作品数2
総合評価数13,473
総合PV数201,178

作者ブックマーク

時野みゆさんのプロフィール

こんにちは、時野みゆです。

昔々、まだラノベなんて言葉がなかった頃、別ペンネームでコバルト文庫で少女小説を書いてました。

モットーは「いくつになっても心は乙女」
よろしくお願いします(^^♪

時野みゆさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    羅紗情歌―遠き異国に分かつとも―

    歴史

    • 3,410

    • 56,523

    • 42

  • 一般小説

    鬼哭く里の純恋歌―天女と龍の系譜―

    歴史

    • 10,063

    • 144,655

    • 35

時野みゆさんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2020年 01月21日|コメント(1)

2020年 01月13日|コメント(0)

2020年 01月06日|コメント(0)

2019年 12月30日|コメント(0)

2019年 12月26日|コメント(0)

2019年 11月26日|コメント(0)

2019年 11月07日|コメント(0)

2019年 11月05日|コメント(0)

ファンレター

  • コメントありがとうございました

    時野みゆ様。先日は拙作のコメ欄に、コメントありがとうございました。じつはこっそり…というわけでもないのですが、当方も以前からちょこちょこ拝読させて頂きにきておりました。まだまだ連載には追いつけておりませんが、歴史ものを抵抗なく読ませるやわらかくてやさしい文体とたしかな見識に、いつも舌を巻いております。これは余談になってしまいますが、当方はスマホで読むときは紙のときの習慣で縦読み設定にしているのですが、みゆさんの作品は縦読みだとより一層に味わい深くなると思います。隠居なんてとんでもない、紙の本でも ... 続きを見る

  • そうだった

    隼人や藤音の事ばかり心配していたが伊織もいたのだ! そして蘇芳は? 倭国はどうなる? ますます目が離せない。

  • どうやって脱出するか

    隼人はどうやって故国へ戻るか、待ちわびる藤音は、倭国はどうなっている、知りたい事が山ほどあり終わってしまうのが名残惜しい物語です。 最後までハラハラ・ドキドキさせて下さい。

  • さすが

    豪気な乳母如月、女の中の女‼️ 胸がすく思い。

  • もしや……

    隼人の居ない城では後継者選び。どうなってしまうのかハラハラしたが起死回生とは正にこの事。でかした藤音、さすが時野みゆ。これで安心して正月が迎えられます。いや、やはり安心出来ない。隼人が心配だ。 追伸、時野さん同様新しい画面に慣れてないMaroです。 令和二年が時野さんにとって素晴らしい年となりますように。

  • >tieriaさん

    コメントありがとうございます。いつの間にかリニューアルされていて驚きましたΣ(・□・;) 阿梨は作者もお気に入りキャラです。隼人と藤音の再会はラストまでのお楽しみといったところでしょうか。

  • リニューアル

    サイトがリニューアルされましたね!表紙イラストが前面に出て綺麗です。 隼人と藤音はいつ再会できるのかな。新キャラの阿梨も気になるところです。

  • 一安心

    生きていると分かっていてもやきもきする。しかも安心出来ない❗隼人の身は阿梨の手中、累卵の如くあやゆい命となれば、読者は目が離せない。加えて国で待つ藤音、桜花と伊織のことも気になる贅沢な小説だあぁー。

  • つらいねえ。

    このように愛されることは男冥利につきる。

  • つらい

    大将を敵国に残しての帰国。伊織の気持ちは察して余りある。