作品数39
総合評価数1,697
総合PV数25,651

作者ブックマーク

んだんださんのプロフィール

 山形県の庄内地方にある病院に勤務する医師です。
 庄内地方の自然、豊穣な土地にはまっています。温泉、日本酒、米、日本海の魚など飽きません。
 病院の広報誌に ”んだんだ通信” を書いています。趣味は撮り鉄とお酒です。

んだんださんの作品アトリエ

  • 一般小説

    「手遅れ医者」と「もう歳だから患者」

    健康・医療

    • 39

    • 224

    • 1

  • 一般小説

    見敵必戦

    健康・医療

    • 39

    • 380

    • 4

  • 一般小説

    心に響く言葉

    自己啓発

    • 39

    • 453

    • 2

  • 一般小説

    咄嗟(とっさ)に出る言葉

    健康・医療

    • 38

    • 293

    • 1

  • 一般小説

    匂いと病気

    健康・医療

    • 38

    • 244

    • 1

  • 一般小説

    大音量のNHKニュース

    健康・医療

    • 47

    • 810

    • 1

  • 一般小説

    夜更けに一人で白米を食べる医師

    健康・医療

    • 46

    • 378

    • 1

  • 一般小説

    米の文化

    社会・思想

    • 37

    • 338

    • 1

  • 一般小説

    3つの S(整理・整頓・清掃)

    健康・医療

    • 40

    • 433

    • 1

  • 一般小説

    マニュアル

    社会・思想

    • 38

    • 371

    • 1

んだんださんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • ブラックジャック

    子供の頃、ピアノ先生宅にブラックジャック(BJ)全巻があり、親に漫画を禁止されていた私は、ピアノそっちのけでブラックジャックを読みに通っている時期がありました。BJも患者に、病と戦う意思を試してから手術しますよね。ソレを思い出しました。先生と本当は優しいブラックジャック、重なりました。

  • あ!

    いずれの先生も存じております。懐かしさもあり、あの頃を思い出しました。入職して最初の配属先でしたので、ついていくのに必死だった事を思い出します。こういった症例に対しては様々なコメントが来そうですね。病状面談に入る事がありますが、「もう歳だから・・・」というセリフ聞きますね。心の中で・・・じゃあ、そのまま治療しなかったら本人が苦しむのに・・・その事は果たして家族は理解しているのかな???と。ただ私の立場的には医師と家族、本人とで話し合いをして結論が出れば、それを尊重せざるを得ません。答えを導き出す ... 続きを見る

  • 自然の脅威

    毎号興味深く拝読しております。雪が地面から降る…、地吹雪の凄さが解る気がいたしました。少しの雪で鉄道に影響が出るような場所に居ると、ヤバイ?冬山の猛吹雪のような道路が想像出来ません。低山雪中キャンプで寒さから一睡も出来ない私など、道路で簡単に遭難しますね。都会育ちでいらっしゃる先生の適応能力、素晴らしいです。

  • moyamoya

    日々勤務をしているとジレンマの日々です。ある患者様は病名を告知されずに召されました。他スタッフから”うすす気付いていた”との情報もありましたが、ある日、その患者様が携帯電話で話しており「暫くしたら帰るから」と。担当患者ではありませんでしたが、”この患者様にとって悔いのない最期を迎えてもらいたい”どうアプローチしたら良いのか・・・。こちらの思いと、家族の忙しい状況も分かっていたので言う事も憚れる所もあり・・・もやもや・・・でした。でも数日、家族と過ごせたのは良かったのではないかと自分なりに落としど ... 続きを見る

  • もやもやしますね。

    医療の現場にあるジレンマですね。 助けたい医師と、治療をあきらめている患者さん、選択が豊かになるとさまざまな問題もでてくるものですね。

  • 生きることは。

    生きる事は闘いなのですね。そして見事な死に様になる事は滅多にないと。

  • 注意して観察します

    ”女性専用車両”は、そうですね、こちらにはないですね。あちらへ行った時、朝のラッシュは、田舎者にはキツイです・・・。なるべく避けています。知らない人と肩が触れ合ったりするのは、どうも慣れません。 ”匂い”に鈍感になっていないか、観察する時に注意しようと思います。

  • 逆転の発想・・・

    今回の「んだ!んだ!通信」は、特別な想いで待っていました。沢山の名言に感銘を受け、また、先生ほどの方が挑戦する時に自信を奮い立たせているなんて、想像もしていませんでした。今回の私の挑戦は、仕事の合間にZOOMで個人レッスンを受け対策をして臨みましたが、残念な結果でした。人生で初めての挫折を経験しました。暫くは涙腺が緩みっぱなしで、1人になると止まりませんでした。そんな時期を過ごし、今は再始動し再トライするべく勉強に取り組んでいます。この年齢でわざわざ苦労してトライする事に躊躇もしましたが、どうし ... 続きを見る

  • 長い目で見れば人生には無駄がない

    試練や困難の際に本田宗一郎氏のこの言葉を噛みしめます。辛い経験が他人の痛みに寄り添う役に立つのと同じで、今の試練や困難がいつか人の為や自分の武器になると思えば、立ち上がれるからです。今月の先生の飛行機の写真、最高です。私は飛行機が飛び立つ姿が大好きで口を開けて?眺めたりしますが、先生のこちらの写真で、今すぐ空港に行きたくなりました。また是非ジャンボ写真、お願いいたします。

  • お洒落でビックリ

    お母様、とても粋というかお洒落な方ですね。先生もLeeのしかもホワイトデニムがご愛用とは、本当にお洒落でビックリ!こちらを拝読し、高校時代に親に内緒で新宿に踊りに行ったり、渋谷にあった塩と煙草の博物館でデートした事を懐かしく思い出しました。でもまさか、新宿や渋谷が先生の「庭」だったとは…