに車内の蛍光灯の明かりを浴びて、通り過ぎる電柱が見えるばかりである。

 ガタンゴトンという電車が走る音に混じって、汽笛のような音が聞こえてくる。
「ああ、あれは野良犬が腹を空かせて鳴いているんですね」となりの達郎が言う。
「ふーん」由美子は、向かいの窓に映る達郎の姿を見ながら答える。
「だけど、こんなに真っ暗だと、何も見えないから、エサを探すこともできないんですよ」窓のなかの達郎の口は、妙にゆっくりと動く。
「え? 犬って、夜行性だから、夜目が効くんじゃないの?」由美子はとなりの達郎に視線を移す。
 しかし、そこに達郎の姿はなく、そこにいるのは学生服を着込んだ、一匹の野良犬…狼男?
「それが、そうでもないんですよ」というその声は、達郎のもの。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

星野 由美子(ほしの ゆみこ)

 高校2年生。タバコを嗜む。不良と呼ばれることには納得している。ただ、まわりに構ってほしくて悪ぶっているわけではない。できれば、そっとしておいて欲しいし、他人に迷惑もかけたくないと思っている。

 基本的にはドライな性格だが、一線を越えられたと感じた時にはしっかりと切れる。切れるとすぐに手が出る。

 映画研究部に在籍。同じ部の後輩である達郎と恋人関係になる。達郎との仲が深まるにつれて、過去の暗い出来事への自責の念が強くなっていく。

上座 達郎(かみざ たつろう)

 高校1年生。映画研究部に在籍。同じ部の先輩である由美子と恋人関係になる。由美子に対しては徹底的に従順である。

 基本的に温厚な性格。自分に対しては素を見せてくれる由美子のことが好き。由美子からぞんざいに扱われていると感じることもあるが、由美子には自由に振る舞っていて欲しいので、受け入れている。

 頭の回転が速く、状況判断にすぐれている。そのため、柔和な雰囲気がある反面、どこか芯の通った強さも周囲に感じさせる。

数馬(かずま)

 由美子の幼なじみ。幼少時に不幸な死を遂げる。その死が由美子に暗い影を落とすことになる。とは言え、長らくの間、由美子から存在すら忘れられていた。

 忘れられていた間は、由美子の無意識下に潜んでいたのだが、とあるきっかけで意識上に浮上することになる。

 それ以降は、由美子の夢の中にちょいちょい現れるようになる。ある種のストーカー。

琴子(ことこ)

 高校2年生。由美子の親友。映画研究部に在籍。

 裕福な家庭で育ったお嬢様。由美子と親しくなるまでは優等生タイプだったが、由美子の影響でタバコの味を覚えて、最終的に由美子以上のヘビースモーカーとなる。

 基本的に甘やかされて育てられたが、性格がねじ曲がることもなく、両親の愛情を一身に受けて素直に育った。

 それでも道を外れてしまったのは、好奇心旺盛な気質のためだったのだろう。

水野(みずの)刑事

 麻薬取締課の刑事。33歳独身。童顔のため10歳ほど若くみられることが多い。

 10代後半の頃、自分で自分のことをサイコパスだと考えるようになる。このままだと自分はいつの日か犯罪者になってしまうのではないかと恐れて、自分の行動を縛るためにも警察官になることを決心する。

 本当にサイコパスかどうかは不明だが、今のところ刑事としての職分をそつなくこなしている。

 実際のところは、自分のことをサイコパスだと妄想する妄想癖を持っているだけなのかもしれない。

桐生 和彦(きりゅう かずひこ)

 高校2年生。陸上部に在籍。走り高跳びの選手で県大会出場クラスの実力を持っている。陸上部のエース。

 運動神経が良くて、身長も高く、顔立ちも悪くない。口数が少ないところもクールな印象を与えるらしく、少なからず女子からモテてきた。

 これといった努力をしなくてもモテるので、どんなオンナでも自分が本気になれば絶対に落とせると勘違いしているところがある。

 そういったズレた感覚を胸に秘めているので、周りからは理解できない突拍子もない言動を時に取ることがある。

火堂 梨奈(ひどう りな)

 高校1年生。陸上部に在籍し、長距離走チームのマネージャーを務める。

 恋愛体質で惚れっぽい。恋人がいるか、もしくは想い人がいるか、つねにどちらかの恋愛モードに入っていないと情緒不安定になってしまい、日常生活に支障が出てしまう。

 片想いの時には、なりふり構わずに相手にアピールしまくるため、まわりの女子生徒からは、その「あざとさ」のため好印象を持たれていない。

 現在は陸上部のエースである桐生にターゲットを絞っている。桐生に惚れたというよりも、「陸上部のエース」という肩書きに惚れた面が強い。

北島 耕太(きたじま こうた)

 高校2年生。水泳部に在籍していたが、厳しい練習について行けずに、1年生のうちに退部した。

 その後はどの部にも入らず、帰宅部となる。帰宅部になってからは、空いた時間を使って駅前のうどん屋でアルバイトをしている。

 物静かな性格で、クラスでも目立たない存在。かと言って、仲間外れにされているわけではなく、友人もいないわけではない。学業成績も平均的である。

 口外はしないが、退廃的な思想を持っており、「遅かれ早かれ世界は滅ぶ」という座右の銘を胸に隠し持っている。

西条 陽子(さいじょう ようこ)

 高校1年生。陸上部に在籍。長距離走の選手。長距離走チームのマネージャーをしている火堂 梨奈と仲が良い。

 人一倍霊感が強いことを自覚しているが、奇異の目で見られることを嫌って、友人の火堂も含めて他人には秘密にしている。

 お節介焼きなところがある。火堂の精神的な弱さにつけこんで、取り憑こうとしてくる浮遊霊をひそかに祓ったりしている。

 長距離走の選手になったのは、長い距離を走るとトランス状態に入りやすくなって霊感が磨かれると感じるためである。

 

加藤(かとう)

 高校3年生。不良グループの一員。父親が有限会社を経営しており、高校卒業後はその会社に就職することが決まっている。将来的には父親の跡を継ぐ予定。

 190㎝近い長身を持ち、格闘技経験は無いものの、持ち前の格闘センスの高さから、タイマン勝負では無類の強さを誇る。

 愛想が良くて人たらしの面があり、仲間たちや後輩たちから慕われている。ただその反面、こうと決めたら絶対に折れない頑固な面もあり、どれだけ仲の良い相手とでも一触即発の状態になることがある。

川尻(かわじり)

 高校3年生。不良グループの一員。卒業後は先輩のツテで鳶職に就く予定である。

 小学生の時からクラブチームに所属してサッカーをしていたが、中学生の時に膝の靭帯を断裂する大ケガを負ってしまい、それを機にサッカーをやめた。その頃からしだいに素行が悪くなり、今に至る。

 現実的で現金な考え方を持っていて、物質的、金銭的なメリットをまず第一に優先して行動する。損得勘定ばかり気にしているので、まわりからは不信感を抱かれがちである。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み