泣き虫に幸あれ。

作者 道端の椿

[現代ドラマ・社会派]

15

772

0件のファンレター

 とあるクラスメイトの女の子は、1時間おきに泣いている。

 初めは周りの生徒や教師が心配していたが、次第に彼女のことを不気味がり、無視するようになっていた。
 それまで人に興味がなかった僕だけが彼女に惹かれていく。

登場人物

僕。小学生の頃から心を閉ざし、人に興味を示さなくなった。

1時間おきに泣くクラスメイトの女の子。逆に普通の顔を思い出せない。

僕の母。大学で心理学の教授をしながらスクールカウンセラーもしている。40代だが若々しくて美人。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

泣き虫に幸あれ。

道端の椿  kh-346

執筆状況
完結
エピソード
9話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
恋愛, 短編, 青春, 高校生, ヒューマンドラマ, 男主人公, 短編小説, シリアス, 現代, 愛
総文字数
12,453文字
公開日
2024年03月24日 06:37
最終更新日
2024年03月31日 00:18
ファンレター数
0