第8話 <ほっとけないよ>

文字数 981文字


俺はライトバンの助手席に熊坂さんを乗せ、
第一京浜を都心方面に走らせた。

「熊坂さんはマキさんと拓海くんと三人暮しなの?」

「はい。
愛媛から上京してきてしばらく一人暮らししてたんですけど、
拓海ができた時にマキちゃんがうちにおいでって言ってくれて、
実家には戻らずにお世話になってます」

「そうなんだ」

実家にも戻らず従姉妹の部屋に住まわせてもらってるのか……。

しばらくお互い黙っていたが、
思い切って気になっている事を聞いてみる事にした。

「差し支えなければでいいんだけど……
あ、嫌だったら答えなくていいから!
その……拓海くんの父親って、知ってるの?
熊坂さんと拓海くんの今の生活とかについて。
熊坂さんにこんな生活させてるの可哀想じゃない。
男としてはそういうのどうなの?って思うっていうか……」

「拓海の父親はこの事は知らないです。
私が勝手に拓海を生んだんです」

そう言った後に、こう付け加えた。

「それに私、可哀想じゃないです!」

ぱっと目を見開き、眉をひそめて熊坂さんはこちらを見た。

「私がそうしたくてしたんです。 拓海を生みたかった。
拓海の顔を最初に見た時、とても幸せでした。 今もです」

「あ、ごめん……」

デリカシーのない奴だと思われただろうか?
確かにシングルマザーだから可哀想という事はないだろう。

「私と拓海の父親、どちらにとっても幸せになる方法を考えたら、
こういう形がベストだって思ったんです」

「そっか、でも拓海くんの父親を思うと
この世に自分の子供がいるって知らされてないのは、
男の立場からするとショックだし、
それに拓海くんも父親がいないのはどう思ってるの?」

そういうと熊坂さんは口をつぐんでしまった。

「立ち入りすぎたかな、ごめん」

車は赤信号で止まった。

「佐伯さんの言うとおりです。
これは私のわがままなのかもしれません。
でも全ての責任を負う覚悟はできてます。
こうやって批判されることも想定内です」

熊坂さんはそう静かに言った。

きっと並並ならぬ決心でシングルマザーになったのだろう。

彼女がそこまで覚悟している事なら俺が口出しするべきじゃない。

そう思った。

思ったけど。

「熊坂さんの思いはわかった。
でも、もし……困った事があったらいつでも俺を頼ってよ」

彼女と関わりたかった。
余計なお世話かもしれないけど、介入させて欲しかった。

そう言うと熊坂さんは

「ありがとうございます」

と小さく答えた。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み