ネパール留学奮闘記 ~教室の中も外も紛争だった~

[ノンフィクション]

154

9,279

6件のファンレター

2004年から2005年にネパール留学した時の思い出を綴っています。
当時のネパールは内紛の真っ只中でした。ズボラな性格の私は、何も下調べせずにのこのこと出掛けていったのでした。
留学の目的は、サンスクリットを学ぶため。
サンスクリットは、ヒンドゥー教で神々が人間とコミュニケーションを図るためにもたらしたと信じられている言語です。聖なる言語を求めて集まった「意識の高い(=困った)」クラスメイトたち。これがまた、めったやたらと仲が悪かったのです!
私の留学生活は、いったいどうなるのでしょうか。
そんなドタバタ・コメディです。

ファンレター

懐かしいです

私は90年代から00代くらいまで、アジアで衣類や雑貨を買い付ける仕事していましたので、ネパールにも時々行ってました。
おそらく六可江さんが居られた頃より少し前くらいでししょうか。当時も日本人の留学生、結構居ましたね。なので書かれているお話の空気感みたいなものが伝わってきて、とても懐かしく思いました。当時の私の友人にはインドどっぷり系、ニューエイジ系、自称アーティスト系、いっぱい居ましたし、篠田さんみたいな人(笑)リアル知り合いなんじゃなかと思うくらいです。とてもつづきが楽しみです。

返信(1)

冨井春義さま

 メッセージをありがとうございます。冨井さまのような、趣味・嗜好の似ている方と知り合えて嬉しいです☆ 
 篠田さんは、私と出会うずっと前からインド・ネパールをウロウロしていたようですので、本当に冨井さまとどこかで擦れ違っていたかもしれませんね。
 私も「インドにどっぷり系」の友達がほしいので、冨井さまが羨ましいです!