彼女の指先を覚えてる

[恋愛・ラブコメ]

58

4,374

9件のファンレター

ふたご座流星群を見ようと、ベランダに出た。
顔も名前も知らない隣の部屋の彼女と、言葉もなくお酒を一緒に飲んだ日々が、僕の心に残したもの。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

心がほんのり温かくなる話

ちょっと不思議な関係が紡ぎ出す、細やかで微笑ましい感情の数々がいいですね。 再会を信じたくなるラストが素敵です。 こちらでもお名前拝見して、嬉しくてついつい書き込んでしまいました

返信(1)

物語の余韻が素敵です

毎話楽しみに読ませていただきました。 まさか〇〇〇に終わるとは……。 でも、その方が余韻が素敵ですね。 その後、どこかで……。 そんなお話があれば読んでみたいなぁと想像が膨らみました。

返信(1)

ほんの少しだけなのに

ほんの少しだけの触れ合いだけ。ふたりの関係は単なるアパートの部屋のお隣さんで、言葉すらも交わしていません。 それなのに、息遣いやほんのすこしだけの触れ合いで、頭の中に映像が一気に広がってどこか甘酸っぱい恋の気配すら感じてしまうのです。 登場人物たちが直接言葉を交わしていないのに、こんなふうに感じさせてしまう作者の一花ちゃんには脱帽です✨ たんなるお隣さんだからこそのエンディングでしたが。でももしかしたらまたどこかで再びストーリーが始まるかもしれない。読者にそう期待もしてしまう余韻も味わ ... 続きを見る

返信(1)

唐突な別れ…

これからもっと彼女のことを知りたいと思い始めた矢先に引越し!もう一度会えることはできるのかな…( ´ •̥  ̫ •̥ ` )

返信(1)

肉まんと一緒に…

肉まんの温かさと一緒に彼女の優しい気持ちがホワッと流れ込んできたのを感じた…( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン

返信(1)

萎れた心に効きそう!!

差し出されたものはホカホカの肉まん! 冷えきって萎れた心を暖かくしてくれそう♡

返信(1)

落ち込んでいるとき

落ち込んでいるときってすべてが憎らしく感じたり、妙に感情が毛羽立ってイライラしちゃう時あるある……隣の彼女にまでそれを感じちゃうほど、辛かったんだね……

返信(1)

この距離感♡

もどかしいこの距離感がいいよね。読んでいてドキドキ(*´°`*)♡

返信(1)

隣の部屋から?

同じように流星群をみていたお隣さんの声。何か起きそう♡

返信(1)

小説情報

彼女の指先を覚えてる

和來 花果(かずき かのか)  KazukiKanoka

執筆状況
完結
エピソード
7話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
【三題噺1】, 星, 短編, 深夜, 片思い, ロングヘアー, ミステリアス, ツンデレ
総文字数
4,142文字
公開日
2022年04月23日 11:30
最終更新日
2022年05月06日 09:31
ファンレター数
9