第六章 世にも困った共同戦線(二)

エピソード文字数 1,676文字

 等々力が席に着いた。スタッフが入ってきて「ファルマ氏は遅れるそうなので、先に始めていて欲しいそうです」と伝えられた。
 ガニーと部屋で二人っきりになる。もちろん、共通の話題はない。
 リー本人なら裏社会や、使用する武器の話で盛り上がれるかもしれない。

 だが、等々力は全く知識がなかった。昨日まで殺し合っていた人間が二人っきりで、しかも相手は男。なんて、嫌な食事会なんだろうと心底、思った。
 ガニーはさっきから等々力をじっと「やっぱり、お前が本当にリーなのか?」と胡散臭そうな目で見ていた。ガニーの目は、まるで刑事がスリの犯行現場を押えようとしている目だ。

 沈黙に耐えられずにいると、スタッフが飲み物のリストを持って注文を聞きに来た。
 ガニーがリストを一瞥もせず「俺はコーラでいい。瓶を口の開けないまま、持って来い」と注文した。ガニーは完全にアウエーにいる雰囲気だ。

 等々力は飲み物のリストを見た。
 メニューには上海料理屋らしく、漢字の後に日本語が記載されていた。お茶や酒の種類が豊富にあった。リーならお茶を頼む。ただ、リーが話していたのは広東語。広東語と上海語は違う。
 リーは上海語も話せるだろう。でも、リーの上海語の発音は聞いていないので、発音には自信がなかった。

 もっとも、烏龍茶ですら、正式にはなんと発音すればいいのかすらわからない。烏龍茶ですらわからないのだから、他のお茶や食前酒なんて、発音しようがなかった。
 メニューを前に困っていると、救いの主がリストにあった。
「わたし、海洋深層水にするね」と頼む。

 ガニーが険のある雰囲気で「どうした、食前酒を頼まないのか? 遠慮するなよ」と聞いてくる。遠慮するなというより、きちんと発音できるかのと聞かれている気がした。

 軍曹の言葉をさりげなく躱した。
「酒類、頼まない理由は、軍曹と同じよ」
 等々力は普通に会話を続けた。
「でも、最初からコーラは、やめたほうがいいね。前菜の繊細な料理の味が変わるよ。水が無難。日本の海洋深層水、最近は中国でも見るけど、まだ飲んでないね。軍曹、飲んだ経験あるか」

 ガニーは「いや」とだけ口にして口を閉じた。
 会話が続かない。というより、続ける気がないのが明白だった。
(嫌な雰囲気だ。これで、ファルマさんが、二時間も遅れてきたら、どうしよう)

 前菜七種の盛り合わせが運ばれてきた。等々力は気を使ってガニーの分を取り皿に取り分けようとした。ガニーが「俺は、残ったほうでいいと」とテーブルを廻して、皿に残った料理をガニーの前に持ってきた。

 等々力は呆れた態度で「毒なんか入ってないよ」と口にした。だが、ガニーは何も言わなかった。
 フカ鰭の白湯煮込みが一人分ずつ皿に入ってきて、目の前に置かれた。ガニーは露骨にテーブルを廻して、またも等々力とガニー皿を交換した。

 等々力は黙って、フカ鰭を口に運んだ。フカ鰭のぷりぷりした触感が心地よかった。蕩けるような舌触りと白湯スープの味も絶妙だった。
 正直いって、フカ鰭料理がこれほど美味いとは思わなかった。
(料理は最高だけど、雰囲気は最悪だな)
 話題はなかった。非常に気まずい。

 扉が開いて女性が入ってきた。最初、女性の正体がわからなかった。
 女性が空いている席の前に立ち「お待たせしました」と発言して正体がわかった。女性の正体は左近だ。
 左近はウィッグで髪をセミロングに変更しており、化粧もいつもの中性的な感じから、色気のある印象に変えていた。女性は化粧を変えただけど、印象ががらりと変わると言うが、正に左近は別人だった。
 ガニーが不審も露に「ミスター・ファルマは、どうした」と尋ねた。

 左近が席に着き、凍ったような表情で微笑み、説明した。
「ファルマ氏は事情により、来られません。私が代わりに接待させて頂きます」
 ガニーは左近に飲み物の注文を聞きにきたスタッフに怖い顔で命令した。
「今から大事な商売の話をする。気を散らされたくない。誰も入るな」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み