月のダイヤモンド

[ファンタジー]

65

1,795

6件のファンレター

童話っぽい、ローファンタジーよりの物語のつもりです。
個人的には滅多に書かないジャンルなので、不慣れな点も多々あると思います。
息切れしないように、のんびりと更新していこうと思います。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

世界観が大好き

この物語の世界観が大好きです。 まるで穏やかな光の粒子が少女の上に静かに降り注いでいるような……。 最新第5話では、「今日は〇〇〇〇のミルクだよ!」の言葉が刺さりました。 第4話で、「買って来たばかりの未開封の牛乳」を開けることをためらった少女。そして第5話で明かされる、意外なミルクの調達法…… 少女が生きる現実の厳しさが、童話的なやさしい言葉遣いの中に込められていて、ぐっときてしまいます。 続きを楽しみにしています~♬

返信(1)

お久しぶりです!

少女の小さな庭の世界と物語の世界、そして現実の世界の対比に、人間社会の縮図を感じました。 たまに童話を書いておりますが、大変勉強になりました。ありがとうございます!

返信(1)

惹かれるタイトル

まず絶妙なタイトルですよね! 「月とダイヤモンド」でも、「ダイヤモンドの月」でもなく、「月のダイヤモンド」。AIには創れないタイトルだと思いました。 そして、第一回目の内容が……半径さんと同じく、もう好き確定! 最近、これほど心惹かれる連載の冒頭はありませんでした。 続きがとっても楽しみでございまうす~

返信(1)

すでに好き確定!

これは一度読んだら忘れられない一行目ですね。そして、一行目で誘い込まれ、好きになる小説。 僕と少女の関係がこれからどうなるのか? すごーく楽しみです!

返信(1)

櫟さんの新連載、新ジャンル!

私も一行目から心を掴まれました。 櫟さん、すごく素敵です。少女の置かれている境遇は厳しいけれど、優しく丁寧な文章が、物語世界を手のひらで守っているような……。 この先どうなるんだろう……胸がきゅっとします。 更新を楽しみにしていますね!

返信(1)

一行目の魔法☆

書き出しに心を掴まれました! しばらく立ち止まって、ゆっくりとあじわってから先に進みました。 これはきっと素敵な小説にちがいない… この先も楽しみにしています!

返信(1)

小説情報

月のダイヤモンド

櫟 茉莉花  ojasminko

執筆状況
連載中
エピソード
5話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
ローファンタジー, 童話, シャム猫
総文字数
4,228文字
公開日
2024年04月13日 12:41
最終更新日
2024年05月03日 07:38
ファンレター数
6