骨太未満

作者 加藤猿実

[創作論・評論]

17

353

6件のファンレター

骨太小説コンテストに応募し、当然のことながら選外になった自分。
応募した当初は、選ばれることなど考えてもいなかった。ではなぜ応募したのか? それは、やはり認めてほしい心があったからに他ならない。
次第にPVも伸びていく中に、いつしか心境に変化が訪れる。

骨太小説とは何か?
何のために小説を書くのか?
ノベルデイズという投稿サイトに何を求めるのか?
この春から小説を書き始めたばかりのアマチュアライターが赤裸々に想いを綴っていきます。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

水瀬そらまめさま

度々お越しいただきありがとうございます。 NOVEL DAYSは作家さん同士がリスペクトし合ってる感じがしますよね。 それに、ちょっと隠れ家的なスケールが心地よい?(笑) エブリスタには、久々に投稿してコミュニティで宣伝もしましたが全くの無反応でした。 きっともっと上手なやり方があるのかもしれませんが、自分はここで頑張ってみます。

のぞいてみました

エブリスタ、のぞいてみました。コミュニティーとか、なんとか賞とか活発ですね。 ノベルデイズは交流する場がないし見た目も地味。まさに放置プレイです。でもコミュニティーって結構バクバク言いたいこと言われそうで怖いです。 このサイトの人たちは、批判しない優しい人たちが多い気がします。

須崎正太郎さま、ありがとうございます

私の『骨太未満』に、骨太小説受賞者の方からファンレター……もといメッセージを頂けるなんて恐縮至極です。 恐縮至極なんて一年前までは使わなかったのですが、前期高齢者になって敢えてこういう言葉を使うようになりました。今は照れ含みですが、そのうち板に付いてしまうのでしょうね。昔の老人は何をきっかけに「ワシ」と言うようになったのか、とても気になります。……すみません、脱線しました。 勝手に感想を書かせていただきましたが、肯定的に受け止めていただけてよかったです。 アトムは古い、ビートルズは古い ... 続きを見る

感想、ありがとうございました。

こんにちは。拙作「酒井七馬」への感想ありがとうございました。 史実に基づいて描いたフィクション話でしたが楽しんでいただけたようで何よりです。 そして「骨太未満」拝見いたしました。 じっさいの「アトム」世代の方の感想を聞くことができたのが大変嬉しく、かつ参考になりました。 実はなかなかリアル手塚世代の意見をナマで聞くことができずに苦慮していたのですが、アトム世代の方から見てもそう的外れな描写ではなかったのだなと思い、非常に安堵しています。 投稿サイトによってPVや反応が違うのはよ ... 続きを見る

水瀬そらまめ様、ありがとうございます

老人の戯言と思わずに共感してくださったことに感謝致します。 長年、人にダメ出しする仕事をしてきたので、自分にもダメ出ししてきたんです。でも、ダメはダメなりに頑張ってみようかと。(笑) 第1話ですので、次もあります。第2話は、なぜ「NOVEL DAYS」を選んだか? について書かせていただくつもりです。 これからもよろしくお願いいたします。(^^)

加藤猿実様

読ませていただきました。おっしゃっていることが、まるで代弁されているかのようで胸に詰まりました。 ノベルデイズは加藤様にとり、大事な場所なのですね。わたしもせっかく持ったこの場所を大事にしていきたいと思いました。 続きがあるのでしょうか?楽しみにしております。

小説情報

骨太未満

加藤猿実  Sarumi

執筆状況
連載中
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
骨太小説コンテスト, 小説とは, 骨太とは, 創作とは, 承認欲求
総文字数
9,706文字
公開日
2020年08月01日 15:08
最終更新日
2020年08月05日 08:38
ファンレター数
6