作品数17
総合評価数487
総合PV数259,561

作者ブックマーク

山田みぃ太郎さんのプロフィール

SF(長編・短編)を中心に、青春、野球、猫、オーディオなんかをテーマとして、かれこれ20年以上書いています。
もっとうは「面白い」「読みやすい」
それと猫絵本!
そしてYouTube! 

山田みぃ太郎さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    おもしろSFショート

    SF

    • 40

    • 80,926

    • 9

  • 一般小説

    タイムエイジマシン(とあるコンテストで最終選考作なんだけど)

    SF

    • 12

    • 56,259

    • 0

  • 一般小説

    投げる~ヤバいノーコンだった僕だって/長編投手物語

    学園・青春

    • 182

    • 28,555

    • 4

  • 一般小説

    ブチ猫のミッキー

    ファンタジー

    • 9

    • 9,701

    • 0

  • 一般小説

    里親のいろんな猫話(YouTubeでも猫たち大活躍)

    日記・個人ブログ

    • 114

    • 10,915

    • 18

  • 一般小説

    あいつのGTサンパチ~若者たちの物語

    学園・青春

    • 18

    • 6,396

    • 4

  • 一般小説

    Time Age Machine (字幕スーパー版)

    SF

    • 9

    • 44,309

    • 0

  • 一般小説

    間違いだらけのオーディオ選び~YouTubeにてぼちぼち配信中

    日記・個人ブログ

    • 9

    • 4,843

    • 0

  • 一般小説

    鏡の星のベースボール/長編投手物語

    SF

    • 10

    • 1,670

    • 0

  • 一般小説

    魔法のピッチングフォーム/長編投手物語

    学園・青春

    • 9

    • 1,651

    • 0

山田みぃ太郎さんのアトリエ作品をもっと見る

ファンレター

  • スイッチヒッター

    なるほどなるほど。左右逆転・裏返しで、差が出る・ある人や状態を考えていけば、いろいろストーリーは作れる気がします、な、たぶん。 スイッチヒッターはショートショートにぴったりの題材(バッターと投手)です。そして、読者にはオチを裏切ることで二重の面白さと意外さを与えています。 多くの(私も)読者は、途中まで「このバッターはヒットを打つが、三塁ベースに走りアウトになる」、オチで終わると予想したに違いない。 それを裏切って、先を読者に委ねる――余韻を残して終わる――エンドにした。拍子抜け(いい意味 ... 続きを見る

  • 逆走車2

    まれにみる傑作と褒めたわりには、感想が短かったので、もう少し。 まず、鏡の世界の設定に驚きました(一晩経って、「不思議の国のアリス」にあったことをおもいだしました。ので、探せば似たものはあるとは思いますが)。 で、車に乗っているシーンが大半を占めているのですが、読む人は急いてしまう文章です。みぃ太郎さんは意図しているかわかりませんが、文体とか文の短さ、改行で(はっきりこれだ、と指摘できませんが)、ゆっくり読み直していられない風でありました。 そしてそして、対向車が左ハンドルが外車のところで ... 続きを見る

  • 逆走車

    おったまげ~~ぶったまげ~~「げろげろ」 これは、近年まれにみる傑作であります。 みぃ太郎さん、筆がのっていますねー。

  • 美声ウイルス

    みぃ太郎さん、美声ウイルス拝読しました。 これは、前に投稿された「NOVEL BLEND」と似たストーリーですね。どちらかが焼き直しと見ました(笑) 比べれば私はこちら「美声ウイルス」の方が好きです。 ウィルス研究の動機と発見後の動作が面白いのと(NOVEL BLENDの方は2000字しばりがあったのでしょうが)、何より文章がポンポンと弾むようで、読みやすかったです。 曖昧な記憶ですが、なんか筒井康隆さんの文章もこんな感じでなかったかな(何作も読んでいませんが) 最後製薬会社担当が唄う ... 続きを見る

  • 千夜一夜物語(アリババと40人の盗賊) vs 古事記(天岩戸)

    ん~これは「めでたしめでたし」とならないでしょう。盗賊のおまじないなので銀行法で忌まれています。 金庫の中には天照大御神を祭っているはずです。(銀行法第八百八条二項) 八百万の神々を集めて、盛大な祭りを行いましょう。 愉快な踊りを踊っていると、中の天照大御神が隙間を開けて観るはずです。そこを一気に・・・めでたしめでたし。 しかし、すべて2000文字きっかりとは驚きです。

  • 開け~、ごま!

    めでたしめでたし。 さて、次のお話は明晩ね。なんたって、千夜一夜物語の第二日目ですもん。 しかし、みぃ太郎さん、一晩でおとぎ話を完成させるとは、ひらめきと筆が早い! 脱毛、もとへ脱帽

  • ジャックとコーヒー豆の木

    ・・・・・・めでたしめでたし」 御伽草子のようで、読み終えたとき、この言葉が出てきました。

  • 面白いです

    山田さん、本年もよろしくお願いいたします。 この展開はすごくいいですね。ああ、こういう作品は爽快で印象深く、読んだ人を幸せにしますね。 このテーマは恋愛が大半を占めるでしょうし(今までもそんな感じですが)、きっとそういうのがウケるのでしょうが 是非貴作が注目を集めることを願ってやみません。 いや、すでに反響は大きいようですが! 有り難うございました。

  • たまらない!

    たまらなく最高でした。 読んでいてわくわくして、読み終えて心から晴れ晴れと笑顔になりました。 ありがとうございます。 差し出がましく申し訳ありません。【課題文学賞その五】はタグ欄に貼り付けるとのことだと思われます。 YouTubeも拝見しました! 猫さんかわいく、音楽が心地よく、そこに小説も入れられているのですね。思わずチャンネル登録してしまいました。私もこんなこと、してみたいなぁ。。。

  • 学校にあった凄い車

    子供たちの話がどんどん、膨らんでいき、どこまで大きくなるのか、何が起こるのか、期待をし、でもオチを警戒しながら読む。 そして、この最後は力が抜けた。ハァー、そうきたか。 それが心地よい面白さで残った。