ハロー、ノストラダムス

大学を卒業して二年目の会社員、樫垣太一は、自分に予知能力があることに気付く。でもそれは、天気と交通系のトラブルしか予知できない不完全なもの。大学時代から思いを寄せていた、サークル同期生の有田佐和子に振られたり、自分が会社で担当する資材の調達に関する問題で苦労する中、太一の予知能力は同僚の水沢かなえの知るところとなり、半ば強引に未来予知相談のサイトを共同運営する事になる。太一の予知は当たると、徐々にSNSで有名になって行く。やがて、彼の予知能力が、佐和子と彼自身の運命、彼の精神を狂わせていく。

〇 軽い感じの表題とは裏腹に、かなり重たい内容です。
〇 表題にある「ノストラダムス」はストーリーの後半、会話の話題に登場するだけです。

文:倉谷 梟帥  表紙イラスト:30w

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

ハロー、ノストラダムス

kuratani_takeru

執筆状況
完結
エピソード
8話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
未来予知, 恋愛, 裁判
総文字数
131,796文字
公開日
2022年12月29日 20:06
最終更新日
2023年02月23日 10:23
ファンレター数
0