短編集 「とある風景の中で」

作者 NOZARASI

[その他]

2

1,365

0件のファンレター

 日常の中の風景とその断片。
 先ずは、「水面の浮子」からスタートですが……。
(一)「水面の浮子」
 仕事途中の車を川の岸辺に停め、お昼の弁当。目の前の河原に魚を釣る独りの老人の姿。ふと思い出したのは、幼き頃の故郷のあのお爺ちゃん……。
(二)「神々の祭り」
 山登りの途中、中継地として立ち寄った山奥の村でテントを張ろうとしていると、一人の老人に、自宅に泊まるように誘われた。
 今夜は神社の夜祭だという。が、この村には三人しか住んでいないらしい。が、祭囃子も賑やかに……。
(三)「故郷」
 遠い記憶の中に確かに在るであろう風景に行き当たらないもどかしさ。十数年ぶりに歩いたその風景の中で……。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

短編集 「とある風景の中で」

NOZARASI  330521

執筆状況
連載中
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
短編, 水面の浮子, とある風家の中で, 神々の祭り, ふるさと
総文字数
13,135文字
公開日
2019年01月11日 08:54
最終更新日
2020年04月11日 10:52
ファンレター数
0