『「僕」と「孤独」の境界線 ―社会学カフェへようこそ―』

[現代ドラマ・社会派]

27

1,476

0件のファンレター

何気ない日常には、たくさんの息苦しさやモヤモヤが潜んでいる。
人が集うところ必ずといっていいほど生じる序列や上下関係、そしていじめ――

クラスメイトから「ぼっち」と蔑まれ孤立している「カンナギ」、眉目秀麗・文武両道の完全無欠な人気者「蓮」、スクールカースト上位であろうと必死な「愛」。

それぞれに生きづらさや孤独を抱えた3人の物語が「社会学」を通じて交差する青春群像劇。


* おまけの紹介文 会話劇ver. *

「純喫茶ルディックでは美味しいコーヒーはもちろん、紅茶などのドリンク類、軽食にもこだわりの詰まったメニューを提供させていただいております。みなさまのご来店を心よりお待ちして……」

「マスター! お願いしたのはお店じゃなくて小説の紹介だよ! えーと、ルディックでは社会学カフェを開催してるんだけど、マスターからも紹介があった通りコーヒーだけじゃなくてミルクティとかホットサンド、あとケーキ類なんかもホント美味しくて……」

「か、カンナギ! またお店の紹介になってるよ! コホン。初めまして、志之元蓮です。このお話はクラスの中で『ぼっち』と呼ばれているカンナギと、クラスの…自分で言うのは恥ずかしいんですけど……えっと『人気者』の僕が、社会学を通じて心の交流を……」

「ちょっとレンレン! 私も仲間に入れてよ〜〜〜!!!」

「わ! ごめん、久野さん! え、えーと、ルディックでは、最初僕とカンナギが社会学カフェをすることになったんですが……」

「――ふぅ。いつもはこんなわちゃわちゃしてないんだよ。社会学カフェ、よかったら君も参加してみない? ……え? 社会学を知らなくても大丈夫かって? 全然問題ないよ。誰でも楽しめる、それが社会学カフェのコンセプトだからね。君の参加を待ってるよ」

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

『「僕」と「孤独」の境界線 ―社会学カフェへようこそ―』

紫月 冴星(しづき さら)  mirusociology

執筆状況
連載中
エピソード
21話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
ヒューマンドラマ, 青春, 友情, 孤独, 社会学, 群像劇, コメディ&シリアス
総文字数
86,787文字
公開日
2024年03月29日 15:59
最終更新日
2024年05月15日 07:00
ファンレター数
0