作品数61
総合評価数1,045
総合PV数67,299

作者ブックマーク

夕記 すいさんのプロフィール

シンプル、ストレート、わかりやすいものが好きです。
1日1文書いたり読んだりしたいです☆ミ
yuuki・sui

夕記 すいさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    隣の救世主

    その他

    • 7

    • 48

    • 1

  • 一般小説

    全部全部、満月のせいだから

    その他

    • 15

    • 328

    • 1

  • 一般小説

    小鳩の現実逃避記

    その他

    • 16

    • 433

    • 2

  • 一般小説

    月が綺麗なんて言ってはいけない

    その他

    • 18

    • 625

    • 2

  • 一般小説

    メッセージ

    その他

    • 18

    • 376

    • 1

  • 一般小説

    二人でひとつ、だからね

    その他

    • 15

    • 350

    • 0

  • 一般小説

    mixシュート2

    その他

    • 19

    • 835

    • 2

  • 一般小説

    あの月は魔法をかけたのか

    その他

    • 12

    • 202

    • 1

  • 一般小説

    怪獣と私の1日

    その他

    • 11

    • 255

    • 1

  • 一般小説

    マモル

    その他

    • 6

    • 194

    • 0

夕記 すいさんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 今日はこちらに

    夕記さん、おはようございます! まだ「メル友」の余韻が…。やばいです、笑。 過敏ではなく繊細で、との返信の返信、そうだなぁ、まさに、と実感、同感しています。 たしかにドスさんは読みづらい面があるけど、「カラマーゾフ」なんかハマると最高の面もありますよ。大江健三郎は定期的にドスさんの本を読み返して、そのたびに新しい発見がある、とか。 ところでこちらの夕記さんの作品、おとなしめですけど、僕は好きな作品です。特に小林さんが。 自分は小林さんほど綺麗でなくて、ちょっと邪心も持ってしまい ... 続きを見る

  • 読ませる作品

    むかーし、携帯電話(!)に無料の出会い系みたいなのがあって、ウキウキと、でもまじめに「出会いたがってる」ひとにメールしてた時期がありました。 この作品を読んでいて、あの頃の自分がリアルに思い出され、スーッと読み続け。 意外な結末でしたが、せつなさが残る、いい作品だなぁ(僕にとって)と思いました。 山田タロウさん… 知り合いに、山田ゴロウさんという人がいます、どうでもいいですが、笑。 「自己完結」「優しさ」のこと… だいじなキーワードが沁みます。 良きです!

  • 6まで拝読しました。

    夕記さん、こんばんは。 小学校時代と大学生の今をつなぐストーリーですね。 設定からすでに「いいなー、こういうの!」と自分に起きなかった物語を空想します(笑)。 1の最後に使う「引かれる」という単語、読みようによっては「魅かれる」の意味に思えてしまいます。 そういう解釈をさせてしまう日本語が、僕は好きです。 有り難うございました。期待して続きを待ちます!

  • 狙われた女…

    連投ごめんなさい、創作のお邪魔にならなければいいのですが、ああ、このお話、と思い、レターを。 「あの月が魔法を…」を読んだ後、きょうだいって、何か通じ合うものがあるんだよな、でも女と男のきょうだいではまた全然違うんだろうなと考えたりしました。 それはそれとして、しかしこの「狙われた…」はミステリーですね。 いわゆるナンパならどうでもいいけど、「どうしてですか!?」の女の子はかなり怖いです。 こういう経験はないので、どういったらいいのか分かりませんが、その後も堂々と夕記さん、妙なトラウ ... 続きを見る

  • 「怪獣と私の1日」と一緒に

    こちらは、あの作品のタケル君側からのものですね。 自分にも15歳上の兄がいるので、年の離れた「ねーちゃん」に対する気持ち、懐かしいような気持ちで読みました。 「怪獣…」、あのタイトルを見た時、赤ちゃんとの格闘記かなと想像しましたが、もっと大きな怪獣でした、笑。 同じ親から生まれても、きょうだいで全然性格が違ったりして、やっぱり生来の性質ってあるんだろうなと思います。 うちの場合、ぼくがタケル君ぐらいの時、兄と一緒に電車でどっかへ出掛け、兄は帰宅後「人さらいと間違えられませんでした ... 続きを見る

  • 「受賞しました」を読んで

    ああ、やっぱり「才」のあるかただったんだ、と確認、よかった、よかったと思い、よかったと思うならレター書けよ、と天の声(?笑)をきき、レターを書いています。 ほんとによかったですね、他の作品…記事?を読むにつけ、なんだか狂ってる?みたいなこと書かれていましたが、世の中、狂ったもん勝ちだと思います。(べつに、勝ったも負けたも、どうでもいいのですが) これからも、狂って下さい(笑)、いやいや、ほんとにおめでとうございました、だいぶ時間も経ってしまいましたが、またいろいろ、読ませていただきます!

  • よかった。

    何の違和感もなく、三枚の写真とともに最後まですんなり読めました。 こういう、じんわり来る、軽いタッチで、でもチャンと重いような、うん、うまく表現できませんが、心にスッと入ってきて着地するような小説、僕は好きです。 困るのは、この入ってきた感じ、読んでよかった、よかったです、ということを伝えたい時に、さてどう言葉にしたらいいのか、という…。 でもやっぱり、よかったです!

  • 近くにいて欲しい二人

    夕記 すいさん、こんにちは。続けてレター失礼します。 このお話も素敵でした。近くにこの二人がいないかな~、なんて思っちゃいます。 先程ご返信いただいたお言葉の中に「狂ったお話が多め…」とあったのでこちらにもお邪魔しちゃいました。 でも、狂ったお話も面白く読ませていただいてますよ。 鳩さんの着地点は……、私では想定出来ない思考でした。 なんて、不躾な言葉お許しください。 ありがとうございました。

  • 素敵な一日

    夕記 すいさん、はじめまして。レターを失礼します。 主人公の心の変化が読後に残るお話、笑顔で読めました。 そして再読、再読。ネタバレしないように書くのが難しい……。 なので一言だけ、最初から私はちゃんと思ってる人でした、ちょっとだけだけど。 ありがとうございました。

  • 満月教?

    夕記さん、こんばんは。「全部全部、満月のせいだから」を拝読しました。 うーん、ネタバレしないように書きにくいので、本筋には敢えて触れずに。 何かのせいにできるのって、幸せだと思います。それで納得できる人にとっては。 このお話では、納得できない人もしっかり描かれているので、読者としてはむしろ納得できます。 そして納得した貴女、怖い…… 有り難うございました。