上海ベイを渡る風 ─魔都と呼ばれた街で─

作者 時野みゆ

[歴史]

291

22,938

16件のファンレター

 1930年代、上海。日本での窮屈な暮らしを逃れ、歌手をめざしてやって来た唯音は、謎めいた中国人の青年リュウと出会う。
 国を越えて惹かれあう心。しかし時代の動乱は二人の恋をも押し流していく……。

 洗練と悪徳。自由と弾圧。愛と裏切り。かつて東洋の魔都と呼ばれた上海を舞台にしたヒストリカル・ロマンス。オールド上海の雰囲気を楽しんでいただけたら幸いです。

 表紙、登場人物紹介、本文のイラスト&写真はフリー素材からお借りしています。著作権などの問題があった場合、すみやかに削除させていただきます。

ファンレター

14話 武官までご拝読しました。

唯音は、やっぱりおとうさまと父親のことを言っていました。今はまだ謎ですが、いいとこのお嬢様なのですね。

歌が上手いお嬢様で、ナイトクラブで自立しようとするとは、立派な人ですね。

こちらの作品は二つ同時進行で、すみません汗 なんだか二つもアイデアが浮かんでしまい汗 相変わらず亀更新ですので、私のことはお気になさらないでくださいませー笑

ナイトクラブでウィスキーソーダを飲みながら唯音の歌が聞こえるのは、なんだか贅沢ですね。羨ましいですー☆

返信(0)

返信はありません