作品数1
総合評価数170
総合PV数16,063

作者ブックマーク

痩竹さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    櫛引の四季

    日記・個人ブログ

    • 170

    • 16,063

    • 42

痩竹さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2023年 10月27日|コメント(0)

ファンレター

  • 羨ましいです‼️

    コンサート、美術館、ブラス東京の大雪の3点セットの経験はそうそうないですね。 痩竹さんの文章表現は素晴らしくて光景が目に浮かびます。 そうなんです!田舎の子達の夢は!私もとにかく田舎から脱出したかった頃を思い出して思わず笑いました。

  • 同感です。

     毎回、いい文章を有り難うございます。  おそらく筆者と同じ、東京から庄内に移って来た者として、感ずるところ同じです。庄内の自然の中にいると動物として自然を受け入れ溶け込んでしまう。一方、東京では多種多様な人が集まり、創造のエネルギーが溢れている。東京にあって庄内にないもの、また庄内にあって東京にないもの、どちらか一方しか知らないのはもったいない話です。  機動力を生かして、時々は東京の空気を吸うことが、庄内の良さを再認識するいい機会になるのではと思いました。んだ。

  • ふきのとうの天ぷらは美味いですよね

    音楽、写真、絵と趣味はよく似ているようですね。でも、辻井伸行のピアノを見に行ったなんて羨ましい限りです。私は昨日小澤征爾の20年前のウイーンヒルニューイアーコンサートの録画を見ました。天才は必ずいるものですね。指揮をする前に、その前に各国の言語ができなくてはどうしようもないということだけで、私はもうお手上げです。日曜日に水彩の先生が大阪の中央公会堂へ合同出展をしているので見に行ってきました。おかげで今年の作品展用のいい写真も撮れました。しばらくの間に大阪本町、梅田周辺も様変わりしていていました。 ... 続きを見る

  • 写真ばかりでなく

    文章も上手いのですね。文章に情景が浮かびます。自分は全く駄目でNHK文章講座を数年受講しましたがさっぱりです。もうこれは才能の問題だとあきらめました。写真も長年やっていますがこれも中途半端に終わっているようです。才能とはやはりもって生まれたものかもしれません。

  • 鳥が大好きな父

    父は鳥が大好きですだったので生きていたらオオワシを見せに連れていきたがった。田舎育ちの主人は簡単にはオオワシは見れないんだぞ!という言葉を思い出しました!甥っ子さん田舎ライフを楽しめましたね

  • 懐かしい時代

    いろんなことを思い出しとても懐かしく思います。お互い昭和の時代を駆け抜けましたね!

  • 懐かしい時代

    いろんなことを思い出しとても懐かしく思います。お互い昭和の時代を駆け抜けましたね!

  • 飛ぶ鳥の写真、お見事!

     いつも格調の高い文章を、尊敬して読まさせてもらっています。庄内は鳥の宝庫なんですね。知りませんでした。  それにしても、飛ぶ鳥の写真はどれも見事で感動しています。自分は羽田空港で飛行機の写真に挑戦したことがあるのですが、あの大きな飛行機でさえ、超望遠レンズでピントを外さずに追いかけるのは大変でした。トリミングはされているのですか?  今度、赤い鳥の「翼をください」を一緒に歌いましょう。そんな気持ちになりました。

  • ニーチェの言葉なるほどです。

    まさに養老先生も同じようなことを繰り返し述べられています。今日の読売新聞の社説を読んでいて少しつまらなく思いました。なので、先ほどやっと見つけたメールあて先に意見を投稿しました。どんな答えが返ってくるのか還ってこないのか楽しみです。JALの乗務員の対応はすごかったですね。もっとすごかったのが乗客だと思いました。まだまだ日本は健在なようです。今年もよろしくお願い致します。

  • 見事な雪見酒のお膳に感動!

     今年は暖冬とか言いながら、庄内にはいきなりドカ雪で少し面食らっています。  今回も楽しく読まさせていただきました。  それにしても雪見酒のお膳が見事で感動しました。一瞬、盃に注がれた酒の液面が揺れて見え、思わず手を伸ばしたくなる錯覚を覚えました。どれも

痩竹さんの作品タグ