閑談 次回なに読む?

文字数 1,412文字

お疲れさまでした。

『真夜中の子供たち』について、まだ疑問がある方、話し足りない方はいませんね?

それでは、次回についてです。

はい、次回の課題本候補はこちらです。

皆さんからご推薦いただいた本と、最近話題の本をまとめました。

チヌア・アチェベ『崩れゆく絆』

川端康成『雪国』『伊豆の踊子』『古都』

トーマス・マン『トーニオ・クルーガー』『マーリオと魔術師』

ルシア・ベルリン『掃除婦のための手引書 ルシア・ベルリン作品集』

石川淳『紫苑物語』

ヤスミナ・カドラ『テロル』

『崩れゆく絆』ポストコロニアル文学として評価が高いそうです。

『文庫で読む100年の文学』(中央公論社)のなかで英文学者の中井亜佐子さんが推薦文を載せていて、読んでみたいと思いました。

今、中国の出版界で川端康成がブームなんだそうです!

わたしたちもこの機会に名作を読み直してみてはいかがでしょうか。

え、川端康成がブーム!?

なんで今???

『雪国』の中国語版は、なんと20以上の出版社がそれぞれ独自の翻訳者を起用して、競うように発売しているのだそうです。(2023年10月3日付NHKニュース特集より)
『紫苑物語』はちょうど読みたいと思っていました。
『紫苑物語』は西村朗作曲でオペラにもなっていて、新国立劇場で上演されたそうです。
過去の読書会で、同じ石川淳の『焼跡のイエス』を読みましたね。
トーマス・マンは前回選ばれなかったので、再掲です。
ルシア・ベルリン、面白いと評判ですよね。
そう、評判なので書店で手に取ってみたら、透明ビニールカバーが掛かっていて、パラパラめくることもできませんでした。

文庫にあるまじきことです……

出版社はぜったいに立ち読みさせたくないのでしょうね。
『テロル』はタイムリーだな。
2023年10月7日にハマスがイスラエルへの大規模な攻撃を仕掛け、イスラエルが報復を開始したばかりです。
そう、最近の報道を見て課題本候補に入れました。
過去の読書会でパレスチナ出身の作家を読みましたね。

あれは名作でした。

ガッサーン・カナファーニー『太陽の男たち』『ハイファに戻って』ですね。
ああ、ガッサーン・カナファーニーが暗殺されていなければ……

日本赤軍がテルアビブ空港で無差別テロ事件を起こしたせいで……

『テロル』はテルアビブが舞台なの?
はい、作者のヤスミナ・カドラさんはアルジェリア出身でイスラム教徒の家庭で育ちました。

フランス語で執筆していて、2001年にフランスに亡命しています。

フランス文学なのね。
『テロル』は2005年の発表当時、『フィガロ』で「本年度の最高の一冊」と絶賛され、フランス書店組合賞を受賞しています。
『テロル』で!
ぼくも『テロル』が気になります。
やはり『紫苑物語』ですね。
わたしも『紫苑物語』が読みたいです。
『テロル』で。
意見がわれましたが、多数決で『テロル』ということで、よろしいでしょうか。

2007年の『テロル』が新刊ほやほやのときにも課題本候補に挙げてるんですよ。

でも、そのときは選ばれなくて……

何事もタイミングというものがあります。
いつ読むの? 今でしょ! ということね。
おつかれさまでした!
お疲れさまでした。
おつかれさま、また次回!
おつかれさまでしたー。
次回こそは最後まで読んできます。
お疲れさま、またね!
お疲れさまでした、またお会いしましょう。

皆さん、お元気で!

友人をさそっているところなので、次回は新しい仲間が参加するかもしれません。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

枳(からたち)さん


読書クラブの取りまとめ役。

今読んでいる本は、ギュンター・グラスの『ブリキの太鼓』。

弓絃葉(ゆづるは)ちゃん


好きな本は『カラマーゾフの兄弟』、『やし酒飲み』、『密林の語り部』。

真弓(まゆみ)さん


韓国ドラマファン。

樒(しきみ)先生


昨年は9カ月間、大江健三郎の著作に熱中していた。

堅香子(かたかご)さん


『アンナ・カレーニナ』が好き。

栂(つが) くん


好きな作家は安部公房。『砂の女』と『壁』がおすすめ。

梧桐(あをぎり)さん

榊(さかき) さん


アジアンドキュメンタリーズのサブスク会員で、アジア各国の番組を見るのが好き。

山菅(やますげ) さん


BS12の東映任侠映画「日本侠客伝」シリーズを見るのが、毎週水曜日の楽しみ。

檜(ひのき) さん


好きな本は『カラマーゾフの兄弟』、三兄弟のなかではアリョーシャが推し。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色