何が、彼女を殺したか

作者 黒澤伊織

[現代ドラマ・社会派]

54

645

2件のファンレター

  25年前。ある一人の女の子が、殺された。犯人の大学生(当時)は捕まり、無期懲役となり刑務所で服役した。
  それから25年。殺された女の子の遺族たちは、それぞれの道を歩んでいた。犯人への復讐を目指す父親。犯人を赦し愛することにした母親。そして、道が見つからずにもがき苦しんでいた、女の子の姉。
  犯人の男が仮釈放されたことをきっかけに、3人の遺族の人生が動き出す。「死刑」とは何か、「更生」とは何かを問いかける長編小説。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ayachan様、ありがとうございました

ご感想ありがとうございました。ノンフィクションではないですよね・・・との言葉、それだけリアリティを感じ取っていただけたのだと思い、自信になりました。 執筆にあたり、死刑制度や裁判制度については、かなり調べたので、そこら辺のリアリティは出せたと思います。あ、もちろんフィクションです。読むのに、かなり、気持ちの面で、エネルギーがいる作品だと思うのですが、読了していただき光栄です! ファンレター、ありがとうございました。

罪深い偽善者

こうした作品はあまり得意ではないのですが、引き込まれてしまいました。昔、恩師が、「ものには必ず裏表がある。さらに表がいつも光の当たる場所とは限らない」と言ったことがあます。正直に言いますと、意味がよくわからなかったのです。でも、この小説をよんで、ようやくその意味が分かったような気がします。 それに、この物語は、ノンフィクションではないですよね……? また、他の作品も読ませていただきますが、とても続けて読み進めるだけのパワーはないです。でも、皆さんにはお勧めしたい物語です。

小説情報

何が、彼女を殺したか

黒澤伊織  yamanoneko

執筆状況
完結
エピソード
15話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
純文学, 長編, 死刑, 群像劇, 犯罪, 刑務所, 復讐, 現代, 殺人, ミステリー
総文字数
127,843文字
公開日
2020年07月25日 19:52
最終更新日
2020年08月02日 11:45
ファンレター数
2