ウィンドマスター 超甲子園伝説

作者 八田文蔵

[学園・青春]

2

516

0件のファンレター

 MAX133キロのストレートでMLBを目指す男、その名は風巻頼我(かざまき・らいが)。
彼の武器はブレーキがきいたカーブだ。風を読み、絶妙の軌道で打者を翻弄する唯一のこの武器で頼我は千葉県夏大会を見事制して甲子園出場を果たした。
 さあ、次は優勝だ。優勝すればMLBのスカウトの目にとまる。
 MLBにはあの男が待っている。いや、待ってないかもしれないが、ケンカを売りにゆくことはできる。憧れのあの男と投打の勝負を大舞台でしてみたい。頼我も二刀流でゆく。投げて打って世界の頂点を獲りにゆくのだ。
 だが、彼の行く手には甲子園の怪物たちが立ちはだかる。なかでも難敵なのは代打成功率10割を誇る日野海渡(ひの・かいと)だ。交換留学生としてアメリカはシアトルからやってきた凄腕スラッガーだ。果たして頼我は海渡を倒すことができるのだろうか?
 この物語はKAITO~一打に懸ける青春の正統続編小説である。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

ウィンドマスター 超甲子園伝説

八田文蔵  skyranbei28

執筆状況
連載中
エピソード
13話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
高校野球, 青春, 野望, 宿命
総文字数
17,493文字
公開日
2024年04月24日 18:04
最終更新日
2024年05月18日 14:28
ファンレター数
0