作品数7
総合評価数147
総合PV数8,994

作者ブックマーク

おぼろつきよさんのプロフィール

こんにちは、おぼろつきよです。
耽美な歴史・時代・伝奇小説を目指しています。
カクヨムの片隅にも、ひっそり居ます。
よろしくお願いします☆

おぼろつきよさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    セミのぬけがらとラムネ

    歴史

    • 12

    • 218

    • 0

  • 一般小説

    野の花いちりん夢枕

    歴史

    • 20

    • 1,357

    • 1

  • 一般小説

    朧月夜ノ不思議ノォト~大きな鳥

    日記・個人ブログ

    • 7

    • 1,068

    • 0

  • 一般小説

    黒の敵娼~あいかた

    歴史

    • 15

    • 800

    • 0

  • 一般小説

    ロウザンノマ【2000字歴史】

    歴史

    • 53

    • 3,094

    • 1

  • 一般小説

    狸のあだうち ご寵愛いただいた我が身

    歴史

    • 21

    • 811

    • 0

  • 一般小説

    鎌倉桜草子

    歴史

    • 19

    • 1,646

    • 2

おぼろつきよさんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • BL嫌いだけど読んでしまいました

    いつもながら艶っぽい描写が秀逸です。 どうやったら書けるのか不思議です。 私だとただのエロになってしまう(^_^*)

  • 八重一重

    鎌倉の古刹にひっそりと咲く桜の木から、こんなにドラマチックな物語が生まれるとは! 胸に響く、美しい物語だと思います。感動しました!

  • 桐ヶ谷ノ桜ハやへひとへ

    おぼろつきよさんの作品を読んだのはこの原作が初めてだったように思ひます。叙情的であり美しいこひの物語。素敵です。

  • 活字への飢え

    登山一家で育った私は、中学生の頃、家族で北海道の大雪山を縦走していて、台風の急な進路変更で、山小屋で台風の去るのを、そして増水した雪渓の川の水がひくのを待ちました。約一週間。水は雪渓から得られますが食糧はきりつめなくてはならず、飢えましたが、それ以上に活字への飢えが深刻で、同じ山小屋に閉じ込められている登山者の方々から古新聞や文庫本を借りてはむさぼるように読みました。 中学生には難しいものも多かったのですが、飢えているのでどんどん吸収しました。 早く戦争が終わって「わい」もたくさん読めるとい ... 続きを見る