月をうむ

作者 銀波蒼

[ファンタジー]

2

2,684

0件のファンレター

 朝も昼もない夜の世界、まっくら森には小人や精霊や妖精、動物たちが住んでいます。
 ある満月の夜、まっくら森に一人の女の子が現れます。彼女の名前はヒカリ。彼女は幻の月光花を求めてやってきた「月の子」です。
 やがてヒカリはモジャリと出会います。大切な月の光を飲んでしまうモジャリは森の嫌われ者でした。それでも心を通わせる二人。
 そんなある日、月が消えてしまって……。
 
 ミニシアター紙芝居「つきをうむ」はこちら
https://youtu.be/0j-2SBu9JZU
 

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

月をうむ

銀波蒼  8-rinko-8

執筆状況
完結
エピソード
17話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
つきをうむ, 満月, 月光花, 童話, スピリチュアル, ファンタジー, SF, 月をうむ, 月に願いを, 新月
総文字数
29,175文字
公開日
2021年10月28日 21:32
最終更新日
2021年10月28日 23:51
ファンレター数
0