緑色閃光 第二部 命が奏でる終わり

作者 風城 徹

 ノベラボ似て重複掲載。

 はるか未来、日本は排外主義者達のテロから内乱に入った。
 政府すらも手が出ない状態であったが、政治結社が海外の戦力を投入して鎮圧した。
 以後、リブラと呼ぶ人工知能と政治結社が日本を統治し、戦力は東安部と名を変えて警察や軍に代わり、移民を偽の国民として隔離した。
 政治結社の一つ、太陽社の榎本はリブラの異常に関する会議を行った後、APWと称する平行世界探索船とリンクする為の実験台として保護した。
 翌日に手術を行う偽の国民の居住地に向かい、駐屯地にいるローランドとAPWの展望について話す。
 一通り話を終えると居住地に向かい、偽の国民に変革の時が近いと話すが、偽の国民は何も変わらないと返し、山にある寺を改修した別荘に向かい泊まりこむ。
 翌日に手術が終わったと知らせが入り、即座に駐屯地に向かう。