Ai needs Yu(アイ・ニーズ・ユー)

作者 加藤猿実

5年後の夏、首都圏全域に再び非常事態が宣言された。そんな環境下、大学院生の僕=悠(Yu)はギターの弾き語り動画をインターネットで公開する。そして、訪れたオープンチャットで愛(Ai)に出会い、やがて二人は恋におちる。しかし、悠は想像もしなかった形で愛に出逢った。悠がそこで見たものは? ロボット工学を専攻する悠は幾つかの仮説を立てる。その中に真実はあるのか?
SF+ミステリー+恋愛+家族のドラマに、音楽や映画の話題をちりばめて、今までのAIやアンドロイドの話とは少し違う世界を描いてみました。
是非最後までお読みください。

【骨太小説】コンテスト後に改編版として加筆した内容を反映させ、5月に公開したオリジナルより2話増やした形で7/27にリニューアルしました。以前に読んでくださった方も、よろしければあらためて読んでみてください。

なお、物語の中で登場する「ヒューマノドロイド(Human o'droid)」はこの小説のために作った造語ですが、「不気味の谷 (uncanny valley) 」はロボット工学者の森政弘先生(森谷正弘じゃありません)のちゃんとした理論です。

Photo by Dan Hodgkins on Unsplash

ファンレター

今更ながら読ませて頂きました

自分も骨太でコロナ禍をネタにしたので、メタ的な感想になってしまいますが、
コロナ禍という世界設定自体をどんでん返しの大トリックに使うと、そう来たか!
と評価がもっと上がったかなと思います。
これは私の作品ではないのですが、震災後の被災地を舞台にした作品で、この世界が現実世界だと信じ込ませて
最後にこの世界は仮想世界であったというオチの作品がありました。
ネタの出し惜しみをせずに一作品でやりきることが重要かと思います。
ちょっと書き手目線で辛口になってしまいましたが、《やりきる》ことは本当に大切なことなので、次回作に期待しています。