【キャラクターコラボ企画】あなたに質問!【8/31まで】

5-1【キャラクターシート・貼り付け】

エピソードの総文字数=1,775文字

・キャラA


「え?レイラがモテてるって?!また、騙されてるんじゃ……よし、悪い虫は排除しないとね!」


名前:フレイムバリアス・スピリチュアーク



年齢300歳以上。

全長:精霊時、直径5センチ。

         鎧時、70センチ。

鎧時の重さ 1.5キロ。

前世の性別:女性。





前世の名前は渡鳥  優歌(わたりどり ゆうか)。



精霊界に住む精霊。 

光の玉の精霊形態と精霊の指輪の力による鎧形態の二種類の姿を持つ。


貴族の令嬢であるレイラと人間界で出会い、この世界が、前世のゲームによく似た世界であることを思い出した。


それ以来レイラと共にずっと一緒にいる。

軽いノリと口調でレイラをからかったりするが、レイラのことは大切に想っているようだ。


誰にも話していないが前世のゲームをプレイしていたときからレイラのことを気に入っている。


レイラには前世の名であるユーカと名乗ったようだ。


性格:軽薄で、空気を読まない。

…わざと空気を読まない、前世での彼女は本来暗い性格だったのだが、ゲームでのレイラの意志の強さをみて、明るく振る舞うようになった。

空気を読まず、軽口を言ってしまうのは、レイラへの彼女なりの不器用な気遣いの気持ちの表れである。



好き:レイラ、軽口、狭い場所に収まること。

嫌い:レイラの敵、悪魔、規律。


・レイラが幸福に生きられる世界を作ること。 


悩み

・レイラに前世の事を隠さず話すべきか迷っている。



アイコン:きゃらふと様

掲載作品:レイラと鎧精霊のトーク日記ー!

作者:榎本レン

・キャラB


「明日雨が降っても、先生には私が付いてますからね」



不幸の雨に咲く妻折笠

○セツカ

性別:女

年齢:1歳

身長:172cm

体重:48kg



忘れ傘の内なる自我が発現した結果生まれた付喪神の少女。

外見や趣味は持ち主に影響される。そっくりそのままではない。



とある大雪の日、電車の手すりに寄りかかるようにして気がついた。

自分が傘だという意識は無くぼんやりと、旅がしたくなって外に出た。

駅構内に放置されたボロ傘に拾って、広がる銀世界を歩き回った。

そして誘われるようにして――本屋の前に立ち尽くした。


彼女は無一文だった。

何も買えないし、何かを読むこともままならない。

生まれた時から、無性に活字を求めていた。

新しい紙の匂いを嗅ぎながら、艶やかな活字を目で追う喜びを。

想像力を働かせ――生きることの素晴らしさを取り戻したい。

ぼんやりと、ただ無意識に佇んでいた。

いつの間にか雪が融けて、小粒の雨が雑踏を打ち付けていた。


傘も差さずに時雨の中を闊歩する男が居た。

自分と同じように本屋を見つけると立ち止まり、

物珍しそうに――ボロ傘を広げたまま動かない少女を見つめていた。

まるで絵画を品定めするように。

彼は自分が濡れることも気にせず、遠慮なく観察を続けていた。

見かねた少女は、ついに自分のボロ傘を差し出した。

――あるいはそれは、『傘』としての本望か。


男は語りかけた。

落ち着いた物腰で一言二言、会話が切り出されていく。

そこで初めて少女は自分の置かれた境遇を整理することが出来た。

自分が生まれたばかりということを打ち明け、養ってもらうことにした。

男は疑うこともせず、その言い分、申し出を快諾する。

住所はおろか、名前すら持たぬ忘れ傘。


まるで雪に佇む花のようだったことから、

少女には雪花(セツカ)という名前が与えられた。



――その男の家には大量の蔵書が無造作に放置されていた。

ジャンルも大きさもまばらな数千冊にも及ぶ蔵書は、

自分自身を磨くために買い貯めたものだという。

セツカにとってここは願ってもない楽園のような場所だった。


男は小説家の職業に就いていた。

聞けば出版のたびに重版が止まらず、

一冊だけで遊んで暮らせるだけのベストセラー作家だという。

彼は次なる題材を求めて街を遊び歩いている最中だった。

こんな悪天候の中、傘も差すことも忘れて。

ならば――私が先生の傘になろう、と少女は言った。

小説家と傘の、奇妙な共同生活がはじまる――。




【夢】

色んな本を読み漁り、外出の際には先生の手伝いをすること。

――そんな生活がいつまでも続いてくれること。


【悩み】

先生が傘を捨ててしまうかもしれないこと。

また置き傘に戻ってしまうことへの不安。



登場作品:【12/3】 ダンゲロスSS(69)スカーレットVS如月真琴

イラスト:ジュエルセイバーFREE

作者:如月真琴

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

TOP