懸念材料

[恋愛・ラブコメ]

45

2,817

6件のファンレター

銀行に勤める木崎玲奈(27歳)は、真面目で堅物。男性とつき合ったことがない。
「なずな弁当」開業の審査担当となり……
日常に起きるミラクル。
(お仕事編と恋愛編の二本立て)

目次

完結 全2話

2023年07月28日 07:20 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

すみません。

慌てて、誤字のまま送ってしまいました。申し訳ございません。捨て奇異→素敵です。私のパソコン、なんてひどい変換を…。(こら!パソコンのせいにするな!)本当にすみません。

返信(2)

こちらも素敵!!

先に「スピンオフ」を読ませていただいてから、こちらに来ました。心の温まる捨て奇異な作品が読めてうれしいです。ありがとうございました。

返信(1)

木崎さん

佐久田さん、こんばんは。銀行ネタなので飛んできました。 人柄や向上心というのが、やはりあるのでしょうが…… 八代的にはまず、「うげえ、どこから借りれたんだ!?」ですかね。 それから「なんでうちに相談してくれなかったんだ……」 「やっぱ断るだけでなく、アドバイスから具体的に寄り添って一緒に成長しないと」と 段々変化するような、そんな印象です。そして、もう銀行辞めちゃる!―(笑)。 独り言です。流してください。 面白かったです。有り難うございました。

返信(3)

甘く、ほどける

「ルピナスの丘システム」の進化形でしょうか。(わくわく) 前半のシリアスで誠実なお仕事ぶりと、そこから繋がっていく後半の意外な展開、とても面白かったです! ご縁や、ものごとのタイミングって、ありますよね。 「あんまり暑苦しくするな」というノウハウ、わかりみが深いです〜。桐乃はいい歳してコミュ障なので、お店ではドライに接してもらったほうが通いやすいと思ってしまう人間のひとりです(^^ゞ お弁当おいしそうですし、「先生」とのやりとりや緩やかに変化していく関係性にドキドキ。あ~! わたしの ... 続きを見る

返信(1)

外はサクサク、中身はジューシーな作品

「お仕事編」「恋愛編」にパートがわかれていて、最初にがっつりお仕事小説をして、それから恋愛編に移るの、佐久田さんらしい展開でありつつ、でも、飽きさせない。確かな歯応えがある。ちゃんとよく噛んで食べたい。そう、そんなおいしいなずな弁当なのです!! アレです、外はサクサク、中身はジューシーでした。おいしかったです、ごちそうさま!!

返信(1)

お仕事小説!

前半は正にお仕事小説ですね! 現実感のあるお仕事の様子を描くのが、佐久田さんは本当に名手だと思います。 後半は一転して、甘やかな恋愛譚。 最初お互いにあだ名で呼び合っているところが、ほのぼのとした感じでとてもよかったです(*^^*) ふたりの恋愛をもっともっと眺めていたい気分になりました……。 「そして〇〇は2〇〇増えた。」、こういうさりげなくユーモラスで、しかも身につまされる細部も光っていますね!

返信(1)

小説情報

懸念材料

佐久田 和季  202004

執筆状況
完結
エピソード
2話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
【三題噺その八】, 金融, お仕事, 出会い, 恋愛
総文字数
1,991文字
公開日
2023年07月17日 16:59
最終更新日
2023年07月28日 07:20
ファンレター数
6