作品数22
総合評価数1,590
総合PV数354,944

作者ブックマーク

naka-motooさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    せっちゃん‘s・ダイナー

    恋愛・ラブコメ

    • 42

    • 5,067

    • 1

  • 一般小説

    銃とわたし

    現代ドラマ・社会派

    • 25

    • 2,975

    • 0

  • 一般小説

    おなかがすいたよ

    現代ドラマ・社会派

    • 18

    • 862

    • 2

  • 一般小説

    日月(にちげつ)の交わり

    ホラー

    • 80

    • 24,990

    • 0

  • 一般小説

    ブルー・ギター

    現代ドラマ・社会派

    • 19

    • 2,676

    • 1

  • 一般小説

    反るぐらい真っ直ぐ

    恋愛・ラブコメ

    • 390

    • 91,228

    • 0

  • 一般小説

    ゆかりフォーメーション

    学園・青春

    • 139

    • 12,176

    • 5

  • 一般小説

    悪逆女王

    現代アクション

    • 72

    • 24,873

    • 0

  • 一般小説

    Born Runner Female

    ファンタジー

    • 37

    • 4,730

    • 0

  • 一般小説

    ある少女のブログ

    恋愛・ラブコメ

    • 124

    • 17,820

    • 1

naka-motooさんのアトリエ作品をもっと見る

ファンレター

  • バドミントンの長編!

    naka-motooさん、こんにちは。「ゆかりフォーメーション」、最後まで拝読しました。 以前、いじめに関するnaka-motooさんの作品を拝読して、明るい方向へ向かう力のようなものを感じたのですが、 こちらの作品も同じ流れを感じます。 「いじめ」ではないからかもしれませんが、現実を受け入れて(自己を肯定しながら)先へと向かう。これがより濃いですね。 おそらく多くの先人が、意識・無意識にかかわらずやってきたこと。 ですが、その場その場ではなかなか分からない。 そこでふと感じ、考 ... 続きを見る

  • 楽しい~~。

     三話とも、ほのぼの、そしてわちゃわちゃした感じでとっても楽しく読ませていただきました。文章のテンポとか、主人公(?)の気風の良さが小気味よく、あれよあれよという間にストーリーの中に入り込んでしまいました。ここに集まる人たちは皆良い人ばかりで救われます。2話のクルトンちゃんのお友達もどうか救われますように。(ああいう態度の子はむしろその子に処理できない悲しみがあるような気がして……)ぼーっとしているようで、どこかしっかりしていて、やっぱり抜けているボンちゃんのキャラが大好きです。(いや~、しでか ... 続きを見る

  • 術中にはまる

    子供の話を読んでいて心が痛みましたが、完全に術中にはまってしまったのでしょう。 面白かったです。

  • 面白かった

    躍動感があって、引き込まれます。おじさん世代としては、活躍するおじさんが嬉しかったです。

  • 手に汗握る最後の試合!

     「闘いの国へ」もうどんどん読み進めたいところを、もったいなくて無理矢理43話で一旦読むのを止めました。止めて良かった、44話からの大興奮をまた新鮮な頭で満喫することができました。なんと言えばいいのか、スポーツを文字で読んでこんなに興奮するなんて。描ききる筆力に感動です。多分、絵とか動画だと作戦の面白さとかその時々の彼らの心情、一瞬一瞬のきらめきをこんなにゆっくりと噛みしめるように味わえなかった――気がします。その上、緩急の付いたスピード感はガンガン伝わってきて、とんでもない角度からシャトルが弾 ... 続きを見る

  • それでも、光を。。

    ファンレター失礼します。貴作、三点とも重く心に残りました。なぜ? すべて、今、現実に起きている社会現象だからかと。。 国内、国外を問わず、人間の顔をした野獣が檻から放たれております。ただ、檻の鍵は誰が壊したのか?? 人間の獣性を鎮めることができるのは銃ではなく、やはり身近なところに差す光なのだろうと思います。貴作の的を射てなければお許しください。ありがとうございました。

  • 体育祭と侮るなかれ!!!

    合波高校体育祭、おーーーーもしろかったです。手に汗握るバトミントンの大会からちょっと一息の体育祭編かな、と思っていたら、これがもう面白いのなんのって、日奈カッコいい! 大興奮です。そして、騎馬戦しかり、リレーしかり、目の前で手の伸びてくるのが見える、ぐらりとする騎馬が見える、走者の息遣いが聞こえる、描写がすごかった。それぞれのキャラクターの背景も描かれていて、もう誰を応援していいやら迷いました。ああ、文章のスピード感に乗せられて一気に読んでしまいました。これからまたバトミントンの世界に戻るのでし ... 続きを見る

  • 迫力満点。まるで目の前で試合を見ているみたいです!

     初めまして、こんにちは。「I 闘うふたり」まで読ませていただきました。バトミントンの試合をテレビで見ることはありますが、正直早すぎて思考が追いつかず、今まで単にすごいなあ~、で終わってしまっていました。貴作を読ませていただき、目の前で見ているかのような描写とともに、一つ一つのプレーの意味や、技、駆け引きが説明されており、試合の面白さが伝わってきました。メンタルの部分も、なるほどなあと思いました。臨場感や迫力が半端なかったです。キャラクターも目の前にその人が居るかのような錯覚を覚えるほどでした。 ... 続きを見る

  • 無理せず、前向き

    ファンレターを失礼いたします。「ある少女のブログ」を拝読しました。 なかなか重いテーマですが、文章がやわらかいので肩の力を抜いて読み進むことができました。 その分、余韻と言いますか、じわじわと感じ入るものがあります。 アルジョさんもノネちゃんも、通り抜けた感があるからだと思うのですが、本当に無理せず前向きに思えます。 落ち込んで、辛かった過去があったからこそ、ということにはなるのでしょうが、 そういう心境、態度になれたらいいなあ、と。 もちろんそこまで追い込まれる必要が、そもそもない ... 続きを見る

  • 蘇れ、ブラックサバス!

    さすがリュウケンさんのイラストも凄いけど、メタルに乗ったメッセージがビリビリと肌に突き刺さってきました。これも、本物ですね!