孤独な十字路のブルーズ

作者 村山亮

[その他]

5

2,085

0件のファンレター

「頭に浮かぶのはいつもイエス・キリストの姿だ」。二十八歳になった僕は最近奇妙なイメージを見る。それは誰もいない街を歩き続けるイエス・キリストの姿だった。
 僕は今ではあるIT企業に勤めているのだが、かつてはひどく鬱々〈うつうつ〉とした日々を送っていた。自分が何のために生きているのかさえ分からなかったのだ。そんなあるとき大学の同級生であるTに出会う。彼は金持ちの息子で、突飛なことをして日々をエネルギッシュに生きていた。頭をツルツルに剃り上げたり、フォルクスワーゲンビートルで日本中を旅したり・・・。要するに僕とは正反対の男だったのだ。
 そんな彼がある日僕に奇妙な告白をする。それは「自分は悪魔と契約した」というものだった。ある夜交差点に寝転んでいるときに、悪魔と出会った、というのだ。それはにわかには信じがたい話だったが・・・。
 僕の停滞した日々は彼の力によって、少しずつ動かされていく。やがて「トシトシ」と名乗るオカマバーの店主とも仲良くなり・・・(長篇小説)。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

孤独な十字路のブルーズ

村山亮  papastathopoulos

執筆状況
完結
エピソード
7話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
物語, 精神, ユーモア, 哲学, 語り, 青春, 神, 悪魔, ロバート・ジョンソン, 大学
総文字数
79,478文字
公開日
2020年08月13日 21:57
最終更新日
2020年08月14日 18:51
ファンレター数
0