この場所からもう一度

作者

[恋愛・ラブコメ]

70

6,727

22件のファンレター

幼馴染の芹沢兄弟
兄の洸太と弟の奏太
主人公の望月菫は、旅に出たまま帰らない恋人の奏太をずっと待っていた
連絡もないまま過ぎ行く毎日の中、兄の洸太が菫を心配する
芹沢兄弟にしか心を許すことのない菫が、同期の鈴木に少しずつ気持ちを開いていくなか
どうして奏太は帰ってこないのかと苦しむ菫
真実を知ったとき、そばにいて欲しいのは――――

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

菫の再起に乾杯

垂れこめた霧の中に閉じ込められていた霧の中から洸太や鈴木君や俊君や家族から 元気を貰ってようやく新生菫ちゃんの人生が始まりましたね。 まだ、若いから本当の人生はこれからだ。 菫ちゃんに乾杯!

離しても戻って来るのが本当の愛

とうとう洸太に宣告してしまったね。 でも、知っているかい。 本当の愛は一旦手を放しても戻って来る。

親孝行

菫が鈴木君に同情するのは女性だからやむを得ないが、少し冷静に考えると奇妙である。 父親が他界し、母一人息子一人になったら、息子は母を一人残して別居出来るものだろうか。 母親が気丈、且つ、丈夫で、私のことは心配いらないよと息子を送り出す場合は別だが。 この母親は特異な精神状態だから息子としたら実家に戻るか、自分のもとに引取るか、 鈴木君ならそういう気遣いをするべきだった。 自殺未遂までされては、親孝行な鈴木君は退社して実家に戻るしかない。 さて、菫はどうするか。

心機一転

菫が洸太に「もういいよ」と言ったのは一寸気遣いが足りない。 でも、洸太は4才年上だけに大人だね。 鈴木君の連日欠勤は異常。 普通まわりの人間はみんな事情を知っている筈。 ストーリーにリアリティが欠けるのではないか。 両親とか身内の誰かが重病らしいけど、3~4日で帰って来るなら大したことなかったのだろう。 ただ、以前、俊君が鈴木君が大変だと言っていたというのは、これも何故菫は聞き返さなかったのか。  

桜の花が春を呼ぶ

厳しい冬のあとに真っ先に咲くのは梅の花。 しかし、桜の花が咲かないと春は来ない。 鈴木君が桜の花を見せてくれて、菫ちゃんに又春が来る予感。 然し、桜の花は直ぐ散るから、物語の行く末はまだまだ分からない。

愛する資格と愛される資格

物語はいよいよ盛り上がりを見せ、それと共に筆捌きが冴えてきましたね。 洸太の愛と鈴木君の愛はどちらも美しく書けていますよ。  然し、肝心の菫ちゃんの気持はまだまだそれどころではありませんね。  此処まで来てもまだ先行きを読ませないのも上手いです。

大きな一歩

のりのりですね。 文章力は絶好調。 然し、物語の方はというと、主人公は逆行性健忘に落ちいったくらい弱い精神の持ち主の菫ちゃんですよ。相当時間をかけないと正常な状態にはならない筈。それを洸太が突然の墓参で記憶を取り戻させるという 強硬手段に出たあとでしょう。菫ちゃんの神経が再びおかしくなってもおかしくない。 にも拘らず、俊君と鈴木君に全部話して酔いつぶれるという物語は理解に苦しむところ。

菫の行方

何故洸太はこのタイミングで菫を奏太のお墓に連れて行ったのかは良く分からないまま。 大きなショックを受けて記憶に蓋をしてしまった菫だが、もう3年も経過し、 菫の体力がついていて、大丈夫だろうと考えたのだろうね。 菫が俊君の料理が食べられるJAZZ BARに行こうと考えたのは、矢張り自力で踏み出して 行く力を持っている証拠だから、菫ちゃんは大丈夫だね。 鈴木君が可哀そうだけど、事情が分れば彼も自分の進むべき道をみつけるのだろうか。

怪談

嫌なことを忘れることはよくあるし、「記憶にありません」という話もたまに聞くが、 奏太が飛行機事故で死んだ記憶が全然無いという菫の記憶障害は信じられない話だ。 「逆行性健忘」というらしいが、テレビドラマには登場するから本当にあるのだろう。 然し、周りの人たちは分かっていて、専門の医師に相談をしなかったのが不思議。 悲しい記憶だから、無理に思い出させることもないと考えたのだろうか。 だとすれば、今、何故洸太は菫を奏太のお墓に連れて行ったのか。 以上、理屈はそうなのだが、菫の哀しむ様の描写 ... 続きを見る

謎の半分が解けたが

奏太がもうこの世にはいないのは予想していたから「やはりね」という感じ。 でも、菫がその飛行機事故の記憶を失った経緯が謎。 ひょっとして、現代的では無いが、菫は後追い心中を図ったのか。 相変わらず、ミステリー・タッチが続く模様だが、エンディングの 予想は言わぬが花か。

小説情報

この場所からもう一度

  hiiragi9

執筆状況
完結
エピソード
26話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
恋愛, シリアス, 一方通行, 現代ドラマ, 幼馴染, 家族
総文字数
135,231文字
公開日
2019年06月13日 16:12
最終更新日
2019年08月23日 16:00
ファンレター数
22