【童話】たぬきのポン吉、異世界に転生する(上)

エピソード文字数 4,611文字

01 ぼくはポン吉

 たぬきのポン吉が目をさますと、目の前におじさんの顔がありました。鼻の下にりっぱなひげのある顔。ピカピカのよろいを着た、大きな体のおじさんです。

「うわあ!」

 ポン吉はおどろいて立ち上がりました。

「人間だ! 人間がいる!」

 ポン吉がさけぶと、おじさんは黒いひげをなでながら、

「変なことを言うなあ。きみだって人間じゃないか。そんな道ばたで寝転んで。どうしたんだい?」

 えっ!?
 ポン吉は、じぶんの手や足を見て、またびっくり。
 
 ふさふさの毛はすっかりなくなって、人間みたいにつるんとしていました。けれども、代わりに服を着ているので、ちっとも寒くはありません。そう、人間の男の子のかっこうです。

「ぼく、人間になっちゃったみたい」

 森の中でお昼寝していたはずなのに、おかしいなあ……。

「どうしちゃったんだろう」

 ポン吉が首をひねると、


『ピコーン』


 音がしました。
 すると……あれあれ? 目の前に、光る文字があらわれました。


【種 族】人間(たぬき)
【性 別】男(オス)
【クラス】無職
【魔 法】
 ・火  Level 1
 ・水  Level 1
 ・風  Level 2
 ・土  Level 3
 ・光  Level 1
 ・闇  Level 1
 ・毒  Level 1
 ・変身 Level 99
 ・飛行 Level 1
【固有魔法】
 ・緑の覗き魔(スキルスコープ)
 ・虹の架け橋(コネクトワールド)


「なんだろう、これ?」

 よく分かりません。
 おじさんの頭の上にも、同じような文字が見えます。


『ピコーン』


【種 族】人間
【性 別】男
【クラス】騎士団長
【魔 法】
 ・火  Level 82
 ・水  Level 56
 ・風  Level 12
 ・土  Level 23
 ・光  Level 99
 ・闇  Level 10
 ・毒  Level 5
 ・変身 Level 9
 ・飛行 Level 37
【固有魔法】
 ・破邪の黄光剣(サンライトブレイド)

 ……やっぱり、よく分かりません。


 ポン吉の話を聞くと、おじさんは、

「不思議なこともあるもんだ」

 と言って、「ううん……」うなってしまいました。

「ぼく、森に帰りたいんです」

 ポン吉が言うと、

「森かい? 森ならあっちだよ」

 おじさんは、太陽がのぼってくる方向を指さしました。

「ありがとう、おじさん」

「気をつけるんだよ」

 ポン吉はおじさんに手をふって、教えてもらった道を、えっちらほっちら歩いていきました。ううん、人間の2本足は歩きづらいなあ。

 しばらく行くと、川を渡ったところに大きな森がありました。けれど、ポン吉の暮らしていた森とは違うようです。ポン吉は、がっかりしました。

 すると、

「きゃああ――!」

 という女の子の声が、森の奥から聞こえてきました。


02 森の中から

「どうしたんだろう?」

 悲鳴のしたほうにポン吉が走っていくと、女の子が座りこんでブルブルとふるえていました。金色の髪をしたきれいな女の子です。

「がるるるるるる!!

 犬だ!

 大きな犬が、口をパッカリ開いています。ふと~いキバがギラギラ。今にも女の子にかみつきそうです。熊よりも大きな犬。しかも……、頭が3つもあるではありませんか! これはこわい!

 3つのおっきな口からは、よだれがダラダラ、ダラダラと。


『ピコーン』


【種 族】ケルベロス
【性 別】オス
【クラス】地獄の番人
【魔 法】
 ・火  Level 42
 ・水  Level 7
 ・風  Level 10
 ・土  Level 29
 ・光  Level ―
 ・闇  Level 65
 ・毒  Level 59
 ・変身 Level ―
 ・飛行 Level ―
【固有魔法】
 ・冥王の紫炎


「どうしよう、あの子を助けないと。でも、こわいなあ……」

 ポン吉はすっかりおびえてしまいました。女の子はさけびます。

「助けて、助けて!」

「ああ、食べられちゃう。ううん……」

 ポン吉はすこし考えて、

「そうだ!」

 ぽこん!
 おなかをたたいて、ひらめきました。

「犬よりも、もっと強いものに化ければいいんだ!」

 ポン吉の頭には、ピカピカのよろいを着た、ひげ面(づら)のおじさんが思いうかびました。うん、おじさんはすごく強そうだったぞ。

「えいっ、おじさんに変身っ!」

 ぼわわわわん――
 白いけむりがもくもく、もくもく……。するとポン吉は、あっという間にひげ面のおじさんに変身しました。

「よおし、これなら犬なんてこわくないぞ!」

 ポン吉は、ケルベロスに向かって、腰につけていた剣をふりかざしました。

 ピカー!
 まるで太陽みたい。まぶしく光ります。

「きゃうん! きゃうん!」

 3つ頭の犬は、おどろいて逃げ出しました。

「助けてくれてありがとう」

 もとの姿にもどったポン吉に、女の子はお礼を言います。きらきら光る金色のかみと、とがった長い耳。宝石みたいな目。緑色のひらひらした服を着ています。

「あなたのお名前は?」

「ぼくはポン吉だよ」

 ポン吉は、おなかをひとつ、ぽおんとたたいて、

「たぬきだよ!」

「たぬきさん? わたしには人間の男の子に見えるわ」

「ううん……ほんとは、たぬきなんだけどなあ……」

 ポン吉は首をかしげます。

「気がついたら人間のかっこうになっていたんだ」

「変なたぬきさん」

 女の子は笑って言います。

「わたしはアンリ。エルフなの」

「えるふ? ってなあに?」

「森に住むとっても長生きな生き物よ。わたしのお父さまは、エルフの王さまなのよ」

「へええ!」

 ポン吉はおどろきました。まん丸な目を、もっと丸くします。

「アンリはお姫さまなんだね」

「ええ、そうなの」


『ピコーン』


 またあの音がしました。アンリの頭のうえに文字があらわれます。


【種 族】エルフ
【性 別】女
【クラス】王女・弓兵
【魔 法】
 ・火  Level 9
 ・水  Level 89
 ・風  Level 41
 ・土  Level 33
 ・光  Level 48
 ・闇  Level ―
 ・毒  Level 26
 ・変身 Level 3
 ・飛行 Level 8
【固有魔法】
 ・守人の水弓(アズサユミ)


 ……ううん。
 ポン吉は人間の文字が分からないので、頭をひねるばかりです。

 まあいいや。ポン吉は女の子に、

「ぼくも森に住んでいたんだ。でもここじゃあなくって。アンリ、なにか知らないかな?」

「ポン吉さんが住んでいたのは、どんな森なの?」

「おいしい柿がたくさんできるんだ」

「他には?」

「うーんと、野イチゴもすっぱいけどおいしいんだよ」

 ああ、口いっぱいにほおばりたいなあ……そう思ったら、おなかから、グゥウ――という音がしました。

「うふふ、ポン吉さんって、食いしんぼなのね」

 アンリはくすくす笑います。
 恥ずかしいなあ。

「ポン吉さんの森はわからないけど、わたしのお家にあそびに来ない? 助けてくれたお礼に、おいしいパンでもいかが?」

 うわあい。
 ポン吉は、おなかをたたいてよろこびました。


03 エルフの村へ

 森の奥に、エルフの村がありました。その中でも一番大きなお屋敷に、エルフの王さまはいました。アンリによく似た、とてもすてきな男の人です。

「やあポン吉くん。むすめを助けてくれてありがとう」

 金色のかみはハチミツみたいにつやつや。赤いマントを着た、エルフの王さま。


『ピコーン』


【種 族】エルフ
【性 別】男
【クラス】王・槍兵
【魔 法】
 ・火  Level 33
 ・水  Level 56
 ・風  Level 90
 ・土  Level 89
 ・光  Level 61
 ・闇  Level ―
 ・毒  Level 37
 ・変身 Level 12
 ・飛行 Level 23
【固有魔法】
 ・青生樹の槍(ブリューナク)


 と、光る文字。
 しかしそんなことより、ポン吉はテーブルの上が気になります。

「ここのところ、ケルベロスは暴れてばっかりでね。困っていたんだよ。まあこれにこりて、すこしは大人しくなるだろう。さあ、お礼に、たあんと食べておくれ」

 そこには、焼きたてのパンやケーキが並んでいました。

「わあ、おいしそう! いただきます!」

 とろーりクリームの入ったパンに、ソーセージをはさんだ香ばしいパン。ぱくり。ぱくり。ああ、お砂糖いっぱいのドーナツもあるぞ。ううん、どれもこれもおいしいなあ。

「うふふ、ポン吉さんたら、そんなにあわてなくてもいいのに」

 アンリは笑って、

「ミルクティーもいかが?」

「うん、ありがとう!」

 ごくごく。
 ふう、お腹もいっぱいだ。

「ごちそうさまでした」

「ところでポン吉くん」

 エルフの王さまが言いました。

「きみはたぬきなんだって? どうしてそんな人間のかっこうをしているんだい? たぬきお得意の変装かな?」

「ええっと、ぼくにもよくわかりません。目がさめたら、こうなっていたんです。もとの姿には戻れなくって」

「そうかい」

 王さまはちょっとだけ困ったような顔をして、

「できるだけ、人間の姿で森に入らないほうがいいぞ」

「どうして?」

「エルフと人間は戦争をしているんだ」

「戦争? ケンカしてるの?」

「ああ」

 王さまはゆっくりうなずきます。

「人間たちは、この森を切りひらこうとしているんだ。向こうの町へ行くために、大きな道を作るつもりなんだよ。でもここには、たくさんの生き物が住んでいる。わたしたちエルフもそうだし、鳥や鹿、熊にリス……植物だってそうだ」

「お父さま」

 アンリは心配そうな声でつぶやきました。王さまは続けて、

「木を切って、花をつむ。そうすると、動物たちは住めなくなってしまう。人間は、そうして森をこわそうとしているんだ」

「それはひどい!」

 ポン吉は顔をまっ赤にしました。

 ポン吉だって、こことは違う森の中で育ったのです。友だちもたくさんいました。鹿のお姉さんや、熊のおじさん。キツネの女の子とはケンカもしたけれど、とても仲良しでした。どっちが早く一本松にたどり着くか、よく競争したっけ……ポン吉は思い出します。

「ぼく、人間の王さまに、やめてもらうよう話してみるよ」

「できるのかい?」

「だってぼく、人間のかっこうをしているから、きっとお話を聞いてもらえるよ」

「そうか! ありがとう、ポン吉くん」

「ポン吉さん、ありがとう!」

 アンリに手を握られて、ポン吉はまた顔を赤くします。野イチゴみたいにまっかっか。

「じゃあ、いってきます!」

 ポン吉は、もと来た道をもどっていきました。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み