【短編】僕は高校生 父は殺し屋

作者 401e10

[ミステリー]

7

706

0件のファンレター

ふとしたことで高校生の僕は親父が元殺し屋だったことを知ってしまった。 あの冴えない親父が。。。
どうしたらいいのだろう?困ったなぁ。

前作「妻が分からない」スピンオフ。
短編小説。
ポップな感じのお気軽ストーリー。
暇つぶしにどうぞ。

登場人物

西山涼一。高校生。

父。西山航。サラリーマン。元殺し屋で狙撃手。

田中龍。父の友人。殺し屋。

下沢鶴男。合鍵屋<鶴>のオーナー。殺しの依頼も舞い込む店。


西山桃子。母。

田崎浩一。父の幼馴染の警察官。

足立進。南を牛耳るヤクザの下っ端のチンピラ。

美咲。涼一の同級生。

山本組の組長。山本。

山本組の坂口。

直斗。龍の息子。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

【短編】僕は高校生 父は殺し屋

401e10

執筆状況
連載中
エピソード
27話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
エンターテイメント, お気軽な話, 短編小説, ショートストーリー, アクション, 殺し屋, ミステリー, 青春, 事件, 友情
総文字数
20,655文字
公開日
2024年03月08日 15:17
最終更新日
2024年07月17日 16:00
ファンレター数
0