忍夜鯉曲者(しのびよるこいはくせもの)

[ファンタジー]

25

217

3件のファンレター

 滝江はふつーの勉強嫌いな女子高校生。しかし、ある夜彼女を思いもよらない怪異が襲う。
平将門の娘「滝夜叉姫」の生まれ変わりとして覚醒した滝江は、お供の妖蝦蟇とともに迎えうつが……。
 歌舞伎の「忍夜恋曲者」から妄想したコメディ・ファンタジーです。
 5/5 季節ものとして載せてみました。

目次

完結 全3話

2021年05月05日 05:00 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

面白かったです!

めくるめく展開に心躍らせて読みました。ドーナツ状になって飛んでいく真鯉の姿など、映像として浮かんだものがいろいろ。ほんと、不二原さんの作品は面白い! 私も歌舞伎にはあまり詳しくないのですが、滝夜叉姫の方があやかしで、色っぽい踊りをするという感じですか? スペクタクルな舞台芸術、コロナ禍に負けずに再開して欲しいものですね。

返信(1)

とっても楽しい!

不二原ワールド全開って感じで、存分に楽しませていただきました! 高貴な血を引きながら、勉強嫌いの滝江ちゃん可愛い! あと、かっこよく登場するわりには役に立たない妖蝦蟇も大好きです。四六の蝦蟇の油売りネタでピンチになるところとか最高! 歌舞伎の演目とか江戸時代の文芸とかの、タイトルはもっともらしい漢字(漢文もどき)になっているのに、ルビは思い切り俗っぽい内容にするやり方って、江戸時代人のセンスを良さを感じさせますよね。それにしても元ネタの「忍夜●曲者」が「鯉曲者」になっちゃうなんて、さすが「 ... 続きを見る

返信(1)

GWのプレゼント

ボケも突っ込みも両方こなす、主人公のおとぼけ振りが可愛い!怪異もお供も脱力系というのが新鮮で好きです。後編に登場した緋鯉の口上が滑らかですごく気持ちよくて、掛け合いの呼吸と人情味が不二原さんの真骨頂ですね。ラスト、「おお~」と思わず声が。(笑) 私は相変わらずの無知で元の歌舞伎『忍夜恋曲者』を知らないのですが、とても楽しめました。面白かったです。(*^-^*)

返信(1)

小説情報

忍夜鯉曲者(しのびよるこいはくせもの)

不二原 光菓  Mika-Hujiwara

執筆状況
完結
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
滝夜叉姫, 鯉のぼり, 四六の蝦蟇, 平将門, コメディ
総文字数
7,010文字
公開日
2021年05月05日 01:07
最終更新日
2021年05月05日 05:00
ファンレター数
3