同じ名前の女たち

作者 紫 梨絵

[ノンフィクション]

34

3,354

3件のファンレター

ありふれた名前が好きになれなかった。
幼少期から同じ名前の友だちが常にいる中で育ってきた気持ちと、大人になり筆名に選ぶまで。
他、名前、呼び名にまつわるお話。
noteからの転載です。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

呼び方

紫さん、こんにちは。 続きを大人しく待っておりました。今回もあるあるながら含蓄のあるエッセイで楽しく読めました。 きょうだいで○○の妹、弟と呼ばれるの、結構いやなんでしょうね。 僕は兄なのであまり経験はないものの、ゼロではなく、また今は△くんのお父さん、と呼ばれる。 近頃は姓ではなく、子ども同士が名で呼び合っているので△に入るのは村山ではないことが多いですが。 特に女性の方が、◇ママみたいに呼ばれることが多いのかなあ、と推察します。 自分、仕事ではなるべく保護者を「おかあさん ... 続きを見る

返信(1)

続きが!

紫 梨絵さん、こんばんは。このお話、続きを作られたのですね。 なるほど、好きな色は本能。そうかもしれませんね。当たり前なのかもしれませんが、自分を見ても、親とも子どもとも好きな色は違いますね。もしかしたら妻が一番近いかも? 塗り絵一色は懐かしくなりました。 ここに書くのもなんですが、エッセイ賞もおめでとうございます。最近また感染者数が増えていて、大変だと思いますが、お大事にお過ごしください。

返信(1)

同じです。

ファンレター失礼いたします。ケンイチも僕ら世代は沢山いて、その他にもケンが付く子は、ケンちゃんですから、結構困りました。 リエさんも多いですよね。最近のキラキラネームでも、そうなのかな。有り難うございました。

返信(1)

小説情報

同じ名前の女たち

紫 梨絵  riepurple

執筆状況
完結
エピソード
3話
種類
一般小説
ジャンル
ノンフィクション
タグ
短編
総文字数
5,438文字
公開日
2021年05月19日 20:42
最終更新日
2021年09月25日 07:00
ファンレター数
3