作品数6
総合評価数849
総合PV数16,605

作者ブックマーク

早川 孝史さんのプロフィール

埼玉県の桶川市で小さなパソコン教室を自営しています。
月刊「パソコン便り」に日々の思い出を連載しています。

早川 孝史さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    青春の走馬灯 3部 「人生は人の情け」

    ノンフィクション

    • 57

    • 726

    • 0

  • 一般小説

    幸せの作り方「幸せは老年で完成する」

    日記・個人ブログ

    • 275

    • 4,601

    • 1

  • 一般小説

    青春の走馬灯 1部 「甘酸っぱい青春」

    ノンフィクション

    • 71

    • 1,748

    • 2

  • 一般小説

    青春の走馬灯 2部 「少年からの脱皮」

    ノンフィクション

    • 77

    • 1,410

    • 1

  • 一般小説

    魂が導く奇跡の天職 「思いは実現する」

    ノンフィクション

    • 247

    • 5,433

    • 8

  • 一般小説

    人はある日変わる 「魂は今も蘇る」

    ノンフィクション

    • 122

    • 2,687

    • 3

早川 孝史さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 楽しすぎて

    読了しました。何か貴方の人生を覗き見しているようで、悪いような気に、なのに、先が知りたくなって。寝不足気味でしたが、今朝は雨で、朝ウォークの代わりに、朝リードしてしまいました。ご報告まで。

  • 楽しいなあ。面白いなあ、ごめん。

    自分の歳を忘れて読みふけってしまいました。自分にもこんなときがあったんだなと、時代を戻ることができました。ありがとう

  • 完読しました。

    図書館で借りてる本よりも楽しいので、こちらを優先しました。面白かったです。一冊の本にしても売れる!と思いました。他人の苦労話や情けない話、恥ずかしい話、失敗の経験は売れる本の基本だと思います。誰しも人の成功体験なんてつまらないですよね。同じような年で(私は75歳)でお互い、大変な経験をしているようで、親近感倍増です。私は、最出発のおり、ごみ収集車(パッカー車)の助手をやったことがありました。でも、その時に思ったことは、もうこれ以上下はないとすごく気が楽になったことがあります。それから何故か急展開 ... 続きを見る

  • 69話

    早川さん、こんにちは。おお、二回目の! と思いましたが、以前レターで教えていただいた記載が文末にあり、落ち着いて読めました。有り難うございました。

  • 面白そう

    まだチラッとしか読んでいませんが、面白そうですね。年恰好もわたしとどっこいどっこいかな?読み進めて、またレター書きます。 「よしなしごと」のおっくんです。よろしく!

  • 断食、斉藤一人さん

    はじめまして。私も断食、斉藤一人さんに興味があります。人間は宗教か哲学かのどちらかを選択して生きていくのでしょうね。

  • 45話

    早川さん、毎回お疲れ様です。田貫さんのような方は、結構多いでしょうね。本文中でも触れられていますが、仕事で必要だから、という訳でもない成人(中高年)のニーズは、体系的な技術ではなくて「今これが知りたい」でしょうね。なので「ポイント学習コース」というアイディアが凄いと思いました。しかも二十年くらい前ですよね。そして昔ほどではないにせよ、(ソフトのユーザーとしての)パソコン技術が安く扱われている(職場などでも気軽に詳しい人に助けてもらうが、対価がない)ことの問題を改めて考えました。有り難うございまし ... 続きを見る

  • 貧困連鎖からの脱出

    とても共感できる作品でした。高校卒業まで財布を持っていなかったと子供に話をしても、信じてもらえない時代です。好きなスポーツをしたくても用具を買ってもらえないのが分かっていたので諦めた苦い思い出もあります。初めて自分自身が自由になるお金=給料を貰った時の感動を今でも覚えいます。

  • 断食はこんな活用の仕方もあったんですね。

    「断食修行」の多くは健康や減量の為だけかと思っていましたが 「断欲修行」で自分の我欲を抑える修行になったのですね。 迫力がありました。次の作品も拝見させていただきます。

  • いよいよ動き出しましたね。

    早川さん、30話まで拝読しました。開業起業の苦労、そこに訪れる運まわりみたいなものを感じます。 25話でお金の話が出てきますね。自分は娘さん側の立場で、父にカネを貸したことがあります。自分名義のカードローン(無担保、事業資金以外ならば用途制限なし)から、父の事業資金を捻出。自己破産歴のある父とその会社に貸す金融機関は、やばいところだけ。私はやばくない金融勤めだったのですが、そんな企業に貸したくないのは当然ですし、個人間の又貸しだとしても、ありえない使い道です。でも、負けるんですね。それで約 ... 続きを見る