作品数37
総合評価数405
総合PV数57,286

作者ブックマーク

煙 亜月さんのプロフィール

ジャン=パトリック・マンシェット
江國香織
小川洋子
浅田次郎
スティーブン・ハンター
ディーン・クーンツ
最相葉月
中澤系
京極夏彦
サン=テグジュペリ
シドニー・シェルダン
ジョン・グリシャム
赤川次郎
真保裕一
東野圭吾
村上春樹
リチャード・バック
パウロ・コエーリョ
ヴィルジニ・デパント
瀬名秀明
塩野七生

そして、あなた


#すき

煙 亜月さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    わたしと執事

    恋愛・ラブコメ

    • 5

    • 221

    • 0

  • 一般小説

    離岸流

    学園・青春

    • 5

    • 145

    • 0

  • 一般小説

    イタガリ

    学園・青春

    • 5

    • 5,060

    • 0

  • 一般小説

    いちまいがしゃべる

    日記・個人ブログ

    • 5

    • 1,028

    • 0

  • 一般小説

    神様のくそったれ

    現代ドラマ・社会派

    • 9

    • 716

    • 2

  • 一般小説

    ガム

    恋愛・ラブコメ

    • 9

    • 298

    • 0

  • 一般小説

    わたしの執事

    ミステリー

    • 15

    • 570

    • 1

  • 一般小説

    ハッピーレクイエム

    現代ドラマ・社会派

    • 6

    • 11,506

    • 0

  • 一般小説

    あやつり人形

    ファンタジー

    • 14

    • 570

    • 0

  • 一般小説

    歌集 無言歌II

    その他

    • 32

    • 4,117

    • 2

煙 亜月さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2020年 12月24日|コメント(0)

2020年 11月25日|コメント(0)

2020年 11月21日|コメント(0)

2020年 11月13日|コメント(0)

ファンレター

  • エロチックユーモアサスペンス?

    ドキリとする冒頭から、流れるような展開で、一気に最後まで拝読しました。 細かく丁寧な描写で、内容自体も大変面白かったです。 自分にはとても好みの作品でした。

  • はじめましてm(_ _)m

    ファンレターを失礼します。 もの悲しげなデッサンの書影に惹かれて、読ませて頂きました。 切なくて、悲しくて、でも温かくて、優しい物語ですね。 ですます調が醸す柔らかさと相まって、わずか1,000文字強の中から沢山の感動を頂きました。 最後、お互いに誰なのか分からない二人に泣けました。 避けられないからこそ、目を背けたくなる「老い」の話なのに、とても美しい物語。 ありがとうございました。

  • 旧約聖書の詩編の様に

    最後の話に共感する方々も多いと思います。 自分も外側は綺麗な皿を振る舞っていますが中身は汚れています。 人間の本質を突いた詩だと感じました。

  • ごめんなさい

    実話のタグも付いてないのに実話だと感じました。 描写が現実的過ぎて引き寄せられる感じでした。 色々戸惑いがあったと思います。 失礼致しました。

  • 初めまして

    凄い実話だと感じました。 子供さんのことは何とも言えないけど、きっと天国にいると思います。 典拠はコロサイの信徒への手紙にあります。 「くそったれ」と言いたい信徒も結構いるといると思います。 自分とか「本当に憐れんで下さるなら楽に死なせて下さい」とか内心祈ったりしてます。 世の中は本当に不条理でして。楽しく生きれる人もいれば、永遠に暗い人生を歩む人もいます。 ですが、皆必死なのですね。神様に重荷を預けてしまえば良いのに重荷を抱えて歩む人が多いです。 先生も重荷を背負って歩まれている ... 続きを見る

  • こんにちは!

    私は通りすがりの者です。気にしないでください。 物語に多様性があり、どれもすばらしいですね! また読ませていただきます。 特に、無言歌は気になる作品です。 ご執筆、励まれてください。 では、また。

  • >Sanyasetsubun01 さま

    白が上がった! 一本背負いー! コメントありがとうございます。こんな感じで冗談みたいな歌を詠んでます(*´ω`*) 重複は堪忍したってくださいませ()

  • 上手い。

    一本っ!

  • 南ノ三奈乃さまへ

    お読みいただき感謝です! シンプルで心に残る、最高の褒め言葉です。これがノベルデイズ初投稿で、いつ書いたは実は定かでないのですが、あまり推敲せずに勢いで書き上げた気がします。ファンレター、励みになります。またお越しくださいませー!(о´∀`о)

  • とても好きな作品です。

    とても好きな作品です。表紙もそうですけど、なんだか「昔懐かし昭和の雰囲気」というか、どこか小津安二郎の映画でも見ているような感じがしました。最近、こういうシンプルだけど、心に残る小説って少ないような気がして、逆に新鮮でもありました。