ドラゴン・タトゥーの少年 桜の朽木に虫の這うこと(三)

作者 朽木桜斎

[ファンタジー]

6

551

0件のファンレター

【桜の朽木に虫の這うこと シリーズ第三作】

季節は移り変わり春となった。

万城目日和(まきめ ひより)を仲間に加えたウツロは、秘密結社・龍影会(りゅうえいかい)の接近に悶々としながらも、充実した日常を送っている。

そんな中、隠れ里参りに訪れた彼の前に、黒帝大学(こくていだいがく)の学生を名乗る少年・姫神壱騎(ひめがみ いっき)が姿を現す。

父の仇である殺し屋・森花炉之介(もり かろのすけ)の行方を探しており、かつて徒党を組んでいた似嵐鏡月(にがらし きょうげつ)の息子であるウツロに近づいたのだ。

姫神壱騎からの申し出もあり、ウツロは森の居所を一緒に調べることになる。

その背後でくだんの組織や、最古のアルトラ使いである魔女・ディオティマも動き出す。

<作者から>

※本編の前に第一作と第二作「アオハル・イン・チェインズ」のあらすじ、および登場人物紹介を掲載しています。

※ほかのサイトにも投稿しています。

※本作はフィクションであり、実在の人物・団体等とは一切関係がありません。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

ドラゴン・タトゥーの少年 桜の朽木に虫の這うこと(三)

朽木桜斎  ohsaikuchiki2019

執筆状況
連載中
エピソード
12話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
ファンタジー, ドラマ, ライトノベル, ラノベ, 文芸, 哲学, 友情, 恋愛, 異能, 群像劇
総文字数
25,165文字
公開日
2022年05月19日 15:31
最終更新日
2022年08月07日 21:00
ファンレター数
0