(ID:spi_MIKKE)

作品数12
総合評価数83
総合PV数9,399

作者ブックマーク

spi_MIKKEさんのプロフィール

色んなジャンルの作品を書いていきたいと思っています。
感想頂けるとすごくうれしいです。
よろしくお願いします!

spi_MIKKEさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    在りし夏の日

    ノンフィクション

    • 6

    • 210

    • 1

  • 一般小説

    ハニワ日和

    学園・青春

    • 5

    • 167

    • 0

  • 一般小説

    ある忍の見る夢

    学園・青春

    • 4

    • 3,135

    • 0

  • 一般小説

    お返し

    現代ドラマ・社会派

    • 9

    • 555

    • 1

  • 一般小説

    雪の熱

    その他

    • 10

    • 998

    • 3

  • 一般小説

    誤用あらため

    現代ドラマ・社会派

    • 7

    • 295

    • 0

  • 一般小説

    星のあと

    SF

    • 4

    • 918

    • 0

  • 一般小説

    別れの初日の出

    SF

    • 6

    • 429

    • 1

  • 一般小説

    ニートのお正月

    現代ドラマ・社会派

    • 7

    • 628

    • 1

  • 一般小説

    想像妊娠をやめたかった男

    現代ドラマ・社会派

    • 9

    • 557

    • 1

spi_MIKKEさんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 記憶は…。

    記憶は風化したり他の経験などに埋れてゆくモノですね。

  • 笑えて、ほっこりしました

    spi_MIKKE様の作品の中で、かなり好きな1作です。 まず興味をひかれたのはタイトルでした。読み始めると、インパクトの強さを裏切らない冒頭があり、作品に引き込まれます。 占い師との会話や、主人公の奔走ぶりが面白くて、何度もクスっと来ました。 そして、それだけでは終わらない後半部分がとても好きです。主人公の特性ならではの展開に、「なるほど、そう来るのか!!」と感動しました。 特にグッと来たのは、結末です。最初と最後でこうも見え方が変わるのか――と、思わず目頭が熱くなりました。コ ... 続きを見る

  • 温かい。

    短いながらも心が温かくなる作品でした。

  • 雪のように冷たくても。

    自分も冬の世界がテーマの作品を執筆したことがあるので読ませていただきました。 冷たい存在であるからこそ、熱が尊く大切なものである。という事を教えて頂きました。

  • 結末の意味は

    あの結末にどんな意味が込められているのか、非常に興味深いです。 女は嬉しく思っていたのではないかと察しますが、見ている側からすると、どうしても切なさややるせなさを感じてしまいます。 果たしてあの女が生まれたことにどんな意味があったのか、という点についても、考える余地があり、楽しかったです。 そして、男の方がどんな感情を抱いていたのかも気になりました。 鉱物学を修めているという彼の人柄が、ラストの描写によって浮かび上がってきたように思われます。人間味を帯びて感じられたというか、女の ... 続きを見る

  • 熱を奪う、これが本作のキーワードですね

    雪山に住む1人の女と、年に一度訪れる男の話。静かな描写と音すら消してしまう雪山の様子が目に浮かぶようです。読んだ感想としては、これはある種のラブストーリーのようにも思えました。また、寄らせて頂きます。ありがとうございます

  • 不思議な体験。

    全ては真実だと思っていた主人公の空想だったのかもしれませんね。

  • 始まりは温かいとは限らない。

     初詣から波乱の展開ですね。でも一年の始まりが激しい物であれば、乗り越えて見せようという気分にさせれくれます。たわんでいた自分が波打つことで再び張り詰める。そういう心構えを教えてくれる作品でした。

  • 自分についた嘘を捨てる時。

     何かに挫折してしまうと、自分にも嘘をついてそれを真実にしてしまう。だがそれを捨ててまっさらな自分に戻るのは、以外にも単純なきっかけである。  かつての自分の身分と言う偽りの本質を捨てて、現在の自分に戻るという実存主義的なものを感じました。