バケモノデイズ 外された首輪

[ファンタジー]

62

21,510

0件のファンレター

――バケモノだ


ごく普通の高校生、瀬戸川遼太郎は「バケモノ」に襲われ、クラスメイトの宍戸桐音に助けられる。無口でおとなしいだけと思っていたクラスメイトは、実はこの世の裏で跋扈する妖怪を退治する事を生業とする『呪的犯罪対策官』、通称『C3』と呼ばれる退魔師であると言う。

その日から遼太郎の「バケモノ」に狙われる日々は始まる。

桐音に命を救ってもらっている遼太郎は、彼女にもっと笑っていてほしいと望むようになる。
そのため、お節介な遼太郎は彼女に友達を作らせようと奔走する。
そのかいあって、桐音はクラスメイトの鹿島櫻子や三条光に対して少しずつ心を開いていく。

平穏に過ぎていくように思えた日常。
そのひと時はバケモノの凶刃が――へと迫った時に終わりを告げる。

そして、遼太郎は「バケモノ」の本当の正体を知る。

目次

完結 全21話

2018年09月30日 20:00 更新

登場人物

瀬戸川遼太郎


男子高校生。軽薄なところもあるが、熱い性格で困っている人間を放っておけない。

ある日、突然「バケモノ」に狙われるようになる。

宍戸桐音


女子高生。無口で眉一つ動かさない美人。

正体は『呪的犯罪対策官』、通称『C3』と呼ばれる退魔師で「バケモノ」に襲われるようになった遼太郎を守護する役目を買って出る。

鹿島櫻子


女子高生。明るい性格で抜けているようにも見えるが、人一倍周囲を見ている気遣い屋。

遼太郎を通じて、桐音と友達になろうとする。

三条光


女子高生。引っ込み思案な性格で、影が薄く、周囲に居ても気が付かれないことが多い。

櫻子と仲が良い。

高山


男子高校生。遼太郎のクラスメイトで、明るいお調子者。

サッカー部に所属していて、ガタイが良い。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

バケモノデイズ 外された首輪

雪瀬ひうろ  yukisehiuro

執筆状況
完結
エピソード
21話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
妖怪, バケモノ, ラブコメ, ボーイミーツガール, ミステリー, リデビュー小説賞, 【リデビュー小説賞】
総文字数
92,154文字
公開日
2018年09月16日 11:05
最終更新日
2018年09月30日 20:00
ファンレター数
0