蝕・eclipse

作者 観月

[学園・青春]

10

16,310

0件のファンレター

山津見神の眷属である大神秀一と、山を統べるものの一族である天羽翔は、先祖返りの能力者である安倍信乃と出会い、守護者となることを約束する。
四年後。彼らの父親が立ち上げに関わる私立九十九学園の開校に向けた内覧会会場にて、信乃が学園設立反対派に連れ去られてる。
秀一、信乃、翔、それぞれに窮地に立たされる三人。
一方、学園設立反対派の妖しの中には、信乃とよく似た少年弓弦がいて、脱出のために手をかそうと持ちかけるのだが……。

2018年作品(2020改稿) 
イラスト/晶之助(http://www.pixiv.net/member.php?id=16855296)

登場人物

山津見神の拳族である大神家の跡取り息子。フランスから大神家へ嫁いできた母親は秀一を産むとすぐに大神家に仕えていた男と駆け落ちをしてしまったために、彼に母親の記憶はない。お手伝いの露を母のように慕っている。のちに先祖返りの能力者安部信乃の第一守護者となる。

本来わがままリーダータイプだが、成長するにつれ、物腰柔らかな優等生タイプへと変わっていく。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

蝕・eclipse

観月  tukinoniwa

執筆状況
連載中
エピソード
37話
種類
一般小説
ジャンル
学園・青春
タグ
現代, アクション, ホラー, 妖怪, 狼男, 恋愛, 異能バトル
総文字数
80,293文字
公開日
2020年11月03日 20:20
最終更新日
2021年08月14日 15:23
ファンレター数
0