一般小説作品詳細

~どんな神にもお前は救えないってさ~魔多利商店街@心響

10|ファンタジー|連載中|11話|15,977文字

767 views

あらすじ
普段そんな信仰心なんかない癖に
人間ってなにか困ると(いや、困ってなくても)とりあえず“神頼み”ってやつをするよね。

「どーせ神様なんか聴いてないし」って思って
でも「もしかしたら」と期待を込めて
とりあえず願い事をするんだろう?

神様が直接的に人間の前に姿を見せることはなかなかない

でも、神意を代行して現世と接触する者と考えられている特定の動物の存在は知っているでしょう?
稲荷の狐とか奈良の鹿とか有名だよね?
神の使いとか御先(みさき)とかいう動物。
鳥類、爬虫類、昆虫類、想像上の生き物まで
人間はその存在自体を何らかの霊的な存在と考えたりしている。

その神様に使える者たちは神様に指示されたモノを人間に与える
それは決して願えばなんでも叶えてくれるという簡単なものではない。
でも確かに…それを手に入れた人間は大きな変化を授かる。

魔多羅(またら)神という神様の社がある場所には
御先が運営するお店が並ぶ【魔多利(またり)商店街】がある。
神様に何かを願った人間に“気付き”を与える材料を売買している。

残念ながら人間は直接その商店街へ買い物は行けない。
そして、その与えられたモノに気が付く事も有効に使えるかどうかも
それはまた別の話になるんだけどね。

マグネットで執筆先行公開中
https://m.magnetnovels.com/novels/57481

もくじ

登場人物紹介

大(だい) / 御先


魔多利商店街と魔多羅神社そして人間界を行き来できる。

魔多羅神社にお参りに来た人間の願い事の本質を聴きわけ魔多羅さまに伝える。


直属は大黒様。

鼠の姿の時はハツカネズミ。


人型の精霊の時の髪色に反映されている為白髪。

鼠の本能的に節操はないタイプ。

しかし、玄(しずか)とは同種でありなが仕事仲間のラインはまだ越えていないプラトニックな関係。


玄(しずか)/御先


大(だい)と同じく直属は大黒様。

魔多利商店街と魔多羅神社、人間界を行き来できる。

お参りに来た人間の本質や過去をみて願い事を見極め魔多羅さまに伝える。


鼠の時は黒鼠

精霊の時は黒髪、赤目。

節操はないタイプだが大(だい)には興味はわかない為、今のところお互いに仕事に支障はない。


伯奇(はくき)/御先


魔多利商店街の夢屋


人間が眠っている間に見る夢をコントロールしてお告げを伝える


悪夢を奪い安らぎを与える一方で

伯奇に悪夢を見せられた人間はほぼ抜け出せない。


新月の夜に伯奇に悪夢を見せられた人間は、満月までに抜け出せないと

現実との区別がつかなくなり精神が崩壊する。

崩壊した魂は伯奇が喰らう。

使い捨ての白い手袋を欠かせない様子に潔癖症を疑われているが

それは仕事に対する完璧主義であり慎重派の姿勢の現れである。


獏(ばく)/見習い


見た目はマレーバク。


二足歩行でき人間の言葉も話せるが、夢喰いとしてはまだ見習い

故に人型の精霊姿はまだ無理。


夢屋で雑務をこなしながら修行中。


伯奇が時々くれる不必要になった夢玉は

毎日頑張っている自分へのご褒美なので

大切に時間をかけて喰らう。


白兎(はくと)/御先


魔多利商店街の薬屋


普段は月に住んでいるため

新月にやって来て満月には月に帰る。


人型の精霊の姿の時もウサ耳だけは消さない。(消せないわけではない)

フードをかぶると両耳が折れてなおり難いのが悩み。


レシピは門外不出なので

魔多利商店街には月で調合済みのものを持ってくる。

(薬のブレンドは魔多利商店街でも可能。)

その場でブレンドするセンスと能力は月の兎でトップクラス。



蛟(みずち)/御先


姿が変態する竜の一種、まだ幼生。

由緒正しき水神の系統。


人型のときの姿は小さな少年。


感情のコントロールが難しくなると(特に怒り)鱗が現れ、人の姿は維持が難しくなる。


家守(やもり)/執事


絶対服従で蛟の家系の水神を代々護ってきた。

現在は蛟(みずち)の教育係であり身の回りの世話から護衛まで任されている専属の執事。

百足(むかで)/御先


夢をコントロールしてお告げを伝える。


「良い夢を正夢にする」ことで人間の願いを叶えるというのが夢喰いの伯奇とは大きく違う点。


悪夢を喰らう獏と良い夢を正夢にする百足は七福神の宝船の帆に描かれている事もある様に

魔多利商店街の

伯奇と百足が組んで動く事も多い。


小説情報

~どんな神にもお前は救えないってさ~魔多利商店街@心響

魔多利商工労働部  mataridou

執筆状況
連載中
エピソード
11話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
総文字数
15,977文字
公開日
2019年05月22日 00:57
最終更新日
2019年05月24日 23:00
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

魔多利商工労働部  mataridou

テーマや世界観を共有しアクセサリー、雑貨、イラスト、物語、占いetc.イベントカフェ等で活動中のクリエーター集団“まったり堂”

魔多利商工労働部は
世界観を物語にした魔多利商店街の本編と
外伝物語を描く物書き達のグループ名称です。

••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼
作品×作家

魔多利商店街@心響
魔多利交差点@ハルトマン

Twitter
まったり堂 @matarishin

この作者の他の作品

小説

10|ファンタジー|連載中|11話|15,977文字

2019年05月24日 23:00 更新

あらすじ 普段そんな信仰心なんかない癖に 人間ってなにか困ると(いや、困ってなくても)とりあえず“神頼み”ってやつをするよね。 「どーせ神様なんか聴いてないし」って思って でも「もしかしたら」と期待を込めて...

小説

6|ファンタジー|連載中|1話|2,758文字

2019年05月21日 18:18 更新

TOP