作品数29
総合評価数290
総合PV数101,654

作者ブックマーク

朽木桜斎さんのプロフィール

<あいさつ>

謹啓

はじめまして、朽木桜斎(くちき おうさい)と申します。
「小説家になろう」「カクヨム」「ノベルアップ+」「アルファポリス」「ライトーン」「DAYS NEO」「ILLUST DAYS」などでも活動しております。
また「YouTube」「TikTok」にて動画配信、「Himalaya」にて音声配信もおこなっております。
よろしくお願いいたします。

ホームページ
https://ohsai-kuchiki.com

謹言

<公募賞への応募歴>

メフィスト賞(落選)

第6回 赤羽萬次郎賞(落選)

<商業出版歴>

短編集 桜語(Amazon KDP 電子書籍)

詩集 ある世界主義者の憂鬱(ムゲンブックス 2020年10月1日 POD版発売)

詩集 ある世界主義者の憂鬱(Amazon KDP 2020年9月20日 電子書籍版発売)

夜の歌(アメージング出版 2019年12月20日 POD版発売)

2020年(令和2年)11月11日(水)
朽木桜斎 記

朽木桜斎さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    アニメ「モンタナ・ジョーンズ」に登場した「メカローバー」を紹介するエッセイ

    日記・個人ブログ

    • 6

    • 1,691

    • 2

  • 一般小説

    ユニコーンの角

    学園・青春

    • 5

    • 363

    • 0

  • 一般小説

    【プロット】桜の朽木に虫の這うこと【シリーズ】

    ファンタジー

    • 5

    • 27

    • 0

  • 一般小説

    名奉行・王岡一善

    現代ドラマ・社会派

    • 5

    • 40

    • 0

  • 一般小説

    【短編集】O氏の遊園地

    その他

    • 6

    • 461

    • 2

  • 一般小説

    心が折れそうになったときのプレイリスト

    日記・個人ブログ

    • 53

    • 13,944

    • 31

  • 一般小説

    異世界転生でわかる物理学

    科学

    • 5

    • 157

    • 0

  • 一般小説

    地獄のゆりかご

    ファンタジー

    • 14

    • 236

    • 2

  • 一般小説

    ザ・デイズ・オブ・あば

    現代ドラマ・社会派

    • 5

    • 111

    • 0

  • 一般小説

    サブスクリプション彼女

    ホラー

    • 5

    • 116

    • 0

朽木桜斎さんのアトリエ作品をもっと見る

ファンレター

  • 崇期さん、おはようございます。

    応援コメントをありがとうございます! 自分も本家「殺し屋ですのよ」は、オチくらいしか覚えていないのですが……(汗) 「週刊ストーリーランド」でアニメ化されていたのが好きだったので。 「世にも奇妙な物語」では観月ありささんが演じていらっしゃいました。 そちらでは「ですばい」となるのですね。 方言は味があっていいですよね(^^) 崇期さんバージョンが読みたいです(^^; 確かにこれでよく殺し屋になれましたよね。 信じる下衆野もどうかと思いますが……(笑)

  • 殺し屋ですばい。

    殺し屋だすども、最高でした。 ここまで情けない有様でよく殺し屋に……。という事で、オチに意外性あり、でしたね。 本家の 殺し屋ですのよ の内容が思い出せない私ですが。

  • SARTRE6107様

    いつも応援をありがとうございます! 逆に自分のほうが全然SARTREさんのご作品に追いつけていなくて申し訳ない気持ちですm(_ _)m 「モンタナ」が始まったときは、「モリアーティがゼロ卿とニトロ博士に分離した!」と興奮していました。 「重装飛行船 ロード・ゼロ」は、モリアーティの「プテラノドン」を想起させますよね。 スタッフ、狙ってますね(笑) 早くそこまでたどりつきたいです (^^; 「時間と予算を」のくだりは普遍的ですよね。 自分もよくしてくださるフォロワーさんの作 ... 続きを見る

  • モンタナ・ジョーンズは。

    モンタナ・ジョーンズのニトロ博士のメカは夢がありますよね。『名探偵ホームズ』のモリアーティ教授のメカと並ぶ良さがあります。 「しばしの時間と予算を~」の名台詞はモノづくりに関わる全ての人間を代弁しているような気がします。

  • 崇期さん、ありがとうございます

    宮沢賢治や太宰治なんかをけっこう意識して描いたので、お気づきさすがです。 捨てる神に冷たくされていたところなので、拾う神のご降臨にむせび泣いております(^^; ところでこの小説、書くのかなり神経を削られます(汗)

  • いいですね!

    いいですね、文章、セリフ、キレキレです。 専門用語的な単語がアナログ脳の私には難しいですが、なんだか宮沢賢治の専門用語だらけの不思議な物語を読んでいるようで心地良いです。

  • 朽木さん、こんにちは。

    崇期です。私もNOVEでデビューしました。こちらの方が続きが読めそうでしつこくお邪魔してます。 この作品は、登場人物の造形などとても勉強になりました。それぞれ、敵役にも悲しみ葛藤があり、物語に深みを与えていますね。特に私的にはマサキが結構常識人だったのがうれしかったです。今後もご執筆、励まれてください。

  • SARTRE6107様、いつもありがとうございます!

    ヴァイオリン名曲集なってタイトルのコンピレーションアルバムに入っていることもあるので、お手すきにぜひ。 リストも紹介したいなあとネタを探していたところでした(^^;

  • タルティーニは。

    面白そうな曲ですね!今度聴いてみます。

  • SARTRE6107様

    おばんでございます。 よくも悪くも転換点ですよね。 いまになると、果たしてよかったのやら悪かったのやらという印象です。 年寄りくさい言い方かもしれませんが、エヴァ以降、アニメはいろいろと難しくなったイメージがあります。 おっしゃるとおり複雑というか。 こういうことはどのジャンルでもあるのかもしれませんね。