いじめの責任は誰にある?:書評 五十嵐律人『原因において自由な物語』

作者 mika

[創作論・評論]

28

3,286

4件のファンレター

五十嵐律人『原因において自由な物語』(講談社、2021年)の書評です。『法廷遊戯』、『不可逆少年』に続く三作目。
極力ネタバレをせずに紹介しています。未読の方も安心してお読みください。

参考:
文部科学省「2019年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」(2020年10月22日発表)
文部科学省「コロナ禍における児童生徒の自殺等に関する現状について」(2021年5月7日発表)

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

書評を読んで。

mikaさん、お久しぶりです。優秀作品選出おめでとうございます(*^-^*)初めて知った作家さんの本で、しかもいじめが問題提起となっていてとても興味を持ちました。mikaさんのネタバレのない巧みなストーリー展開と我々読む物にさりげなく提示する社会問題が程よいバランスで書かれているのが素晴らしいと思いました。読んでみたくなりました(*^-^*) 『バイブル・スタディ・コーヒー』も完読してませんが(ソドムの滅亡辺りから) 何しろ壮大な物語なのでゆっくり読んでいきますね(*^-^*) これ ... 続きを見る

返信(1)

書評 五十嵐律人『原因において自由な物語』

mikaさん、さすがです! 作品タイトルが刑法理論をもじったものである点の指摘や、文部科学省のデータによる裏付けなど、書評としての完成度は(mikaさんの作品ですから)今更私が言うまでもありませんが、mikaさんの他の作品にも共通する視線――社会の中で忘れられたり、無視されたり、あるいは不当な扱いを受けている人々を掬い上げる視線を、この書評にも感じました。mikaさんの視線には、温かさと同時に、問題を抉り出す鋭さがありますね! さすがだと思いました。 『バイブル・スタディ・コーヒー』も拝 ... 続きを見る

返信(1)

作品だけでなく

mikaさん、こちらを拝読しました。 学校を中心とする子どものいじめ、そして悲劇についてはいつも心を痛め、悩んでいます。それを探っていくと、まさしく「無責任に積み重ねられた自由な意思決定」にぶつかると思います。いじめに限らず、いろいろ重なって起きてしまう諸問題も、この表現で説明できるものが多いように思いました。 弁護士作家さんですから、そこのところはより感じておられるだろうな、とも。 mikaさんの書評で作品だけでなく、作家さんのことも大変気になりました。 有り難うございました。 ... 続きを見る

返信(1)

著者は岩手県盛岡市出身!

mika さん。絶妙の紹介文です。早速、「読みたい本」に追加させていただきました。いくつかの重要なテーマが入っており、しかもミステリー仕立てのようで興味が湧きます。 著者の五十嵐律人さんの事は、恥ずかしながら知りませんでしたが、岩手県盛岡市出身ということで、私も盛岡市出身ですので誇りに思います。出身大学も東北大学とのことで、学部は違いますが、私も同大学を卒業しておりますので、五十嵐さんの小説を読むと、盛岡や仙台のことがでてこないかなあ、などど期待したくなります。五十嵐さんの他の作品にも注目 ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

いじめの責任は誰にある?:書評 五十嵐律人『原因において自由な物語』

mika  mikafone

執筆状況
完結
エピソード
1話
種類
一般小説
ジャンル
創作論・評論
タグ
【さあどん書評】
総文字数
1,997文字
公開日
2021年09月28日 02:16
最終更新日
2021年09月29日 12:27
ファンレター数
4