第1話 <かつてヒーローだった俺>

文字数 1,527文字


仕事を終え、ワンルームマンションの部屋に帰り、
テレビをつけると画面の中にまたあいつがいた。

俺は牛丼弁当の袋をテーブルに置き、テレビの画面を静かに見つめた。

中野智巳

ここ数年テレビで見ない日はないくらいの売れっ子俳優。

長い下積み時代を経て、5年ほど前に放送したドラマ
『深川町工場物語』で工場の社長を手助けする若手銀行マンの役が当たり、
一躍スターダムにのし上がった。

特にイケメンという訳ではないが、
どんな役にも染まり見る人を引き込むカメレオン的な演技と、
気取らない誠実な人柄がウケてブレイクした俳優だ。

疎遠になってしまった同級生を探し出して今何をしているのか、
当時の思い出とともに紹介する『あの子を探して!』という番組。

「うわーー! あいつが出るの!?」

テレビの中のあいつは目を輝かせて笑った。

「俺には声がかからなかったな……」

思わずつぶやいたが、当然か。

あいつはその同級生のVTRを懐かしそうに目を細めて見ていた。

俺はテレビ越しにその顔を冷ややかな目で見つめていた。


************************
************************
************************


13年前。

「平和の戦士! トレインジャーーー!!」

いつものキメポーズのカットを撮り終えると、

「はーい、それじゃ休憩入りまーす!」

と声がかかった。

小さな子供を連れた母親が数人集まってきて、
子供達は「握手してください!」と手を差し出した。

高2の俺は戦隊モノのドラマに出演していた。

トレイングリーン。

レッドやブルーに比べると地味なキャラだったが、
俺の所にも握手しにくる子供はいた。

「グリーン! がんばってね!」

「はい! ありがとね!」

ニコッと笑って手を振ると、
子供達は目をきらきらさせて母親と共に帰っていった。

俺が芸能界入りしたきっかけは、
一年前、地元の駅で友達とつるんでいた時に
事務所の人にスカウトされてのこと。

「いけるって! お前なら!!」

友達の言葉に乗っかって、俺は芸能事務所に入った。

学生服の広告モデルや
自転車メーカーのイメージキャラクターなどの仕事をこなした後、
運良くトレインジャーのグリーン役を掴んだ。

事務所入りして一年でドラマ出演できるなんて
なかなかない事だと周りからは言われた。

「ヒロ! バイト先の友達がサイン欲しいって!」

「ヒロ! 一緒に写真撮って~!!」

学校でもみんなから注目され、あちこちから声がかかった。

「はいよ~!」

キメポーズでカメラにウィンクすると、
「ヒロが将来有名になったら絶対自慢する!!」とみんな喜んだ。

ファンレターやラブレターも沢山もらい、
学年で一番可愛い子と付き合った。

リア充。

それは俺の事だ。

ある日、昼休みに屋上でパンをかじっていると、
同じクラスの中野が声をかけてきた。

「佐伯、探したよ! ここにいたのか!」

俺はわりと目立つグループの連中とつるんでいる事が多かったので、
目立つタイプではない中野とはあまり接点がなかったが、
何か用だろうか?

「お前さ、芸能事務所入ってんだろ? どうやって入んの?」

「俺はスカウトされてだけど。 お前芸能界入りたいの?」

「うん、俳優になりたいって思っててさ」

照れたように中野は言った。

「まぁ、スカウトか、
あとはいろんな事務所でやってるオーディション受けるか……」

「そうなんだ……なるほどな」

「原宿とか渋谷とか行けば事務所のやつウヨウヨしてると思うよ」

愛想笑いをしてそうアドバイスすると

「わかったサンキュー!!」と、中野は笑顔で屋上を後にした。

あいつ、俳優になりたいのか……。

俳優になるにしちゃ地味だけどな。

まぁでも誰でもチャレンジする事には意義があるしな。

そう言ってパック牛乳を吸った。


ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み