作品数12
総合評価数1,183
総合PV数160,934

作者ブックマーク

紫 梨絵さんのプロフィール

2021/3月末 DAYtoDAYに参加したくて登録しました
(↑光栄なことに拙著『2020年11月11日《担当、救急外来》』を最優秀賞に選んでいただき「TREE」へ掲載していただきました。感謝ですm(_ _)m)

▼2021上半期エッセイノンフィクションコンテストにて『グリーフケア』を佳作に選出していただきました
ありがとうございます

▼本業看護師:某ウイルスに翻弄されまくっている重点医療機関で勤務しつつ、作詞家としても活動しています
ここにはエッセイや詩、時々お話を載せていきます

⇛2022年以降は作詞活動に重きをおくため、更新はスローペースとなりますm(_ _)m
→作詞MF誌にて2022春メロ先コンテスト準グランプリ、12月号/2023/8月号詞先コンテスト金賞受賞他
 配信リリース、CDアルバム収録、JOYSOUND収録など

紫 梨絵さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    薫風

    その他

    • 435

    • 77,516

    • 0

  • 一般小説

    こころにつもる絆のカケラ

    健康・医療

    • 77

    • 8,426

    • 0

  • 一般小説

    2020年11月11日《担当、救急外来》

    健康・医療

    • 61

    • 8,266

    • 1

  • 一般小説

    グリーフケア

    健康・医療

    • 38

    • 4,451

    • 0

  • 一般小説

    ある看護師の2020(いちねん)

    ノンフィクション

    • 143

    • 18,879

    • 3

  • 一般小説

    犠牲フライと昼間っからビール

    現代ドラマ・社会派

    • 36

    • 3,464

    • 1

  • 一般小説

    ミルクティー偏愛記

    その他

    • 92

    • 10,395

    • 1

  • 一般小説

    ~郷愁~

    ノンフィクション

    • 102

    • 12,573

    • 0

  • チャット

    Closet for my lyrics

    その他

    • 18

    • 1,714

    • 0

  • 一般小説

    あの日、旅先にて

    その他

    • 105

    • 8,045

    • 2

紫 梨絵さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 雪像製作

    紫さん、こんばんは。 こちらのお話、地元の方ならではのもので、興味深く拝読しました。 そして載せられていた写真が、すべてを物語っていますね。 有名なイベントですが、一度も行ったことはありません。 が、報道などで目にしたら、今回からはまた違う気持ちになると思います! 有り難うございました。

  • 北のリアル

    紫さん、こんばんは。ご無沙汰しております。 全国的な寒波ですが、やはりそちらは……。 ニュースの煽るような文や口調と違って、紫さんの表現で拝読すると落ち着いて情報が入ってくる気がします。 僕の居住地はこの流れに反して積雪が全くなく、拍子抜けの幸せを味わってしまいました。 有り難うございました。

  • 惹きこまれて読みました

    自分の感情にとことん寄り添って、自分で自分のバランスをなんとか保ちながら季節と一緒に巡っていく文章にとても惹きこまれました。もちろんコロナ禍に真正面から相対する立場からえがかれた文章という稀有さはあると思うんですが、それよりなにより、災禍の中でも人間は日常と一緒に生きていかなければならないし、綺麗事だけを純粋に考えていけるわけでもない、「暗い」と何度か言及されていましたが、むしろ読んでいてとても穏やかな気持ちになりました。

  • 催花雨

    紫さん、日々のアップ、楽しみにしております。 「催花雨」を拝読し、ありがちな光景が美しく描かれているなあ、と素直に染み入ってきました。 俳句ではないのに、俳句のような。季語を散文に使う技的なところもいいなあ、と。 有り難うございました!

  • 旅エッセイ

    紫さん、こんにちは。 NOVELDAYSでは新作になりますね。 旅エッセイは書きたい衝動が強くなる分、難しいものと認識していますが、さすがのクオリティーですね。 そして第3話。「わく」!? 初めて見聞きしました。読み方と意味を確かめてみると、お話もよりグッと来ますね。 続きも楽しみです。有り難うございました。

  • 実はマイナー?

    紫さん、こんばんは。 ミルクティー話、面白く読ませていただいています。 自販機ではメジャー組だと思っていましたが、意外にそうでもない、というところにグッときました。 銘柄にこだわらないのに難民化するとは!  職場で仲間を見つけるところなどは、マニアックな趣味を持つ者と同じ境遇なのだなあ、としみじみ。 引き続き、読ませていただきます。有り難うございました。

  • 呼び方

    紫さん、こんにちは。 続きを大人しく待っておりました。今回もあるあるながら含蓄のあるエッセイで楽しく読めました。 きょうだいで○○の妹、弟と呼ばれるの、結構いやなんでしょうね。 僕は兄なのであまり経験はないものの、ゼロではなく、また今は△くんのお父さん、と呼ばれる。 近頃は姓ではなく、子ども同士が名で呼び合っているので△に入るのは村山ではないことが多いですが。 特に女性の方が、◇ママみたいに呼ばれることが多いのかなあ、と推察します。 自分、仕事ではなるべく保護者を「おかあさん ... 続きを見る

  • 飲みたくなりました。

    こんにちは。拝読しました。 今日も暑いです。ビールが飲みたくなる、いいお話ですね。球児には悪いですが、おうちで飲みながら決勝戦を観戦しましょう。 有り難うございました!

  • 続きが!

    紫 梨絵さん、こんばんは。このお話、続きを作られたのですね。 なるほど、好きな色は本能。そうかもしれませんね。当たり前なのかもしれませんが、自分を見ても、親とも子どもとも好きな色は違いますね。もしかしたら妻が一番近いかも? 塗り絵一色は懐かしくなりました。 ここに書くのもなんですが、エッセイ賞もおめでとうございます。最近また感染者数が増えていて、大変だと思いますが、お大事にお過ごしください。

  • 感謝です

    こんにちは。こちらも拝読しました。まだまだ続いている状況ですが、この1年を振り返ることができました。いろいろある毎日を、月一話にしてまとめられて、読みやすかったです。私は、近い立場にいますが、最前線ではありません。お仕事、有り難うございます。そんな中で、水無月にはフルで共感しました。引き続きよろしくお願いいたします。